ニュース
» 2013年11月19日 13時19分 UPDATE

歩くには遠いけど、自転車だとちょっと不便:ホンダ、近距離移動用の超小型EV「MC-β」で社会実験を開始

MC-βは最高時速70キロ以上、最大航続走行距離80キロ以上を実現した超小型EVです。都市中心部から半径15〜45キロの郊外への新たな移動手段を模索します。

[岡田大助,Business Media 誠]

 ホンダは11月19日、近距離移動用の超小型EV「MC-β」を発表しました。MC-βは最高時速70キロ以上、最大航続走行距離80キロ以上を実現したEVです。自転車や電動スクーターよりも遠く、電気自動車よりも近い、都市中心部から半径15〜45キロの郊外への新たな移動手段を模索します。

MC-β MC-β(出典:本田技研工業)

 軽量かつ剛性の高いボディは二輪車技術を応用したパイプフレームボディで実現しました。サイズは2495×1280×1545ミリ(全長×全幅×全高)。軽自動車よりも全長が約90センチも短い超小型ボディによって、最小回転半径は3.3メートルという取り回しの良さが特徴です。

 また、室内ではオフセットシートレイアウトを採用することで、超小型車体でも大人2人が快適に座れる空間とユーティリティスペースを確保しています。リチウムイオンバッテリーを搭載し、充電時間は200ボルト電源で3時間以下、100ボルト電源で7時間以下となっています。

MC-β (出典:本田技研工業)

 MC-βは、熊本県、さいたま市、宮古島市の各自治体と共同で開始した社会実験に導入します。各地域の街づくりや移動に関する課題に対する超小型モビリティのニーズを探っていきます。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ