連載
» 2014年07月11日 08時55分 UPDATE

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:1泊2日で16フライト!「アイランドホッピング」でひたすら飛行機に乗り続けてみた (1/3)

飛行機に乗る――それは、出張や旅行のためとは限らない。「飛行機に乗ること」それだけを目的とした旅もある。今回体験した奄美諸島をめぐる1泊2日の「アイランドホッピング」が、まさにそうだった。

[秋本俊二,Business Media 誠]

 飛行機に乗る。それは、出張や旅行のためとは限らない。飛行機に乗ることだけを目的とした旅もある。今回体験した奄美諸島をめぐる「アイランドホッピング」が、まさにそうだった。次から次へと飛行機を乗り換える1泊2日……今回は、そんな“究極のヒコーキ旅”をレポートする。

ay_aki002.jpg 旅の始まりは鹿児島空港。朝8時25分に到着し、ここから初日の6フライトがスタート

高翼プロペラ機でまずは奄美大島へ

 私たちは早朝6時40に羽田を発つJALの1861便で、鹿児島に向かった。鹿児島空港への到着は8時25分。JALグループの一員である日本エアコミューター(JAC)のカウンターで、この日のフライトの手続きをする。

 日本エアコミューターは、鹿児島をメイン拠点に南国の島々をむすぶローカルエアラインだ。初日に乗るフライトは、全部で6路線。最初は「DHC-8-Q400」という74人乗りの小型機で、奄美大島を目指す。

 デハビランド・カナダが開発しボンバルディアが受け継いだDHC-8は、「高翼機」と呼ばれるボディの上に主翼を取り付けた個性的なプロペラ機である。搭乗口から飛行機へは徒歩で移動し、タラップを使って乗り込むが、ボディの地上高が低いために乗り降りもラクラク。実際に利用してみると、プロペラ機でありながらとても静かで、振動なども気にならない。

ay_aki001.jpg 鹿児島から利用した「DHC-8-Q400」。74人乗りの小型プロペラ機だ(撮影:倉谷清文)

 機長からの連絡によると、この日の飛行高度は6700メートル。ジェット旅客機の半分ほどの高度で飛ぶため、機窓からの眺めもいい。白煙を上げる桜島をかすめながら、奄美大島への約1時間の旅がスタートした。

ay_aki003.jpg ジェット機と比べて低い高度を飛ぶため、白煙を上げる桜島が間近に迫る(撮影:倉谷清文)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -