ニュース
» 2013年08月01日 10時35分 UPDATE

再充電の心配なし:iPhone上に置くだけで同期、コイン型ウェアラブル健康機器「Misfit Shine」が日本発売――Appleストアで8月1日から (1/2)

fitbitやJawbone UPに続き、米国発のウェアラブル機器「Misfit Shine」が8月1日に日本で発売する。コイン型の形状で、バッテリーは内蔵式。価格はAppleストアパッケージで1万3800円。開発元のMisfit Wearables社には元AppleのJohn Scully(ジョン・スカリー)氏も名を連ねる。

[上口翔子,Business Media 誠]
shk_shine01.jpg 「Misfit Shine」

 NIKE+ FuelBandfitbit、Jawbone UPなど、スマートフォンと連携したウェアラブル型の活動量管理ガジェットが相次いで登場する中、また新たなアイテムが登場する。

 8月1日からの日本デビューが決まったのは、米国Misfit Wearables(ミスフィット・ウェアラブル)社が開発したコイン型の「Misfit Shine」。日本と香港で先行発売され、Appleストア各店舗で購入できる。価格は1万3800円。

 他のウェアラブル健康機器と比較した際のMisfit Shineの最大の特徴は、その形状だ。コイン型で500円硬貨とほぼ同サイズ。NIKE+ FuelBandやJawbone UPのようなバンド型でもなく、fitbit zipやfitbit oneのようなクリップ型でもない、新しいタイプのウェアラブル健康機器といえる。アルミ削り出しのシンプルな見た目で、持っていても違和感を覚えない装着性の高さを持ち合わせている。

shk_shine00.jpg 左からNIKE+ FuelBand、fitbit zip、Jawbone UP、Misfit Shine

 加えて、完全防水なのもポイント。水深50メートルまでであればプールなどでも問題なく利用できる。使う場合には付属の留め金で衣服に着けるほか、別売りのアクセサリーと組み合わせてブローチとして手首、靴、足首などあらゆる所に装着できる。

shk_shine02.jpg 別売りのアクセサリー。左から「CLASP」(4.95米ドル)「SPORT BAND」(19.95米ドル)「LEATHER BAND」(79.95米ドル)「NECKLACE」(79.95米ドル)。NECKLACEのみ未発売で、今秋にリリース予定

shk_shine04a.jpgshk_shine04b.jpg 腕に着けて水泳をしたりそのほかスポーツをしたり


shk_shine04c.jpgshk_shine04d.jpg ビジネスシーンでも違和感なく使用できる

 各アクセサリーは、Misfit WearablesのWebサイトから購入が可能。価格は米ドル設定で、日本円での販売は今後検討するとしている。国内で購入する際には、Appleストア限定パッケージを購入する形となる。Misfit Shineをクリップ状に使える「CLASP」と腕時計のように使える「SPORT BAND」を同梱する。


shk_shine03a.jpgshk_shine03b.jpg Misfit ShineのAppleストア限定パッケージ

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ