ニュース
» 2012年12月04日 13時30分 UPDATE

スバルが考える2025年のハイウェイパトカー、デザインコンテストで優勝

LAオートショー2012で、「2025年のハイウェイパトロールカー」をテーマに開催されたデザインチャレンジ。富士重工業の「SHARC(シャーク)」が優勝した。

[岡田大助,Business Media 誠]
SHARC SHARC(出典:富士重工業)

 ロサンゼルスオートショー2012で、「2025年のハイウェイパトロールカー」をテーマに開催されたデザインチャレンジ。自動車メーカーのデザインスタジオから出品された6作品がノミネートされ、富士重工業の「SHARC(Subaru Highway Automated Response Concept、シャーク)」が優勝した。

 SHARCはハワイの厳格なカーボンニュートラル規制に適合したゼロエミッションの警察車両をイメージで、動力源に再生エネルギーを活用する。海に囲まれたハワイというロケーションを反映し、状況に応じてホバーモードへの変形も可能だ。

 EyeSightの搭載やインホイールモーターによるシンメトリカルAWDなどスバルらしさを確保しつつも、予算削減に向かいつつある世界のハイウェイパトロール事情を反映し、自動操縦の採用による常勤スタッフ数削減に貢献するものとした。

SHARCSHARC (出典:富士重工業)

 今回の審査基準は、将来における先端技術の必要性への考慮、未来の高速道路システムに対応したスピードと俊敏性、問題解決に対する独創性、特定地域の排出ガス基準への対応、メンテナンスと再生可能性を含む環境対応への高感度などが盛り込まれていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -