ニュース
» 2013年10月03日 12時00分 UPDATE

世界の絶景を集めました:死ぬまでに行ってみたい世界の名所7選 (1/2)

国内外の旅行情報を提供する情報サイト「トラベルズー」が発表した『死ぬ前に一度は行くべき名所』の中から、目利きガイドがピックアップした7つの名所を紹介する。

[Business Media 誠]

 国内外の旅行情報を提供する情報サイト「トラベルズー」が、『死ぬ前に一度は行くべき名所』を発表した。同サイトの目利きガイドがピックアップした7つの名所とは?

プティット・フランス(フランス)

 フランス北東部、アルザス地方の街ストラスブールにあるプティット・フランスは、中世の街並みが今も保存されている。特に、かわいらしい木組みの家々はこの地方ならではのもの。スイスとドイツの国境沿いということもあって、パリとは違う魅力が感じられるだろう。

プティット・フランス プティット・フランス

ハイゲイト墓地(英国)

 ロンドンの目利きが「世界で一番クールな墓地」と紹介するのがハイゲイト墓地。ここには、『資本論』を著した経済学者カール・マルクスなど、数多くの歴史的著名人が埋葬されている。

ハイゲイト墓地 ハイゲイト墓地

ウーゼドム島(ドイツ)

 バルト海沿岸にあるウーゼドム島は、ドイツ人やポーランド人にも人気のリゾート地だ。美しい砂浜は42キロにもわたり、海岸沿いの遊歩道は欧州一の長さを誇る。バルト海に突き出た5つの桟橋も魅力的だ。ちなみに遊歩道を歩いていると、いつの間にかポーランドに入国しているかも(島の東側がポーランド領のため)。

ウーゼドム島 ウーゼドム島
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ