コラム
» 2013年01月17日 21時40分 UPDATE

旅好き女子・オノリョの香港リポート(2):オ・ト・ナの社会科見学 in 香港――キャセイパシフィック航空本社に潜入! (1/3)

ONETOPI旅部キュレーターにして、社内きっての旅好き女子・オノリョがお届けする香港リポート第2弾。海外旅行では必ずと言っていいほどお世話になる航空会社の、普段なかなか目にすることのできない裏側に潜入取材してきました。

[小野田涼子,Business Media 誠]

著者プロフィール:小野田涼子(オノリョ)

 スキあらば旅に出る、自他ともに認める旅好き&誠世代のアイティメディア社員。とはいえしがない会社員なので、週末や短い休暇を使った国内外の旅を無理しない程度の予算で楽しむ「ニッポンの会社員旅」を実践中。アイティメディア旅部部員にして、ONETOPI旅キュレーターの一員でもある。

 東京出身だが1人暮らし歴は長く、ソーシャルアパートメントにも興味アリ。こんな記事こんな記事も書いている。


 香港国際空港を中心に、世界80以上の主要都市へ就航しているキャセイパシフィック航空。香港を始めとするアジア諸国への旅で利用した人も多いのではないだろうか。

 前回「今や『中華にワイン』――香港ワイン&ダイン・フェスティバルに行ってきた」に続き、今回はそのキャセイパシフィック航空本社、そして機内食工場のキャセイパシフィック・ケータリング・サービスに潜入取材する機会に恵まれたので、貴重な現場写真多めでお送りする。

まるで街!? 香港のハブ空港の本社に潜入

 キャセイパシフィック航空は1946年に設立された香港の航空会社だ。本社ビルは香港国際空港のすぐ近くにあり、社員数は約2万800人。旅客、貨物合わせて135機を有し、コードシェア便を含む42カ国、169便を展開している。

 日本からは成田、羽田のほか、福岡、沖縄から香港直行便(子会社のドラゴンエア)がある。また最近ではヤンゴン(ミャンマー)など、新たに9都市の就航を開始。香港のハブ空港化をますます進めている。

 そんな香港を代表する企業、キャセイパシフィックの本社は――“キャセイシティ”と名付けられるほどの充実度。業務エリア以外にも、フードコート、コンビニ、レストラン&バー、カフェ、ATM、スポーツができるリフレッシュエリアなど、「もう住居も作って住んでしまえばいいんじゃないか?」と思うほど、まさに“街”だった。

shk_hk001.jpg 本社前には、キャセイパシフィック航空2機目として運航していたDC3型機「Niki」が
shk_hk002.jpg 午前11時ごろのフードコートでは、早めの昼食を取る人や、コーヒーを飲みながら打ち合せをする人たちがいた
shk_hk003.jpg 客室乗務員が慌ただしくコンビニに入ってきた
shk_hk005.jpg 午前中からバドミントン……? 元気!
shk_hk006.jpg 客室乗務員が搭乗前に担当フライトの情報などをチェックするためのエリア。キリッとした空気が漂う
shk_hk007.jpg まるでどこかのショッピングモールのよう!

 写真を見て分かる通り、充実した社員用施設が整っている。オフィス内に勤務する社員たちはビルから出なくても快適に過ごせるようだ。本社にはこの他、客室乗務員などの訓練施設も備えている。

shk_hk008.jpg さすが航空会社! と思ったものの1つ。本日の会議スケジュールが、ホラ、空港の搭乗案内版!
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ