コラム
» 2009年06月05日 07時00分 UPDATE

売れるべくして売れた? めざめるカラダ朝カレーの巧みな戦略 (2/2)

[竹林篤実,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!
前のページへ 1|2       

ポジショニングにもオリジナリティ

 その上、ハウスは朝カレーに独自のポジショニングを与えた。これは時間節約を考えたからか(=母親メリット)、あるいは実際のユーザーとなる子どもにとっての食べやすさを重視したからかは、今のところ分からない。ともかく従来のレトルトカレーと比べれば、この朝カレーのポジションは明確に違う。

 どちらに重点を置いて開発されたのかはおくとする。ただ、いずれにしても「朝ゴハン専用として考え抜いた開発された」イメージは、十分につく。すなわち、お母さんたちにとって、このカレーを選択すべき理由付けとなる。

プロモーションも抜かりなく

 とまあ緻密に組み立てられたであろう戦略があるのだから、プロモーションだって手抜きなしである。「たくましさ」をアピールするために、楽天イーグルスの田中将大投手をイメージキャラクターに起用し、「母親が傾聴する午前中に集中的に(テレビCMを)投入した」(日経MJ新聞2009年5月20日、3面)

 まさか、今年のマー君の大活躍を読んでいたはずもないだろうが、開幕から不動のエースとして連勝街道を突っ走る彼の好調ぶりは、格好のバックアップとなったのではないか。

 丹念にマクロ分析をした上で流れを読み、セオリーに従ってSTP(効果的に市場を開拓するためのマーケティング手法)を組み立てる。しかも狙いは、あくまでも絶対需要である。そこで見えてきたのが、母親への強力なメリット。ここに気がついたとき、企画チームは小躍りして喜んだんじゃないだろうか。

 しかも、そうした努力を後押しするかのようなマー君の奇跡的な活躍。売れるべくして売れたカレー、それが「めざめるカラダ朝カレー」なのだ。(竹林篤実)

 →竹林篤実氏のバックナンバー

前のページへ 1|2       

Copyright (c) INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -