ニュース
» 2013年05月09日 15時59分 UPDATE

BASEL WORLD 2013:F1 レッドブル・レーシングのピットクルーが腕時計に求めた機能とは? (1/2)

バーゼルワールド2013のカシオブースリポート。第2弾は、欧州でも人気が高いメタルウオッチ「EDIFICE」にフォーカスする。

[吉村哲樹,Business Media 誠]

 2013年4月25日から5月2日にかけてスイス・バーセルで開催された世界最大のウオッチ&ジュエリーの祭典「バーセルワールド2013」。昨年のバーゼルワールドまでは屋外のテント会場に展示ブースを構えていたカシオ計算機は、今年からホール屋内に場所を移しての出展となった。

バーゼルワールド2013 カシオブースリポート


 カシオブースの中に入ると真っ先に目に飛び込んでくるのはレッドブル・レーシングチームのF1マシン。カシオは2009年から同チームとオフィシャルパートナー契約を結んでおり、「EDIFICE」をオフィシャルウオッチとして提供している。

EDIFICE
EDIFICEEDIFICE 2013年もタイアップモデルが登場。第1弾の「EFR-528RB-1AJR」

レッドブルのピットクルーがEDIFICEに求めた機能とは?

EDIFICE 「EQW-A1200」。型番から推測するに2013年の旗艦モデルだろう(現行旗艦モデルは「EQW-A1100」)

 実はEDIFICE、欧州では大変に人気が高く、今回のバーゼルワールドでも広く展示スペースが割かれていた。ウィンドウ内にさまざまなモデルが並ぶ中、特に「これは」と思ったのが、文字盤にX形状の斬新な意匠が採用した「EQW-A1200」という新モデル(日本での発売時期未定)。

 G-SHOCKのパイロットウオッチ「SKY COCKPIT」シリーズの最上位機種「GW-A1100」にも搭載した新開発の小型・省電力磁気センサー(参考記事)を搭載しており、秒針を方位コンパスとして機能させることができる。

 また、横方向の細かい振動にも耐えられる新たな耐衝撃機能も備えている。実は、レッドブル・レーシングのピットクルーからの要望にこたえたもので、F1のタイヤ交換作業で使うインパクトレンチの振動にも耐えられるのだという。

EDIFICEEDIFICEEDIFICE 差し色違いやラバーバンド仕様も展示されていた
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -