誠 総合  >  キーワード一覧  > 

絶版 に関する記事 絶版 に関する質問

「絶版」最新記事一覧

ニンテンドーDSの名作「コロぱた」がDSiウェアで復刻決定 一時は5万円の値も付いた超プレミアソフト
遊べなかった人はチャンス!(2014/4/8)

2020年の西太平洋軍事衝突もシミュレート:
太平洋戦史先行体験! 艦これ提督的「ゲームマーケット2014大阪」索敵報告
やってきました大阪に。「いやー、ゲームマーケット2014春の前哨戦でしょー」と思っていたら、とんでもない思い違いだった。西日本のみなさん、ごめんなさい。(2014/3/31)

作家と活字とエージェント――作家・椎名誠が電子書籍で「完全版」提供のワケ
2014年1月、過去の人気作品を電子書籍として刊行した作家・椎名氏。初めて電子書籍と向き合って感じたこと、電子書籍の未来に思うことを聞いた。(2014/3/12)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年2月第1週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。2014年2月第1週は、佐村河内氏の著書を出版各社が自主回収する動きが話題となりました。(2014/2/10)

私設図書館シャッツキステ40冊目:
独特なデザインで魅了する『蘭字 日本近代グラフィックデザインのはじまり』
本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。40冊目は上機嫌なレイラからのご紹介です。(2014/2/7)

大学教員は見た! ニッポンの中小企業事情(6):
日本のモノづくりが息づく台湾企業(前編)
いまやモノづくり分野での存在感が大きい台湾。今回は、台湾企業3社におけるグローバル化と日本のモノづくりとのつながりについて紹介する。(2014/1/22)

入手困難資料のデジタル版、全国の図書館で閲覧可能に 国会図書館が配信 著作権法改正で
国立国会図書館は、絶版などで入手困難な資料のデジタル版について、21日から公共図書館への配信スタートする。2012年の著作権法改正で可能になった。(2014/1/10)

本屋探訪記:東京吉祥寺にあるサブカル好きには堪らない古本屋「バサラブックス」
BOOKSHOP LOVER=本屋好きがお届けする詳細な本屋レポ。本屋が好きならここに行け! 今回は吉祥寺といえばこの本屋、「バサラブックス」を紹介する。(2014/1/10)

これからの働き方、新時代のリーダー:
赤字部門の書籍編集部が生まれ変わった秘密とは?――プレジデント社
平均年齢53歳、雑誌を引退したベテランの“名誉職”だったプレジデント社の書籍部門。一時は廃部も検討されたという弱小編集部が、赤字部門の汚名を返上し、ヒットを連発するようになった秘密とは? 書籍部長の桂木栄一氏に聞いた。(2013/12/27)

お宝ゲットだぜ:
廃盤CDが最大70%オフ、「2014新春レコードファン感謝祭 〜廃盤CDディスカウントセール〜」特設サイトがオープン
通販サイト「レコチョクshopping」内に「2014新春レコードファン感謝祭 〜廃盤CDディスカウントセール〜」の特設サイトがオープン。(2013/12/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「このメーカー、同じような製品出しすぎ?」の裏で起きている争い
PC周辺機器やアクセサリでは、同じメーカーなのに明らかにターゲット層がかぶる2つの製品ラインアップが存在することが多い。その裏には、さまざまな要因が潜んでいる。(2013/12/13)

出版40周年記念デジタルリマスター版「大前研一 BOOKS」が「good.book」で提供開始
オンデマンド出版ソリューション「good.book」から、大前研一の出版40周年を記念したデジタルリマスター版『大前研一 BOOKS』が提供開始。既刊本や絶版本に新たなコンテンツを追加している。(2013/11/27)

執筆中に作者が死亡? 未完の小説あれこれ
作者の死や原稿の紛失によって未完のままになった作品があります。今回は、そんな「書きかけの作品」を紹介します。(2013/11/12)

なぬっ、“れん合艦隊”や“太平洋艦隊”が……!:
艦これ提督的「ゲームマーケット2013秋」索敵報告
いいかぁー、せんせい、いつもはぜんぜん役に立たない話ばっかりしているけれど、きょうは大事なことをいうから、みんなぁー、しっかりメモをとるのなぁー。(2013/11/7)

こんなニッチ情報、やるのはここだけ:
艦これ提督にお勧めしたい「ゲームマーケット 2013秋」ウォーゲームブースツアー
艦これ提督の皆さん! 張り切って鉄底海峡を目指しているかな。なに? 猫降臨でどうにもこうにも? ならば、気晴らしにゲームマーケットいってみるみる?(2013/11/3)

続きが出てない、でも読みたい――「Jコミで印刷できるってよ」β版登場
絶版となった漫画やライトノベルなどを電子書籍として配信しているJコミが、”この世に存在しないはずの単行本”を印刷して読者に届ける「Jコミで印刷できるってよ」システムβ版を開始する。(2013/11/1)

Jコミ、単行本化されていない漫画を単行本化するサービスを始めるってよ
その名も「Jコミで印刷できるってよ」システム(β)。(2013/11/1)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ! 第7回:
25歳までに読みたいマンガ3選 「ローファイ・アフタースクール」「マフィアとルアー」「ストロボライト」
「25歳を過ぎてから読んでも、もう作品世界にのめり込めないだろうなー」という作品を厳選。ところでなぜ25歳かというと――。(2013/11/1)

感性マーケによるトレンド予測:
「エリート志向」「辛グルメ」「宇宙開発」――2014年のブーム10大予測
剛力彩芽、ウェアラブル、“みんなと一緒”から“孤高の時間”――。広報女子が2012年冬に立てた未来予測はどうなったのか? 2013年に起きたことを振り返りながら今後来そうなブームを予測してみます。(2013/10/28)

追悼:富田倫生さん――書籍の「青空」を夢見て走り続けた人
8月に亡くなった「青空文庫」呼びかけ人・富田倫生さんの追悼イベントが行われた。「青空文庫」という名称に込められた富田さんの思いとは何だったのか。この追悼イベントでは富田さんを間近に見てきた人たちによって、その思いが振り返られた。(2013/10/11)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/30)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
パッケージメディアの逆襲(前編)
音楽や映画のネット配信もすっかり定着したが、一方でCDやBDといった既存パッケージメディアにも高音質化や高画質化といった新しい動きが出てきている。AV評論家・麻倉怜士氏に、注目のトピックを紹介してもらおう。(2013/8/23)

神戸経済の歩みを克明に記した『海鳴りやまず』、電子書籍で復刻
教育出版センターが、電子書店「web DE book」で『海鳴りやまず ―神戸近代史の主役たち―』第3部、第4部の電子書籍版を発刊した。(2013/8/19)

矢尽き刀折れるまで一緒に奮戦しよー!:
“艦娘”ともっと戦いたい「艦これ」提督のための「日本海軍ウォーゲームガイド」
提督諸君、敬礼! 艦娘たちは元気かな。 諸君は彼女たちの「本当の姿」を知りたくないか? なに! 知りたいか! ならば“こっちの世界”にいらっしゃい。さあさあさあさあ!(2013/8/15)

PR:超ヘビー級の電子書籍ユーザーが選ぶ電子書店――BookLive!の魅力とは?(コミック編)
フィーチャーフォン時代からケータイコミックでマンガを貪るように読んでいるあるサラリーマンが、端末の買い換えとともに電子書籍に移行。そんな彼の心を捉えて放さないBookLive!の魅力とは?(2013/8/8)

宇宙開発のロマン詰まった星雲賞受賞ルポ「宇宙へのパスポート」 Jコミで全巻無料公開
SF作家・笹本祐一さんが中心となって作った宇宙開発ルポルタージュ「宇宙へのパスポート」が、Jコミで無料公開されています。(2013/7/12)

「有害図書」として絶版になってしまったあの本も配信――三才ブックストアーオープン
三才ブックスが、AppStoreから単体電子書籍アプリ申請を却下されてしまった版元に解決策を提示すべく、iOS向け電子書店アプリ「三才ブックストアー」の配信を開始した。(2013/7/10)

知る人ぞ知る名作、投票でDVDに 「TSUTAYA名作レスキュー隊」
知る人ぞ知る名作映画を投票によって初DVD化する企画「TSUTAYA名作レスキュー隊」がスタートした。(2013/7/5)

懐かしい!:
元祖ライトノベル「宇宙皇子」、9月に復刊
イラストや装幀を一新。(2013/7/4)

Jコミ、急病のマンガ家・海明寺裕さんの支援企画
絶版漫画などを公開するサイト「Jコミ」が急病で倒れたマンガ家・海明寺裕さんを支援する企画を展開している。(2013/7/1)

杉山淳一の時事日想:
鉄道紀行のカリスマが夢見た「富士登山鉄道」とは
富士山の世界文化遺産登録が決定した。「富士登山鉄道」はいまだ構想段階で具体案はこれから……といった感じだ。しかし、いまから約20年前に「富士山鉄道・五合目線」を発表した作家がいた。鉄道紀行作家、宮脇俊三である。(2013/6/28)

「ゲームセンターあらし」を無料連載、その意図とは? 太田出版の“web連載空間”「ぽこぽこ」に迫る
今春、突如としてWeb上で連載が始まった「ゲームセンターあらし」。約30年前に連載された内容を、そのまま週刊連載するというこの試みはどのようなきっかけで生まれたのか。掲載先である太田出版「ぽこぽこ」ディレクターの林和弘氏に話を聞いた。(2013/5/13)

漫画好き注目 絶版だった「アフタヌーン四季賞CHRONICLE」がKindleやニコニコ静画で買える
収録作は減ったようですが、いろんな電子書籍ストアで買えます。(2013/5/2)

プレミアム電子漫画を販売する「JコミFANディング」第2段 新沢基栄や鈴木みそら豪華作家陣が集結
ファンは絶対見逃せない。(2013/4/26)

おバカ系ふたたび:
あれ、耳から何か出てますよ──2度見“対応”イヤフォン「Crazy Earphone」
ソリッドアライアンスが、おバカ系イヤフォン「Crazy Earphone」シリーズ4種類を再販する。価格は2000円。(2013/4/22)

出版デジタル機構、電子化したコンテンツの定期配信開始
出版社がすべての出版物の電子化を目指して立ち上げる新会社として昨年設立された出版デジタル機構から、電子化された作品の定期配信を開始した。(2013/4/19)

まつもとあつしの電子書籍セカンドインパクト:
出版権提案、TPP交渉参加、絶版作品のダウンロード――福井弁護士に電子書籍を巡る著作権の現状を聞く(後編)
2013年、電子書籍は新たな局面に直面していた――そんな変化の最前線を行く人々にその知恵と情熱を聞くこの連載。今回は、弁護士の福井健策氏に、TPPや米国での保護期間「短縮」提案、文化庁 eBooks プロジェクトの意義について伺います。(2013/4/18)

「Jコミ」成人向けマンガ完全無料化 無広告ビューワー「カヲル」公開
絶版漫画の無料配信サイト「Jコミ」がこのほど2周年を迎え、成人向け漫画が完全無料化。広告が表示されない“最新鋭マンガビュワーVer.5”「カヲル」もリリースした。(2013/4/12)

Jコミ2周年でリニューアル――成人向けマンガの無料化など
2周年を迎えたJコミがサイトをリニューアルし、サービスを追加。ビューワも一新した。(2013/4/12)

データベースの不備に作家の怒りも:
仏政府、2000年以前の絶版書のデジタル化を開始
フランス文化省は2012年に可決された「流通されていない20世紀の商業書籍のデジタル化に関する法律」に基づき、作家向けの権利確認データベースサイトを公開した。(2013/4/10)

まつもとあつしの電子書籍セカンドインパクト:
出版権提案、TPP交渉参加、絶版作品のダウンロード――福井弁護士に電子書籍を巡る著作権の現状を聞く(前編)
2013年、電子書籍は新たな局面に直面していた。この連載は、そんな場所にいち早く踏み込み、変化の最前線を行く人々にその知恵と情熱を聞く物語である。今回は、弁護士の福井健策氏に、出版と著作権を巡るトピックスについて聞いた。(2013/4/5)

Amazon Publishing、2つの新出版レーベルを発表
Amazonが自社で抱える出版レーベルは業界のニーズに応じてその数を増やしつつある。新たに立ち上がった2つのレーベルの動向にも注目したい。(2013/3/26)

まずは平凡社「東洋文庫」:
BookLiveと三省堂書店、入手困難本に再び光を当てる事業を開始
BookLiveと三省堂書店は3月7日、書店で入手困難な書籍を紙と電子の両方で販売する「インタラクティブ ブック ソリューション」事業の開始を発表した。まずは平凡社の「東洋文庫」を三省堂書店オンデマンドでも取り扱う。(2013/3/11)

絶版本を紙でも電子でも BookLiveと三省堂が新事業
絶版本など入手困難な書籍を紙と電子の両方で復元して販売する事業をBookLiveと三省堂書店が始める。(2013/3/7)

CMT CONNECTIONレポート:
電子出版でコンテンツ・ビジネスの未来はどう変わる?
漫画家の赤松健氏と、講談社から独立し作家のエージェント会社を設立した佐渡島庸平氏がパネルディスカッション。その未来を語った。(2013/3/4)

「3年奇面組」「ハイスクール!奇面組」全巻、Jコミで無料配信
新沢基栄さんによるギャグ漫画「3年奇面組」「ハイスクール!奇面組」がJコミで無料公開。(2013/2/17)

名作・良作映画を厳選したVOD「キネマ旬報CHANNEL」スタート――初月無料キャンペーンも実施
アクトビラは、キネマ旬報DDが新たに手掛けるVODサービス「キネマ旬報CHANNEL」を独占配信。「月はどっちに出ている」「橋のない川」など名作・良作映画が月額945円で見放題となる。(2013/2/5)

Kinoppyで試す:
「エロエロ草紙」など配信――文化庁 eBooks プロジェクトの可能性
「公序良俗を乱す」という理由で製本中に発禁処分を受けた「エロエロ草紙」など、現在では入手困難なものを国会図書館から電子書籍として無料で配信する文化庁 eBooks プロジェクト。動向が注目されるこの動きを追った。(2013/2/5)

ピアノ売ってちょーだい! タケモトピアノCMソングのCDリリース
赤ちゃんが泣き止むというあのCMの30分エンドレスバージョン入り。(2013/1/30)

BookLive、平凡社「東洋文庫」を先行配信――絶版書籍も電子書籍化
電子書店「BookLive!」で、平凡社「東洋文庫」の597冊を先行配信。「アラビアンナイト」をはじめとした絶版書籍なども読むことができる。(2013/1/30)


オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。