ニュース
» 2014年01月30日 16時55分 UPDATE

着衣タイプのウェアラブル:衣服で心拍などを測れる新技術「hitoe」――NTTドコモが2014年中に実用化

東レとNTTは、専用の衣類を着て心拍や心電図のデータを取得できる新素材技術「hitoe」を発表。2014年中にNTTドコモがサービス化する予定で、日々の健康管理や運動トレーニング、介護医療などさまざまな分野での活用が期待される。

[上口翔子,Business Media 誠]
shk_hitoe001.jpg

 東レとNTTは1月30日、専用の衣類を着るだけで心拍や心電図のデータを取得できる新素材「hitoe」を発表した。hitoeで取得したデータは専用の小型端末を通じてスマートフォンに表示する仕組みで、健康管理やトレーニング、介護医療などの分野で活用する予定。2014年中にNTTドコモがサービス化を目指すとしている。

 リストバンド型、メガネ型、コイン型など、身に着けることで歩数や心拍数など体に関する情報を計測する端末が登場する中、東レとNTTが今回共同で発表したのは、生地(衣服に装着)タイプの新技術。身体にフィットする素材を用いたことで、正確かつリアルタイムにデータを取得できるという。


shk_hitoe01.jpgshk_hitoe02.jpg hitoeは3つの電極とスマートフォンにデータを送信する小型端末で構成。画像は黄色いTシャツにhitoeを縫い付けたもの。hitoeで取得したデータはリアルタイムでスマートフォンに送信する。現在はTシャツにアップリケを付ける感覚で縫い付けているが、今後改良していく予定

 東レの強みである繊維のナノファイバー技術とNTTのインタフェース技術を融合し、着衣中に発汗してもショートせず、どんな体格の人でも安定して身体データを取得できるようにした。

shk_hitoe04.jpg hitoe装着イメージ。NTTと東レの共同研究により、安定した心電波形が得られるインタフェースを保ちつつ、発汗などによる短絡を防ぐ配線設計を施した

 hitoeには、人体皮脂と親和性が高い導電性高分子素材を使用している。一般衣服に使用される素材の細かさは約15ミクロンだが、hitoeは約700ナノミクロンで、着心地がやわらかいという。耐久性は「洗濯機で洗った場合(ネット使用時)30回、手洗いだと50〜60回繰り返しても性能を維持できる」レベル。バッテリーはボタン電池で、心拍を計測する場合で数カ月は使えるとしている(計測する頻度による)。

 具体的なサービス形態や価格は2014年中に決定する予定。すでに提供中の「わたしムーヴ」や「カラダのキモチ」といった健康プラットフォームとの連携のほか、フィットネスクラブなどの事業者と共同で展開していくことも検討している。

 なおhitoeという名称は、human(人間)、intelligence(情報・知能)、to(〜のほうへ)、expand(拡張する)の頭文字を並べたもの。それぞれの文字には、hが座り、iは立ち、tは跳び、oは2人が手を取り合い、eは胎児のようなイメージを示しており、人のつながりが新たな命を運ぶ願いや、1枚の布=単衣(ひとえ)の無限の可能性という意味が込められている。

shk_hitoe05.jpg 心拍数のデータから運動時の負荷状態を把握したり、睡眠時にはリラックスしているかストレスを感じているかなどの状態も把握できる機能なども盛り込む

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ