ニュース
» 2012年02月28日 10時00分 UPDATE

調和がもたらす装飾美、クロノスイスの新作腕時計はダブル・レトログラードクロノグラフ

文字盤の左右に配置されたレトログラードは蝶をイメージ。職人の手によって細部にいたるまでギヨーシェ彫りが施されたクロノスイスの新作クロノグラフ。

[Gressive]
Gressive
Gressive

 CHRONOSWISS(クロノスイス)の新作腕時計「バランス クロノグラフ(Balance Chronograph)」は、複雑技術とエレガントなデザインを融合させた同社初のダブルレトログラードディスプレイウオッチだ。ギヨーシェ彫りが施されたダイヤルからは、多くの情報を瞬時に把握することができる一方で、モデル名のとおり調和がもたらす装飾美を堪能できる。

 趣あるダイヤルは優雅に空を舞うバタフライをイメージしてデザインされた。左右対称に配置された、蝶の羽根を彷彿とする扇形のレトログラードディスプレイ。右側はデイト表示として1カ月に1度フライバックし、左側は秒針として常に動き、30秒ごとにフライバックして見る者の目を楽しませてくれる。

 スターリングシルバー925製のダイヤルには、カイロス、ルナ、そしてデルフィスなど同社が手がけてきたクラシカルなコレクションにならい、4種類の異なるパターンのギヨーシェ彫りが細部に至るまで施された。この優美なギヨーシェ彫りは伝統工芸の1つであり、熟練した職人によって1枚ずつ機械彫りの手法で刻まれたもので、まさにクロノスイスのこだわりと技術力の高さを表す。

 本モデルのために設計されたキャリバーC.831は、ラジュ・ペレの自動巻ムーブメントをベースにクロノスイス独自のモジュールを搭載したムーブメントで、複雑な機構ながら安定した精度を持つ。

 また、オニオン型リューズ、磨き上げられたケース、青焼き針、スクリューでベルトを固定するラグ(特許取得、オートブロックシステム)などのディテールにおいても、100年前のスイス伝統の製作技法を基盤とするクロノスイスならではの完成度の高さを誇る。

 サファイアクリスタル製のシースルーケースバックからは装飾が施されたムーブメントを見ることができ、クロノスイスならではの伝統技巧の醍醐味も味わえる。

 バリーエションとして、ステンレススチールケース、18Kゴールドケースのほか、モダンなブラックDLCケースモデルも展開する。

バランス クロノグラフ(Balance Chronograph)

Gressive
  • Ref.CH 7543 B
  • ケース径:42ミリ
  • ケース厚:14.75ミリ
  • ケース素材:ステンレススチール
  • ストラップ:ルイジアナクロコダイル
  • 防水性能:3気圧防水
  • ムーブメント:自動巻、cal.C.831(ラジュ・ペレ 8310ベース)、39石、毎時2万8800振動、インカブロックショックアブソーバー、約46時間パワーリザーブ、コートドジュネーブ仕上げスケルトン加工ローター
  • 仕様:38のパーツからなるステンレススチールケース、無反射加工サファイアクリスタルケースバック、オニオン型リューズ、レトログラード式スモールセコンド、レトログラード式デイト表示、特許取得のネジ留め式ラグ(オートブロックシステム)、クロノグラフ針、12時位置に30分積算計、6時位置に12時間積算計
  • 価格:84万円(ステンレススチールケース)、89万2500円(ステンレススチールDLCケース)

お問い合わせ:

ユーロパッション

TEL:03-5295-0411


Copyright (c) 2014 Gressive All Rights Reserved.

Facebookコメント

新着記事

news028.jpg
「気がきく人」の習慣:
ビジネスチームハック:
news012.jpg
ビジネス英語の8割は中学英語で通用する:
news059.jpg
【最終回】マッキンゼー流入社1年目 ロジカルシンキングの教科書:

アクセスランキング