ニュース
» 2011年10月25日 15時48分 UPDATE

マツダ、日本市場にディーゼル車を投入――第1弾はCX-5

マツダは、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車を2012年から日本市場に投入する。第1弾は、2.2リッターエンジンを搭載するクロスオーバーSUV「マツダ CX-5」だ。

[岡田大助,Business Media 誠]

 マツダは10月25日、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車を2012年から日本市場に投入すると発表した。第1弾は、2.2リッターエンジンを搭載するクロスオーバーSUV「マツダ CX-5」だ。

マツダ マツダ CX-5(画像をクリックすると拡大します)
マツダ SKYACTIV-D

 SKYACTIV-Dは、従来のクリーンディーゼルエンジンの普及阻害要因だった高価な窒素酸化物(NOx)後処理装置を使用せずに、ポスト新長期規制に適合した乗用車用エンジン(同社によれば世界初)。これは、燃焼そのものをクリーンにする技術革新で解決した。

 ディーゼルエンジンのメリットは、使用燃料がガソリンに比べて安価な軽油であること、同クラスのガソリンエンジンに比べて約2倍の最大トルクを生み出せることなどが挙げられる。

 CX-5では、ディーゼルエンジン用に開発し直したアイドリングストップシステム「i-stop」と組み合わせ、約30%の燃費改善となる軽油1リットル当たり18.6キロ(JC08モード)を実現する。アイドリングストップからの再始動は0.40秒以内という。

 フランクフルトモーターショーでは、CX-5にスタンダード版とハイパワー版の2つのディーゼルエンジンを用意すると発表した同社。スタンダード版の最高出力は110キロワット(150馬力)/4500rpm、最大トルクは380ニュートンメートル/1800〜2600rpm、ハイパワー版は129キロワット(175馬力)/4500rpm、420ニュートンメートル/2000rpmとなる。

関連キーワード

マツダ | ディーゼル | SKYACTIV | エンジン | SUV | 自動車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集