ニュース
» 2009年07月27日 19時30分 UPDATE

男子スイーツ部:1000円で甘いモノ何軒食べ歩けるか?――中野編 (1/4)

「人は1000円札1枚持って街を歩いたら、何軒のお店で甘いモノを買い食いできるのか?」――今回はそんなテーマでお送りします。場所は筆者の地元、中野。ケーキからドーナツから、いろいろ食べてきますよ!

[ter,男子スイーツ部]
男子スイーツ部

男子スイーツ部とは?

 男子スイーツ部とは、その名の通り「甘い物が大好きな男性のための部活動」。「男だけどスイーツが大好きなんです」「男性向けスイーツの特集をやって」……スイーツを愛するそんな男子のアツい想いに応えるべく、小学館のトレンド情報雑誌『DIME』と一緒に、2009年1月に発足した@niftyスイーツ部の男性向け部活動企画です。

 『DIME』誌面に掲載される企画記事のほかにも、男子スイーツ部員たちは日々、スイーツを追求中。誠 Styleでは、男子スイーツ部員によるたくさんのスイーツレポートの中から、ごく一部を厳選して掲載していきます。もっと読みたい! という方は、本家・男子スイーツ部をチェックしてみてください。

 →@nifty「男子スイーツ部」

 なお男子スイーツ部では、スイーツを愛する部員を随時募集中。本記事の下にあるバナーから応募できますので、甘いモノ好き男子はぜひご応募ください!


 男子スイーツ部、大食い+イロモノ担当のterです。今回より「1000円札1枚持って街を巡って、何が食べられるか」といったコンセプトの新シリーズを開始いたします。

 お店を巡るにあたり、ルールは以下のとおりとしました。

  • 予算は「1000円」。
  • ある駅で降りてから、歩ける範囲内で複数のお店を回る。
  • 残金100円を切るまでは「何か買う」。
  • 基本的に「甘いもの」に限定する。
  • ジャンクなものばかりにはしない。
  • 限定品など特殊な商品がある場合を除き、コンビニ、スーパーは禁止。

 金額で縛るのは生々しいか、とも思いましたが、キーワードは「1000円」です。これだけ覚えておいていただければと思います。最初は「それならいっそワンコインで」というのも考えてみましたが、普通のお店で普通の生菓子を買うと1個で終わってしまうんですよね。

 そういうわけで、新シリーズ「1000円でいろいろ回る」まず第1回は「中野めぐり」で始めてみましょう。なぜ中野なのか? 単にうちの近所だからというだけなんですけどね。

どういうルートで巡るか?

 最初ですから今後のボリューム感も考えつつ、ルートを決めます。

 今回のルートは、まず西武新宿線「新井薬師前」から中野ブロードウェイに抜けJR「中野駅」まで。このルートで、どこまで1000円で行けるか、試してみることにしましょう。中野は比較的お手ごろ価格のお菓子が多いですから、結構な軒数を巡れるかも、と期待しています。

※以下の内容は、すべて2009年4月時点での価格です。

 まず最初にやってきたのが、新井薬師すぐそばの、中野通り沿いにあるお店「季の葩(ときのは)」です。私の家から近く、なかなかおいしいお店なので、よく通っています。

 いつも買っているアレは……ありました!! 「1000円旅」、まず買い求めたのは、「季の葩カスター」です。

ay_nakano01.jpg 季の葩カスター(110円)。見よ! このクリームのはみ出し方

 実はこれ、以前から「何かの機会に紹介したいなあ」と思っていたお菓子です。いわゆるブッセなのですが、間に入っているクリームは生クリームとカスタードを合わせたもので、またその量が見てのとおり「端からはみ出るほど」で半端なく、とても美味。サイズは写真だと分かりませんが、シュークリーム程度と思っていただければと思います。なかなかの大きさでしょ。

 値段も安いので、いつもはほかのケーキとは別につい2個ほど買ってしまうのですが、今回は予算を考えて、1個のみ。とはいえ、値段から考えるとものすごい満足度です。

 新井薬師の公園で写真を撮りつつ、季の葩カスターを食べた後は、公園のすぐ隣に1月オープンした「はらドーナッツ 中野店」を訪れました。最近あちこちで見かけるようになりましたが、食べるのは初めてです。

ay_nakano02.jpg 初体験のはらドーナッツ。はらドーナッツ(120円)と、さとうきびドーナッツ(130円)

 買い求める人が並んで行列ができています。どんどん売れていきますが、そのすぐ横で揚げているので、どんどん補充もされていきます。お菓子が作られているさまを見るのはやはり楽しいですね。

 で、今回は予算がないにもかかわらず、試してみたかったのと、目の前で揚がっていくビジュアルに負け、つい2個買ってしまいました。いかんいかんと思いましたが、まあ買ってしまったものは仕方ないので、おいしくいただくことにしましょう。

 豆乳とおからベースで、甘さも控えめなので、揚げものであるにもかかわらず、かなりあっさりした口当たりですね。「甘いものを、ちょっと」食べたいときには良いかもしれません。

ここまでの使用金額:360円

残り:640円


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) NIFTY 2014 All Rights Reserved.
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -