ニュース
» 2013年10月09日 18時00分 UPDATE

ハイブリッドシステムはトヨタから:マツダ、3代目アクセラにハイブリッドモデル投入――燃費はリッター30.8キロ (1/2)

マツダは、新型アクセラの予約販売を開始する。同一車種でガソリン、ディーゼル、ハイブリッドという3タイプを展開するのは国内メーカーで初めてだ。

[Business Media 誠]

 マツダは、新型コンパクトスポーツ「マツダ アクセラ」の予約販売を10月10日から開始する。セダンモデルには、同社初となるハイブリッドモデルを投入するなど、日本メーカーとして初めて同一車種でガソリン、ディーゼル、ハイブリッドモデルを国内展開する。発売は11月21日〜。

アクセラ (出典:マツダ)

 3代目となる新型アクセラは、同社の代名詞となった「SKYACTIV」技術のほか、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を採用する。また、スマートフォンと連動したハンズフリー通話やSNS連携を実現するカーコネクティビティシステム「MAZDA CONNECT」も初搭載。情報量が飛躍的に増加することでわき見運転のリスクが大きくなるが、それを最小限にすることを目指した「Heads-Up Cockpit」コンセプトに基づいて提供する。

アクセラアクセラ アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(出典:マツダ)

 1.5リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」は、大幅なトルクアップと約26%の燃費改善を行い、セダンモデルでリッター19.6キロのJC08モード燃費を実現した。最高出力は82キロワット(111馬力)/6000rpm、最大トルクは144ニュートンメートル/3500rpm。

 一方、2.0リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」は、排気システムを4-2-1排気に変更し、トルクアップと約9%の燃費改善を行った。JC08モード燃費はリッター19.0キロ。最高出力は114キロワット(155馬力)/6000rpm、最大トルクは196ニュートンメートル/4000rpm。

アクセラアクセラ (左)SKYACTIV-G 1.5(右)SKYACTIV-G 2.0(出典:マツダ)

 ハイブリッドモデルは、専用チューニングの「SKYACTIV-G 2.0」に、トヨタからライセンス提供されるハイブリッドシステム「リダクション機構付きTHS II」を組み合わせる。これにマツダ独自の「排気熱回収システム」を追加することで、JC08モード燃費はリッター30.8キロを実現した。

 エンジンの最高出力は73キロワット(99馬力)/5200rpm、最大トルクは142ニュートンメートル/4000rpm、モーターはそれぞれ60キロワット(82馬力)、207ニュートンメートル。ニッケル水素電池を搭載する。

アクセラアクセラアクセラ アクセラ スポーツ XD(出典:マツダ)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -