速報
» 2009年08月06日 08時49分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」朝刊:予想を下回る経済指標の発表や過熱感から軟調 (1/2)

[清水洋介,リテラ・クレア証券]

<NYダウ>9280.97▼39.22

<NASDAQ>1993.05▼18.26

<為替:NY終値>94.94-95

予想を下回る経済指標の発表や過熱感から軟調

 利益確定売りが優勢となるなかでISM(米サプライマネジメント協会)非製造業景況感指数が予想に反し前月に比べて低下したことや民間調査の雇用レポートで雇用の減少幅が予想より大きかったことから軟調となりました。ここのところの上昇で過熱感も強まっていたこともあり、一時大幅下落となる場面もあったのですが、金融機関のGDP(国内総生産)見通し引き上げなども伝わり、金融株や素材株、住宅株などが買われ、原油価格も堅調となったことや為替も比較的落ち着いていたことなどから底堅さも見られ、下げ幅を縮小して引けました。

 さすがに芳しくない経済指標が見られると売り急ぐ場面もあるようですが、景気回復の兆しが見られることで楽観的な見方も増えており、恐慌的な売りとはならないようです。信用不安が薄れていることで資金の回転が効いており、我先にと市場から逃げるような雰囲気にはならないものと思います。企業業績の回復もここそこに見られることから利益を確保しながらも次の物色対象を探すような動きとなっており、指数としては底堅さが見られるものと思います。

 個別には朝方発表された決算で売上高が予想を下回ったプロクターアンドギャンブルが軟調、同様に前日引け後の決算発表で売上高が予想を下回ったクラフトフーズも安く、ディフェンシブ銘柄に利益確定売りを急ぐ動きが見られました。前日強気な見通しで大幅高となったキャタピラーも利益確定売りがかさんで軟調となりました。一方、出遅れ感もあって金融株が高く、バンクオブアメリカ、アメリカンエキスプレスが堅調、AIG(アメリカンインターナショナルグループ)は大幅高となりました。朝が発表された決算で一株利益が予想を上回ったポロ・ラルフローレンも堅調、投資判断の引き上げのあった高級スーパーのホール・フーズ・マーケットが大幅高となりました。

本日の相場

日経平均

 昨日の日本市場は米国株高に追随することなく目先的な過熱感も強く、利益確定売りや持高調整の売りに押されて大幅下落となりました。堅調な始まりとなったものの利益確定売りに押されて軟調となり、底堅い展開となっていたのですが、最後は持高調整の売りに押された格好となりました。米国経済指標などを見極めたいというところで過熱感や決算発表での材料出尽くし感もあったことから大きな下落となったものと思います。

 米国市場は軟調となりましたが、昨日の下落で既にある程度織り込んでいたことや為替が比較的落ち着いていることなどもあり、底堅い展開が期待されます。指数は過熱感もあるのですが、個別に見ていくと循環物色の中でしっかりと押し目を作るものなども散見され、出遅れ感が強い銘柄を中心に底堅さは見られるものと思います。米国市場で主要な経済指標の発表を控えていることや売買高などが増えず盛り上がりに欠けるなかで過熱感が出ていることなどから上値も重いのでしょうが、ハイテク銘柄や自動車株など輸出関連銘柄、金融株のリバウンドが期待され、出遅れ感が強いディフェンシブ銘柄の一角も底堅さが見られれば買い直されるのではないかと思います。

 ようやくTOPIXは上げ一服となりました。過熱感の調整ということなのでしょうが、その割りには下げがきつかったような感じです。日経平均ベースで考えると先週末に上に放れたと考えられるので、先週末の安値水準である10200円台半ば(=昨日の終値水準)で下げ止まるか、その日に空けた「窓」を埋める、10170円水準まで下落となるのかがまずは注目されます。うまく行けば昨日の終値水準で下げ止まるかと思われましたが、NY市場が終わった後も為替が円高に振れていることなどを考えると10100円台後半で下げ止まるのかどうかを見極める展開となりそうです。昨日のように持高調整と見られるまとまった売りがあれば、10000円を意識する水準まで下落となりそうです。

本日の注目点

◇6月の景気動向指数(内閣府)

◇7月の車名別新車販売ランキング(自販連)

◇欧州中央銀行定例理事会

◇英イングランド銀行が金融政策を決定

◇決算・4−6月期:長谷工コーポレーション(1808)、NIPPO(1881)、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(4756)、TDK(6762)、パイオニア(6770)、オリンパス(7733)、住友不動産(8830)、コナミ(9766)、ヤマダ電機(9831)、ダイキン工業(6367)、クボタ(6326)

◇決算・1−6月期:キリンHD(2503)、東海カーボン(5301)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集