コラム
» 2013年12月12日 07時55分 UPDATE

杉山淳一の +R Style:第60鉄 お魚市場とメンチカツと水戸藩の歴史とモコモコの丘――ひたちなか海浜鉄道 (1/6)

日本の鉄道90%を踏破した乗り鉄・杉山さんがお勧めする、安・近・短な厳選・鉄道旅を紹介する本連載「+R Style」が本になりました。書籍化を記念して、今回は久し振りに茨城県を旅します!

[杉山淳一,Business Media 誠]

 茨城県のローカル線、ひたちなか海浜鉄道湊線が開業100周年を迎えた。前身の茨城交通時代は廃線の危機があり、第三セクターになってからは東日本大震災に被災。2度の大きな危機を乗り越えて、今日も列車は元気に走る。地域の人々に支えられ、延伸計画もあるという。

map 今回のルート。ここをクリックすると筆者による各ポイントについての説明が読める

NEWS:この連載が本になりました!

book

 この連載「杉山淳一の +R Style」が単行本になりました! 『ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。 日本全国列車旅、達人のとっておき33選』(幻冬舎)。誠 Styleに掲載した全60本の記事の中から、33本を厳選。大幅に加筆・修正を加えて再構成したものです。

 日々の生活に+Railwayするだけで、毎日がぐっと楽しくなる――そんな本連載のコンセプトが丸ごと楽しめる1冊です。Webで連載を読んだ人も、これから読む人もぜひ本書を手に取ってみてください。


水戸駅のひとつ先、勝田駅から出発

 常磐線の上野駅からの下り列車は、土浦行と勝田行が多い。土浦駅は霞ヶ浦の近くで東京からの通勤圏。勝田は水戸のひとつ先。どうして県庁所在地の水戸行きではなく、ひとつ先の勝田まで行く列車が多いかというと、勝田には大きな車両基地があるからだ。勝田駅は東京・上野駅から特急で約1時間半、各駅停車なら2時間20分ほど。日帰り圏内である。

 この勝田駅を起点とするローカル線が「ひたちなか海浜鉄道湊線」だ。終点は鹿島灘に近い阿字ヶ浦駅。14.3キロメートルの単線で、所要時間は約26分。途中の那珂湊(なかみなと)駅はネコ駅長「おさむ」で話題になったし、鉄道ファンの間では昭和時代のディーゼルカーが残っている路線としても知られている。そして、実はロック音楽ファンにも知る人ぞ知る鉄道だ。日本最大の野外ロックフェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」開催地、国営ひたち海浜公園は、阿字ヶ浦からバスで行ける。水戸駅や勝田駅からシャトルバスも出るけれど、湊線ルートがもっとも渋滞の影響を受けにくいという。

ay_00.jpg 那珂湊のネコ駅長「おさむ」。Twitterでも発信中

 勝田駅はすごく立派だ。白くて、四角くて、ガラス張りの橋上駅舎。ひたちなか市に合併する前の勝田市の中心で、現在はひたちなか市役所の最寄り駅。付近には日立製作所関連の大きな事業所がいくつかあって、陸上自衛隊の駐屯地もあるという、日本の重要拠点である。ひたちなか海浜鉄道は、この立派な勝田駅の構内から出発する。しかも1番線ホーム。ホーム上に小さなプレハブ小屋があって、これが湊線の駅事務室と改札口。1日乗車券は800円だ。

ay_01.jpg 勝田駅、かっこいい……
ay_02.jpg ひたちなか海浜鉄道は1番線。栄光の1番はJR東日本ではなく、ひたちなか海浜鉄道が持っている。おそらく、駅長室に近いのりばから番号を振っているだけだとは思うけど

駅名標にドリル? 戦車?

 常磐線の長編成の電車が2番線ホームに発着する。それとは対照的に1番ホームはたった1両のディーゼルカーだ。上半分がクリーム色、下半分が深い緑色。平成生まれの3710形。ありがたいことに冷房車だ。ひたちなか海浜鉄道は昭和の頃からの古い車両も有名で、主に週末に運行されている。それが目当てなら、ひたちなか鉄道のサイトで運行時刻を確認しよう(参照リンク)

ay_03.jpg 車両形式3710形。「みなと」にちなんでいるそう

 ロングシートがすべて埋まるほどのお客さんが乗りこんで、3710形は勝田駅を発車した。しばらく常磐線に沿ってから左へカーブし、最初の駅「日工前」に停まった。道路の向こう側には日立工機の広大な敷地がある。駅名標の漢字の一部が回転カッターの刃やドリル、チェーンソーに見える。

 この駅名標デザインも、ひたちなか海浜鉄道の名物のひとつ。ちなみに次の金上(かねあげ)駅はジェット機と戦車だ。陸上自衛隊勝田駐屯地の最寄り駅だから、という理由。

ay_04.jpg 日工前駅。駅名標に注目
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -