ニュース
» 2013年01月18日 16時13分 UPDATE

マツダ、2015年から「アルファ ロメオ」のオープン2シーター生産決定――次期ロードスターがベース

マツダと伊フィアットは、アルファ ロメオブランドのオープン2シータースポーツカーを、2015年からマツダ本社工場で生産することで、正式に事業契約を締結した。

[岡田大助,Business Media 誠]

 マツダと伊フィアット グループ オートモービルズは1月18日、アルファ ロメオブランドのオープン2シータースポーツカーを、2015年からマツダ本社工場で生産することで、正式に事業契約を締結した。

 新型スポーツカーは、次期「マツダ ロードスター(Mazda MX-5)」のアーキテクチャがベースになる。マツダとフィアットは、それぞれ独自デザインで、独自のエンジンを搭載するFRスポーツカーを展開する。

 この協業で、マツダはオープン2シータースポーツの開発および生産効率の向上を見込む。一方、フィアットとしてもアルファ ロメオブランドに最新技術とモダンなテイストを吹き込んだ商品が提供できるようになるとコメントする。

マツダ 現行型マツダ ロードスター(出典:マツダ)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news086.jpg
キュレーション問題で経営陣が謝罪:
news065.jpg
赤坂8丁目発 スポーツ246:
news067.jpg
幅最大8.5メートルまで対応:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -