ニュース
» 2011年05月18日 13時45分 UPDATE

杉山淳一の+R Style:第48鉄 金八先生の桜とスカイツリーを見に行く――ちょっとだけ東武伊勢崎線 (6/6)

[杉山淳一,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

 東京スカイツリーの全景を見たくて、東京スカイツリーを背にして歩き、ときどき振り返ってみた。桜の木からニョッキリと生えたスカイツリーを眺めて満足。その後は街角の桜をひとつひとつ愛でながら歩く。

ay_25.jpg スカイツリーから南へ歩く。川面が桜の花で埋め尽くされている

 今日の最後の目的地はレストラン「三州家」だ。外観はファミリーレストラン。実態もファミリーレストラン。しかしこのお店の名物は「ダムカレー」。有名なダムサイト「ダムマニア」を運営する店主が考案したそうだ。ご飯を深めのお皿に盛って堤防を作り、その片側にカレールーを注いだユニークなメニュー……なんだけど、行ってみたら、な、なんと、サーロインステーキ定食が半額セール中だった。

 名物のダムカレーを食べたいけれど、肉好きの私にとっては、通常価格1785円のサーロインステーキが895円なんて魅力的すぎる。悩みながらお店に入ると、元気なおっかさんが待ち構えていた。「カレーはいつでも食べられるよ。メニューで写真を見せてあげるから、今日はステーキにしなさいな」そうだな。東京スカイツリーがオープンしたら見物に来るだろうし、ダムカレーはその時でいいや。というわけで、本日のシメはサーロインステーキ。テツ分もタンパク質もたっぷりな、充実した一日となった。

ay_28.jpg 肉の誘惑に負けて、今回はステーキにした
ay_26.jpgay_27.jpg 顔を上げれば、桜に乗ったスカイツリーが! 背後の空は航空路になっていて、タイミングが合えば小さな飛行機入りの撮影も可能(左)。Japanese Restaurant 三州家のダムカレーメニュー。黒部ダムカレーなど各地に広まっているようだけど、元祖はこのお店らしい(右)

map 今回のルート。ここをクリックすると筆者による各ポイントについての説明が読める

今回の電車賃

東京観光汽船(水上バス) 日の出桟橋 - 浅草 760円。

東武鉄道 浅草 - 東向島 140円。東武鉄道 東向島 - 堀切 140円。東武鉄道 堀切 - 業平橋 160円。

東武博物館 入館料 200円。


著者プロフィール:杉山淳一

ay_sugiyama.jpg 著者近影(2006年5月に閉館した、東京・万世橋の交通博物館にて)

 肉食系鉄道ライター(魚介類が苦手)にして、前世からの鉄道好き。生まれて間もなく、近所を走っていた東急池上線の後をついていったという逸話あり。曰く「いつもそばを走ってたから、あれが親だと思った」

 コンピューター系出版社でゲーム雑誌の広告営業を経験した後、フリーライターとなる。オンライン対戦ゲーム、フリーウェア、PCテクニカルライティングなどデジタル系の記事を専門とし、日本初のEスポーツライターとしてオンライン対戦ゲーム競技を啓蒙する。

 趣味は日本全国の鉄道路線探訪で、現在の路線踏破率は約8割。著書は『もっと知ればさらに面白い鉄道雑学256(リイド社)』『知れば知るほどおもしろい鉄道雑学157(リイド社)』『A列車で行こう8 公式ガイドブック(エンターブレイン)』など。


前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -