ニュース
» 2012年04月10日 14時31分 UPDATE

ふつうに使えば手帳用ボールペン、ひっくり返せばタッチペン――プラチナ万年筆

手帳用の極細軸ボールペンにタッチパネル用のシリコンパーツを装着した「タッチパネル用ミニボールペン」が登場。アルミボディでビジネスシーンにも映える。

[Business Media 誠]

 スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、スケジュールをインターネット上で管理することが増えたとはいえ、昔ながらの手帳を併用する人も多い。プラチナ万年筆は、手帳用の極細軸ボールペンにタッチパネル用のシリコンパーツを装着した「タッチパネル用ミニボールペン」を4月20日に発売する。価格は630円。

プラチナ万年筆 タッチパネル用ミニボールペン(出典:プラチナ万年筆)

 本製品は、0.5ミリのボールペンの後端部にシリコン製の部品が付いている。本体はアルミ製で軽量かつ耐久性を確保した。軸色にシルバー、ロイヤルブルー、シャドーメタルの3色を用意する。サイズは127×6.4ミリ(全長×最大径)で、重さは6.4グラム。

プラチナ万年筆プラチナ万年筆 (出典:プラチナ万年筆、画像をクリックすると拡大します)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -