ニュース
» 2014年07月11日 19時00分 UPDATE

7月12日から9月7日まで:井上雄彦とガウディが時空を超えて“コラボ”した美術展、六本木で開催

未完の大聖堂「サクラダ・ファミリア」などで有名な建築家、アントニ・ガウディと日本の漫画家、井上雄彦がコラボレートした美術展が開催される。

[池田憲弘,Business Media 誠]

 東京・六本木の森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)で、7月12日から「特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉-」が開催される。

 本展示会は、「日本スペイン交流400周年(参照リンク)」を記念した文化事業として開催するイベント。1882年の着工以来、今なお建造が続く大聖堂、サクラダ・ファミリアなどのデザインを手がけた建築家として有名なアントニ・ガウディの生涯を作品と合わせて紹介しつつ、『SLAM DUNK』『バガボンド』『リアル』などを作品を生み出した漫画家、井上雄彦氏が約40点の描き下ろし作品でガウディの人間像に迫るというものだ。

 開催期間は2014年9月7日までで、開催中は無休。開館時間は10時から20時(最終入場19時30分)。イベントに合わせて、六本木ヒルズ内のレストランではコラボレーションメニューが登場するほか、トークイベントなどの開催も予定されている。

photo ガウディが書いた大学講堂の設計図
photo ガウディがデザインした椅子。建築物以外にも装飾品や、椅子や机といった家具も多数展示されている
photo 井上雄彦が描き下ろしたガウディ画。会場内には約40点の絵を展示している
photo サクラダ・ファミリアの模型

井上雄彦がガウディから学んだこと

photo 漫画家・井上雄彦氏

 井上雄彦氏がガウディを描くことになったのは、「日本スペイン交流400周年」の親善大使に任命されたことがきっかけだ。井上氏はガウディを描くために、2014年4月から1カ月、スペインのバルセロナに滞在し、サクラダ・ファミリアが見える場所に住居を、ガウディの建築物「カサ・ミラ」にアトリエを構えたという。

 記者発表会に登場した井上氏は、ガウディを描いた感想として「ガウディを1カ月間学んで、建物のインパクトに引き込まれ、その奥にある考え方や感情に興味を持った。建造物は時間によって光の当たり方が変わり、表情が変わるので面白い。イラストを描くときに、ガウディのいろいろな面を表現したいと思っていたが、そう簡単にできるものではなかった。結局、僕とガウディに共通点があるとしたら、と思った点を描いた」とコメント。

 展示会を通じて、ガウディから影響を受けた点もあったようだ。「今回は和紙に絵を描く機会があったが、絵を描いていない間の時間も大事だという発見があった。墨を擦るといった、道具を用意したり片付けたりする時間に新たな発見があったり、自分と向き合って気付きを得ることもあることは勉強になりました」(井上氏)

photo サクラダ・ファミリア建造の歴史
photo

 本展示会は今後、石川県の「金沢21世紀美術館」や宮城県の「せんだいメディアテーク」といった全国の美術館で巡回展示を行う。巡回のスケジュールは以下の通り。

「特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉-」巡回スケジュール
場所 開催期間
森アーツセンターギャラリー 2014年7月12日〜2014年9月7日
金沢21世紀美術館 2014年10月4日〜2014年11月5日
長崎県美術館 2014年12月20日〜2015年3月8日
兵庫県立美術館 2015年3月21日〜2015年5月24日
せんだいメディアテーク 2015年6月3日〜2015年7月12日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ