ニュース
» 2014年05月20日 13時31分 UPDATE

価格は4億5000万円ほど:「HondaJet」新色塗装の量産1号機公開、2015年出荷へ

ホンダの小型ジェット機「HondaJet」の出荷が見えてきた。スイスのビジネス航空ショーで量産1号機を公開。米国連邦航空局の型式証明を取得次第、早期のデリバリー開始を目指す。

[Business Media 誠]

 本田技研工業の航空機事業子会社、ホンダエアクラフトカンパニーは5月20日(日本時間)、開発中の小型ジェット機「HondaJet」の量産1号機をスイスで開催されているビジネス航空ショーで公開。2015年のデリバリー開始に向けて量産体制を本格化すると発表した。

photo 「HondaJet」量産1号機 パールグリーンにメタリックゴールドストライプの塗装を施す

 HondaJetの量産1号機は、GE Hondaエアロ エンジンズ製の量産型ターボファンエンジン「HF120」を実装。今後は地上での機能試験を、2014年夏に初飛行を計画。量産1号機はパールグリーンにメタリックゴールドのストライプの塗装を施したカラーリングを採用し、既存のシルバー、赤、黄色、青と合わせ、全5色をそろえた。現在9機の製造を進め、2014年6月に10機目を加えることで量産体制を本格化する。

 HondaJetは2006年に開発と市場参入を発表、2011年頃にデリバリー開始を見込んでいたが、米国連邦航空局(FAA)型式証明の取得や開発の遅れなどにより時期がずれ込んでいた。2015年1月〜3月を目標にFAAの型式証明を取得し、早期の本出荷を目指す。

 最大巡航速度は778km/h。ライバル機比で燃費性能のよさとキャビンの広さが特徴。定員は5〜6人。企業層や富裕層が使用するビジネスジェット機として、今後、年80〜100機の生産を見込む。参考価格は約450万ドル(約4億5700万円、2014年5月20日時点)。

photo 製造工場
photo パイロットトレーニング用のHondaJetフライトシミュレータ
photo  

関連キーワード

本田技研工業 | HondaJet | 航空機


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -