ニュース
» 2014年12月12日 11時55分 UPDATE

さらにゆったり快適に〜「JAL SKY SUITE 787」就航開始

ボーイングの最新鋭機787は、広いキャビンや快適な機内環境で知られる。JALが787-8、787-9に導入する「SKY SUITE 787」が12月から就航を開始した。

[Business Media 誠]

 JAL(日本航空)は、ボーイング787の国際線新仕様機材「SKY SUITE 787」を12月から就航させた。12月からは成田=フランクフルト線(JL407/JL408便)、2015年1月からは成田=ニューヨーク線(JL404/JL403便)に導入する。

ay_jal01.jpg JAL SKY SUITE 787

 JALは「ひとクラス上の最高品質」をテーマに、ボーイング777で「SKY SUITE 777」(参考記事)を、ボーイング767で「SKY SUITE 767」を展開してきた。SKY SUITE 787はその流れを継ぎ、ボーイングの最新鋭機・ボーイング787に導入するものだ。ボーイング787は、低騒音や湿度、気圧、広い窓など、快適な機内環境で知られる(参考記事)。787-8型機のほか、2015年度から運行予定の787-9型機も順次導入し、国際線の中長距離路線を中心に展開していく。

 SKY SUITE 787(ボーイング787-8型機)の総座席数は161席。現行のボーイング787-8型機では総座席数186席(ビジネスクラス42席+エコノミークラス144席)なので、25席少なくなる。その分、それぞれの客席がゆったりと快適になっているのだ。

 以下、クラスごとに客席の特徴を見ていこう。

ビジネスクラス「JAL SKY SUITE」はフルフラットベッドを導入

 機内前方には、ビジネスクラス「JAL SKY SUITE」を38席設置している。

ay_jal02.jpg ビジネスクラス「JAL SKY SUITE」

 配列は2-2-2(横6列)で、SKY SUITE 777のビジネスクラスと同様の個室型フルフラットシートを採用している(参考記事)。完全に水平になるベッドなので、横になって眠ることができる。フルフラットにしたときのベッド長は最大約188センチメートル、幅は最大約65センチメートル。マットレスや枕は、高反発の「エアウィーヴ S-LINE」を採用、電動プライバシーパーティションでプライバシーが確保できる(パーティションを開けて同行者と話すこともできる)ので、機内でもぐっすりと眠れるのがポイントだ。

 個人モニターは23インチ。現行の787-8機は15.4インチなので、かなり大型化したことが分かる。

プレミアムエコノミー「SKY PREMIUM」

 ビジネスクラスの後ろには、プレミアムエコノミー席「SKY PREMIUM」が35席用意されており、配列は2-3-2(横7列)。個人モニターは12.1インチとなっている(最前列のみ10.6インチ)。

ay_jal03.jpg プレミアムエコノミー「SKY PREMIUM」

 座席ピッチ(前後間隔)は約107センチメートル、幅(アームレスト間)は約49センチメートルと、初期ビジネスクラスのようなゆったりとしたサイズ・配置が特徴。スライド幅が深く、また、前席の背もたれが倒れてこない構造なのでリラックスできる。

 座席間に小さなディバイダーがついており、プライバシー性を高めているのが小さな工夫。また、ペットボトルホルダー、カップホルダー、アームレスト部分の小型テーブルが付いているため、飲み物を置いている状態に席を移動するときも、いちいちテーブルをたたまなくて良い。

エコノミークラス「JAL SKY WIDER II」

ay_jal04.jpg エコノミークラス「JAL SKY WIDER II」

 後方にはエコノミークラス席「JAL SKY WIDER II」が88席設定されており、配列は2-4-2(横8列)。個人モニターは10.6インチとなっている。

 JAL SKY WIDER IIでは、SKY SUITE 787のために開発した新座席を採用している。座席ピッチは約84センチメートル、座席幅は約48センチメートル。いずれも現行787-8型機より5センチずつ拡大し、広い居住空間を確保した。また、全シートに電源、USBポートを備えているのもうれしい。


 このほか、全席で新型機内エンターテイメントシステム「MAGIC-VI」を搭載。モニターを指でスワイプ操作できるので、直感的にサービスを利用できる。モニターでマンガが読める「SKY MANGA」も提供している。2014年度末からはJAL SKY Wi-Fi(参考記事)も導入予定だ。

 トイレは、TOTO、ジャムコ、ボーイングと共同開発した航空機向け「ウォシュレット」を採用している。

 機内空間、シート、機内エンターテイメントなど、多くの面で現行のボーイング787-8型機よりもさらに進化したJAL SKY SUITE 787。SUITEの名にふさわしく、まさに「ひとクラス上の最高品質」のフライトを体験できそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ