ニュース
» 2014年07月03日 11時32分 UPDATE

ANA+JALが協同展開、国内線.comで2014年版「ポイントプログラム」開始

プライベートでもビジネスでも、利用するならもっとお得に。ANAとJALが協同出資する国内線航空券サイトで、2014年版のポイント付与プログラムが始まった。

[Business Media 誠]

 国内線航空券のネット予約サイト 国内線ドットコムは7月1日、マイレージや提携ポイントをまとめて貯められる「国内線ドットコムポイントプログラム(2014年版)」を開始した。

photo 国内線ドットコムポイントプログラム

 国内線ドットコムは、ANA(全日本空輸)とJAL(日本航空)が協同出資して展開する国内線航空券の予約・購入サイト。双方のマイルに加え、ポイント提携先からの提携ポイントなども同時に貯まるなど、特典の多さを利用者メリットに据える。5月29日より「二次元バーコード(eチケット控え)の発行」や「ANA SKiPサービス、JALタッチ&ゴーサービス」を利用できる新サービスも追加した。2001年に開業、現登録会員数は65万人超。

 国内線ドットコムポイントの2014年プログラムは、2014年7月1日から同年12月31日まで実施(搭乗日ベース)。対象期間中に国内線ドットコムで航空券を買い、搭乗した人を対象に「利用金額1円につき1ドットコムポイント」を付与する。貯めたポイントはANAとJALのオリジナルグッズや提携ポイントへの交換などに利用できる。

 提携ポイントの交換対象はGポイント、nanacoポイント、Pontaポイント。GポイントはANAとJALのマイルにも交換できる。ドットコムポイントはANA/JALオリジナルグッズのほか、腕時計、キャリーケース、デジタル名刺ホルダーなどビジネス出張向けアイテムの交換に使える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ