ニュース
» 2012年05月23日 16時25分 UPDATE

マツダとフィアットが協業、ロードスターベースのアルファロメオの開発へ

マツダとフィアットは、次期ロードスターをベースに、アルファロメオブランドのオープン2シータースポーツカーを開発する。2015年に生産開始の予定だ。

[Business Media 誠]

 マツダは5月23日、イタリアの自動車大手フィアットとの協業プログラムを発表した。「マツダ ロードスター(海外名はMazda MX-5)」次期モデルのFRアーキテクチャをベースにし、アルファロメオ向けオープン2シーターカーを開発・生産する。

 マツダ ロードスターは世界最大の販売台数を誇るオープン2シータースポーツカーで(参照記事)、広島にあるマツダの本社工場でのみ生産している。現在の最新モデルは3代目で、次期モデルの開発を進めている。

do_mazd110204_02.jpg
ay_mazda01.jpg マツダロードスター(出典:マツダ)

 今回、フィアットと協業開発するクルマは、次期マツダ ロードスターのアーキテクチャをベースに、フィアットのエンジンを載せたものになる。アルファロメオブランドだが、開発はマツダがリードする形で行われ、生産もマツダの本社工場で行われる予定。2015年の生産開始を目指す。

 両社は2012年後半に正式に事業契約を締結する予定で、今回の協業プログラム以外にもヨーロッパにおける協業の可能性を話し合うという。なお、一部報道ではマツダとフィアットが販売面を中心に業務提携するとされているが、マツダ広報部ではこれを否定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ