コラム
» 2015年03月20日 09時40分 UPDATE

日本人だけが「のり」を消化できるってホント?

腸内細菌は食べ物を消化しビタミンを作るだけでなく、免疫力もアップする働きがあると言われています。中でも、のりなどの海藻類を消化する酵素をもつ腸内細菌が日本人にのみ発見されたと、遺伝子の研究から明らかになりました。

[MYCODE]
MYCODE

のりを分解する酵素を発見

 フランスの研究グループは2010年、のり(海苔)の成分であるポルフィランを分解する新しい酵素を海に住む細菌から発見しました。この酵素は寒天を分解する酵素と似ていましたが、寒天は分解できず、のりのポルフィランだけを分解するためだけに発達した特別な酵素であることが分かりました。

 彼らがその酵素を作り出す遺伝子をもつ生物が他にもいないか探してみたところ、海に住む細菌だけでなく、人のお腹から採取した腸内細菌の遺伝情報の中に、その遺伝子が存在していることが分かったのです。

 しかも、その特別な腸内細菌は日本人にのみ見つかったとのこと。彼らは比較のために北米人の腸内細菌を調べてみましたが、発見できなかったそうです。

腸内細菌の働き

 人間は栄養分を吸収するために、食べた物を酵素により分解・消化する必要があります。「腸内細菌」とは、私たち人間の腸の中に住んでいる細菌のことです。「細菌なんて汚い!」と言っているあなた、腸内細菌は私たちが健康に生きていくためにとても大切なものです。

 腸内細菌は人間が上手に消化できない食べ物を消化し、作ることができないビタミンを作るだけでなく、病原菌と戦うための免疫を発達させ、病気に強い体に貢献していると言われています。

 そんな腸内細菌が私たち日本人にのりを消化する力を与えてくれたことが、遺伝子の研究から明らかになったということです。

生ののりを食べた結果

ks_onigiri01.jpg (写真はイメージです)

 では、なぜ日本人の腸内に住む細菌だけが海の生物の遺伝子を持つことができたのでしょうか? 研究グループは、「生ののりを食べることによって付着した菌が体に入り、腸の中で遺伝子の受け渡しがあったのではないか」と考えています。

 海に囲まれた土地で暮らし、昔から海藻を食べてきた日本人だからこそ得られた機能なのかもしれません。日本人にとって、のりなどの海藻をうまく消化して栄養分にすることができる腸内細菌をお腹にもっていることは、生きていくために有利だったと考えられます。

 低カロリーで美容にも良いとされる海藻。これからも私たちの食生活に積極的に取り入れたいものです。

Copyright© 2016 DeNA Life Science, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ