ニュース
» 2013年11月04日 06時00分 UPDATE

ミシュランを超える――堀江貴文さんプロデュースのグルメアプリ「TERIYAKI」がリリース

美味しいものだけを雑音なく画像と少ない文字数のテキストで伝える。日本発のグルメ紹介アプリが登場した。

[上口翔子,Business Media 誠]

 「日本、特に東京は世界最高の食の街」。2013年11月3日、ホリエモンこと堀江貴文さんがプロデュースするグルメアプリ「TERIYAKI(App Store/Google play)」がリリースされた。

shk_teri00.jpg

 TERIYAKIは、画像と少ない文字数のテキストで美味しい食事を提供するお店を紹介してくれるスマートフォンアプリ。TERIYAKIキュレーターと呼ばれるグルメ専門家たちが選んだ本当に美味しいものだけを紹介してくれる。

shk_teri01.jpg TERIYAKIアプリ画面。現在は都内中心のお店を紹介しているが、今後はパリ、フランス、NY東海岸など海外版のリリースも予定している

 プロデューサーの堀江さんは「普段あまり電話はしないんだけど、美味しいお店を聞くときは電話をする」ようで、その電話をする人々を中心に集まったのが本アプリのキュレーター。かなりの食通が勢揃いしている。年間300食は外食が当たり前、お店の店長からしたら「この人が来たら緊張する」レベルだという。

TERIYAKIキュレーター(テリヤキスト)一覧

山本謙治(農産物流通コンサルタント)、小浦場祥夫(さっぽろケズケア・アンチエイジング研究所所長)、大木淳夫(東京最高のレストラン所長)、本郷善浩(料理番組プロデューサー・麻婆豆腐研究家)、小石原はるか(偏愛系フードライター)、マッキ―牧元(味の手帖編集顧問タベアルキスト)、花千代(フラワーアーティスト、会員制美食倶楽部「ベストテーブル」主幹)、角谷浩一(政治ジャーナリスト)、永田寛哲(ピクシブ取締役副社長)、Koji☆Imai(全国のレストランを渡り歩き、2012年に全米ベストアジ アンシェフ ・トップ20に選出)、園山真希絵(食プロデューサー・フードジャーナリスト)、柏原光太郎(東京いい店うまい店編集長)、伊藤章良(東京百年レストラン著者)、口福ヤマモト(福岡口福倶楽部会長)、堀江貴文(元livedoor社長)、ミスターX)


 11月3日に都内で行われた発表会では、TERIYAKIキュレーターの方々も参加し、園山真希絵さんが即興料理を振る舞ったり、各キュレーターが紹介する食ジャンルなどを発表した。

shk_teri02.jpg 発表会ではTERIYAKIキュレーターの1人、園山真希絵さんが即興料理「石垣ご縁結び焼きそば」を振る舞ってくれた

 今後は中国、英語圏への海外展開や、TERIYAKIキュレーターが本当においしい○○などを選ぶ番組制作、普段予約しにくいお店を予約できる「ポケットコンシェルジュ」との連携、お取り寄せ商品の取り扱い(EC機能)などを予定しているという。

 堀江さんは「世界最高の食の街は東京。本当に美味しいものを口コミで広げる。将来はTERIYAKIキュレーターがお店に来たらシェフがやばいなと思うくらいにしたい。世界で使われる、ミシュランガイドを超える、グルメ紹介アプリにしたい」と話していた。

 なお、アプリの価格は無料。検索などの追加機能を使う場合には有料となる。

shk_teri03.jpg 発表会で配られたお土産

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -