ニュース
» 2012年10月18日 12時44分 UPDATE

日産、ブレーキで避けられない衝突をハンドルで緊急回避する新技術

日産自動車は10月17日、ブレーキでは衝突が避けられないような状況下での回避支援技術「緊急操舵回避支援システム」を開発したと発表した。渋滞末尾への追突回避に役立つという。

[岡田大助,Business Media 誠]

 日産自動車は10月17日、ブレーキでは衝突が避けられないような状況下での回避支援技術「緊急操舵回避支援システム」を開発したと発表した。例えば、ドライバーの認知の遅れにより高速で渋滞末尾に追突しそうになった場合に効果が発揮できるという。

緊急操舵回避支援システム

 これまで日産では、衝突事故を回避するためにブレーキによる制御技術を開発してきたが、ブレーキだけではカバーできない事故にも対応するためにステアリング操作での回避も研究していた。この場合、回避エリアに障害物がないことを検知する必要があり、常に周囲を検知し判断する技術が求められる。

 緊急操舵回避支援システムでは、車両前方のレーダーとカメラ、車両左右後方の2個のレーダー、周囲に取り付けた5個のレーザースキャナーからの情報を基に、「ブレーキでは回避できない衝突リスク」を察知。同時に前方に障害物のない回避ゾーンがあることと、後側方から接近する車両がないことを確認して、ドライバーにステアリングを切るべき方向を示す。ドライバーが反応できなかった場合は、自動操舵を行う。

緊急操舵回避支援システム緊急操舵回避支援システム
緊急操舵回避支援システム緊急操舵回避支援システム緊急操舵回避支援システム (出典:日産自動車)

関連キーワード

自動車 | 日産自動車 | 事故 | 新技術


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ