コラム
» 2009年04月02日 07時00分 UPDATE

山崎元の時事日想:結婚への道は険し? 有効恋愛求人倍率は“超氷河期” (1/3)

「草食系」「肉食系」という言葉を聞いたことがある人も多いだろう。恋愛に受け身な「草食系」、積極的な「肉食系」。ある保険会社の調査によると、求めるタイプのミスマッチによって、恋愛への道が険しいことが明らかに。

[山崎元,Business Media 誠]

著者プロフィール:山崎元

経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員、1958年生まれ。東京大学経済学部卒業後、三菱商事入社。以後、12回の転職(野村投信、住友生命、住友信託、シュローダー投信、バーラ、メリルリンチ証券、パリバ証券、山一證券、DKA、UFJ総研)を経験。2005年から楽天証券経済研究所客員研究員。ファンドマネジャー、コンサルタントなどの経験を踏まえた資産運用分野が専門。雑誌やWebサイトで多数連載を執筆し、テレビのコメンテーターとしても活躍。主な著書に『会社は2年で辞めていい』(幻冬舎)、『「投資バカ」につける薬』(講談社)、『超簡単 お金の運用術』(朝日新書)など多数。ブログ:「王様の耳はロバの耳!


 ネット専業の生命保険会社であるライフネット生命保険が「婚活に関する調査」という興味深い意識調査を発表した。最近、恋愛に関して「草食系」「肉食系」という言葉が使われるようになったが、今回の調査の面白いところは、20代、30代の未婚男女(調査対象は1000人。モバイルリサーチを実施)に、自分が草食系か肉食系かという自己認識を問い、草食系と肉食系に分けて婚活まわりの質問をしている点にある。

 近年は40代の独身者も多いので、40代のデータも興味のあるところだが、何はともあれ、調査結果を見てみよう。

男女とも4人に3人は草食系

 いわずもがなだが、念のために言葉の定義を確認しておくと、「草食系」とは恋愛に受け身になりがちで、言いたいことを内に秘める傾向を指す。一方の「肉食系」とは恋愛に関して自分からアプローチする積極性を持ち、言いたいことが言えるタイプを指す。調査対象者の自己認識は「草食系+どちらかというと草食系」が男性で75.6%、女性で74.2%いて、逆に「肉食系+どちらかというと肉食系」は男性で24.4%、女性で25.8%いる。大まかには男女とも4人に3人は草食系なのだが、わずかだが女性の方が積極的だ。

yd_niku.jpg あなたは草食系? それとも肉食系? (出典:ライフネット生命保険)

 草食系・肉食系の差が大きく出るのは「現在の恋愛状況について」という項目で、現在恋人がいる比率は、男性肉食系が45.9%、男性草食系は24.1%と大差が付く。女性の場合も差は大きく、女性草食系は32.9%が現在恋人を持っていて、女性肉食系となると62.0%になる。肉食系のハイパフォーマンスが目立つが、男性草食系は将来が心配なくらい相手に恵まれていない。

 「4人に3人は自分自身が草食系」という基本データだが、相手に求めるのはどちらかというと、これは男女で差が出る。女性は草食系・肉食系を合計すると66%が相手には肉食系を求めている。逆に男性(草食系・肉食系の合計)は相手に草食系を求める傾向があり、56.8%が相手は草食系の控え目な女性がいいと答えている。

 調査では草食系の男性は378人いる。彼らの60.6%、すなわち229人が、草食系の女性がいいと答えているが、草食系の女性(371人)で草食系の男性を求める人数は122人しかいない。

yd_niku1.jpg 結婚対象について(出典:ライフネット生命保険)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -