誠 総合  >  キーワード一覧  > 

ネットワーク に関する記事 ネットワーク に関する質問

「ネットワーク」最新記事一覧

「Stuxnet」マルウェアの最初の侵入先は5つ、感染手法に新たな疑問
2010年に見つかった高度なマルウェアの「Stuxnet」が、どのような手口でどこに侵入しようとしたのか――Kasperskyが4年以上の調査で特定したという。(2014/11/28)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
日本のセキュリティはなぜ米国に劣るのか?
2014年はセキュリティの出来事に沸いた一年になりそうだ。今回は日本のセキュリティの実態について専門の視点から考察してみたい。(2014/11/28)

Maker's Voice:
ボットの不正通信を遮断する機能、セキュリティソフトに新たな流れ
マルウェアによるネットバンキング詐欺や情報漏えいなどの被害が増えていることから、セキュリティソフト側で不正な通信を遮断する機能をESETが搭載した。同社のウイルスラボ責任者は、「従来の検知や駆除に加え、被害抑止も必要」と話す。(2014/11/28)

被災地でも実証実験:
“空飛ぶ電波塔”、無人飛行機を中継回線代わりに
情報通信研究機構(NICT)は、小型の無人航空機を用いた無線通信システムを「NICTオープンハウス2014」で紹介した。航空機に小型の中継装置を搭載し、ネットワークが孤立した地域の地上局と、ネットワークが生存している地域の地上局を結ぶ。農業や野生生物の分布調査にも使われている。(2014/11/28)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
格安スマホでも“アプリ取り放題”を! ソースネクストとイオンの挑戦
大手キャリアが提供しているアプリ取り放題サービスを格安スマホでも。ソースネクストが開始した「アプリ超ホーダイ」の狙いを、格安スマホを販売するイオンとともに聞いた。(2014/11/28)

FAニュース:
三菱電機、上下左右170°の超広視野角カラーTFT液晶モジュールを発表
上下左右170°の超広視野角を確保し、設置場所の多様化に対応した。高解像度、高輝度、高コントラスト比で、医療機器や工作機械用表示器など、幅広い用途に対応できる。(2014/11/28)

FAニュース:
山洋電気、ACサーボアンプに容量100〜300Aの新製品を追加
ACサーボアンプ「SANMOTION R」3E Modelのラインアップを拡充し、容量100A・150A・300Aの新製品を開発した。位置決め時間を短縮する機能を搭載し、機械のタクトタイムが大幅に削減できる。(2014/11/28)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
レッドブルレーシングのIT改革とは?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2014/11/28)

AppleのContinuity構想を体験!:
iOS 8の新機能、「Handoff」「Instant Hotspot」を使いこなそう!
最新OSを搭載したiPhone/iPadとMacは、相互の連携機能が強化されました。2つのデバイスで作業を引き継ぐ「Handoff」と、1ステップでテザリングの準備が完了する「Instant Hotspot」を試してみましょう。(2014/11/27)

NICTオープンハウス2014リポート:
JGN-X、Wi-SUN、そして“時”——NICTが作るネットワークの未来
独立行政法人 情報通信研究機構(NICT)は2014年11月27、28日の2日間にわたり「NICTオープンハウス」を開催している。ネットワーク編では現在、そして近未来のネットワークを取り上げた展示を紹介しよう。(2014/11/27)

特集:
WindowsでOneDriveを活用するためのテクニック集
容量増加と価格下落により、身近になってきたオンラインストレージ「OneDrive」。Windows環境で本格的に使いこなすのに役立つテクニックやノウハウをまとめる。(2014/11/27)

ふぉーんなハナシ:
ソーシャルゲーム時代の“チート”行為は深刻なユーザー離れをもたらすか?
プレイヤーがゲームを有利に進められるように行うチート行為が、スマホゲーム事業者に深刻な被害をもたらしそうです。(2014/11/27)

異機種混在システム状態の企業は43%、運用改善の足かせに
IDCは、国内企業の異機種混在環境の実態に関する調査結果を発表した。また、それに伴うIT部門の課題についても指摘している。(2014/11/27)

インダストリー4.0概論(前編):
インダストリー4.0に必要な“十字”の連携
「新価値創造展2014」ではインダストリー4.0をテーマとしたビジョンセミナーを開催。各界3人の有識者が登壇し、「インダストリー4.0とは何か」や「どういう価値をもたらし、どういう課題があるのか」を解説した。前編では、ドイツ連邦共和国 ザクセン州経済振興公社 日本代表部代表の尾木蔵人氏によるインダストリー4.0の概要とポイントの解説を紹介する。(2014/11/27)

SNMP悪用攻撃か、警察庁が「踏み台対策」を呼び掛け
SNMPv2に対応し、コミュニティ名が「public」に設定されている機器への不審なリクエストが急増している。(2014/11/27)

標的型サイバー攻撃の痕跡を調べるサービス、トレンドマイクロが提供
新サービスではサイバー攻撃の侵入経路を過去に遡って追跡し、脅威の侵入元を特定できるよう支援する。(2014/11/27)

無線通信技術:
まさにIoT向け、勢い伸ばすBluetooth 4.1
モノのインターネット(IoT)の追い風に乗って、Bluetooth搭載製品が大幅に増加している。約1年前に策定が完了したBluetooth 4.1は、低消費電力という特性に加え、多くのスマートフォンに搭載されている実績、メッシュ型トポロジの採用など、IoTの実現に適した規格となっている。(2014/11/27)

東京駅は「全域Wi-Fi対応」、ご存じでしたか?:
JR東日本が仕掛ける、駅を今よりもっと便利にする「秘策」
駅をもっと便利にしたい──顧客サービスのさらなる向上を目指し、JR東日本が「SDNソリューション」を導入し、JR東京駅と新宿駅で運用をはじめた。SDNを選定した経緯と理由、それは私たちにどんな効果をもたらしてくれるだろうか。(2014/11/27)

ET2014 講演リポート:
第3次ロボットブームは日本の課題を解決できるか
「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」のカンファレンスに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の坂本健一氏が登壇した。坂本氏は、現在第3次ロボットブームが到来しており、今後はサービス分野のロボット市場が急拡大すると説明。少子高齢化による労働人口の減少といった日本が抱える課題の解決に、ロボット活用が有効だと主張した。(2014/11/27)

山浦恒央の“くみこみ”な話(68):
「魅力のないゲーム」と「魅力のあるバグ」
ソフトウェア開発において「バグ」は悪者ですが、ゲームにおいては必ずしも言い切れず「魅力のあるバグ」が発生することもあります。全てのバグは悪か? そんなお話です。(2014/11/27)

FAニュース:
山洋電気、高効率・高トルクの5相ステッピングモータを開発
5相ステッピングシステム「SANMOTION F5」のラインアップを拡充し、取り付けフランジサイズ42mm角、60mm角、86mm角のステッピングモータを開発。高効率・高トルクで、半導体関連装置や医療機器、一般産業機器の高性能化に対応できるという。(2014/11/27)

FAニュース:
リコー、高精度の色測定が可能なディスプレイ検査用2次元色彩輝度計を発売
リコーのディスプレイ検査用2次元色彩輝度計「RICOH CV-10A」は、点計測タイプの色彩輝度計に比べて撮影範囲が広く、1度の撮影で最大120pt×90ptの色を検査できる。(2014/11/27)

C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2014リポート
SDNの進捗どうですか?――JR東京駅、NEXCO西日本、沖縄県西原町の先進事例
NECの年次イベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2014」から、同社が最も注力する分野の1つであるSDNに関する展示にフォーカスし、最新の事例を紹介する。(2014/11/27)

モバイルデバイス管理の可視性がさらに向上
従業員のスマホ紛失で困らないための次の一手、モバイル資産管理とは?
会社支給や私物利用を問わず、モバイルデバイスの業務利用が拡大している。端末紛失などによるリスクを最小限に抑えるために欠かせない適切な管理手法を探る。(2014/11/27)

追いついてきたHyper-V
MicrosoftとVMwareのライブマイグレーション機能を徹底比較
仮想マシンの柔軟な運用に不可欠なライブマイグレーション機能。MicrosoftとVMwareはこの領域で激しい機能競争を繰り広げている。(2014/11/27)

ニフティならではのおトクと安心 「NifMo」が“格安スマホ”じゃない理由
ニフティが開始した「NifMo」は、従来の格安SIMや格安スマホとはちょっと違うというMVNOサービス。買い物でおトクなる仕組みや、老舗ISPならではの充実したサポートを備えている。(2014/11/26)

ポータブルで楽しむ:
体験しないともったいない――ハイレゾのお誘い
今までハイレゾが気になってはいても、なかなか手を出せなかった人に――もっとも手軽に始められるポータブル機器を中心にした特集ページをオープンしました。(2014/11/26)

日本企業の課題が浮き彫りに:
アドビ、APAC地域におけるデジタルマーケティング活動の調査結果を発表
アドビ システムズ(以下、アドビ)は11月25日、アジア太平洋地域各国100名以上のマーケティングリーダーを対象に行ったデジタルマーケティング活動についての実態調査「Adobe APAC Digital Marketing Performance Dashboard 2014」の結果を発表した。(2014/11/26)

ニフティ、新MVNOサービス「NifMo」を発表 「ZenFone 5」セットで月額2497円から
専用アプリから買い物をすると、数%が還元される「NifMo バリュープログラム」も用意した。(2014/11/26)

藤沢市が語るマイナンバーに向けた情報セキュリティの勘所
2015年秋に始まる「番号制度」(マイナンバー)に向けて自治体では個人情報の保護や情報セキュリティへどのように取り組んでいるのか。神奈川県藤沢市での事例をみてみたい。(2014/11/26)

Edison対応拡張カードも続々登場:
「Edison」で盛り上がるインテル“ものづくり”気質
Maker Faire Tokyo 2014に出展したインテルが主催したワークショップでは、Edisonを使った工作ができると聞いた。開場12時だから2時間前に行けばいいよね。(甘(2014/11/26)

ビジネスニュース 業界動向:
IoT機器、やはり課題はセキュリティ
何兆個という規模でモノがインターネットにつながる時代に向かっている今、最も懸念すべき事項はセキュリティだ。米国で開催された「TSensors Summit」では、複数の専門家がセンサーネットワークのセキュリティについて見解を述べた。(2014/11/26)

ソニー、スマホ事業縮小へ 今後は「ゲーム・デバイス」を成長戦略の柱に
ソニーが投資家向けに経営戦略を説明。スマートフォン事業を縮小し、PS4などのゲームやセンサーなどのデバイスを牽引役として復活を目指す。(2014/11/26)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
情報セキュリティはガバナンスの一部――グループ企業全体としてのガバナンスが重要
「第28回 ITmedia エグゼクティブフォーラム」の基調講演に、デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所 所長の丸山満彦氏が登場。「グローバル・ガバナンス強化とセキュリティ」と題し、これからの企業のグローバルセキュリティのあり方について講演した。(2014/11/26)

FAニュース:
コンテック、Low Profile規格対応のRS-232Cシリアル通信ボードを開発
1枚で8チャネルのRS-232Cシリアル通信ポートの増設が可能で、最高92万1600bpsの高速通信ができる。チャネルごとにボーレートの設定も可能で、ボーレートの異なる多種類の機器と同時に接続・通信ができる。(2014/11/26)

FAニュース:
ブリヂストン、省エネルギー性能を付加した難燃性コンベヤベルトを開発
低燃費タイヤ「エコピア」で培ったゴム材料開発技術を応用し、難燃性を維持しながら、省エネルギー性能を付加したコンベヤベルトの開発に成功した。(2014/11/26)

サーバー移行を機にオフィス全体の最適化を:
PR:課題把握から移行後の保守運用までサーバー移行をワンストップで提供、更に業務改善を含めたオフィスの“見える化”を支援
富士ゼロックスでは、課題把握から設計・導入、移行後の保守運用も含めたワンストップのサーバー移行サービスを提供している。同社の強みは、複写機・複合機の販売で培ったノウハウと体制に基づくオフィス全体を見通した提案と運用サポートを、全国のエンジニアが均一のサービス品質で提供できることにある。(2014/11/26)

場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座(3):
工場が襲われた時、復旧に取り掛かる前に知っておくべき5つのこと
制御システムにおけるセキュリティが注目を集める中、実際に攻撃を受けた場合どういうことが起こり、どう対応すべきか、という点を紹介する本連載。3回目となる今回は、不正プログラムに感染した場合、復旧までに実際にどういった手順を踏むのが望ましいのかを解説していく。(2014/11/26)

PR:いまどきのTV番組制作は危険だらけ? 「デジタル化」に潜む“ワナ”とは
TV番組の制作現場に「デジタル化」の波が押し寄せる中、これまであまり考えられてこなかったセキュリティの課題も生まれている。「まさかこんな映像が流出するなんて……」と後悔する前に、注意すべきポイントを押さえておこう。(2014/11/26)

横断的なログ分析でマルウェアの「怪しい動き」を検出
情報を流出させる「標的型攻撃」にどう対応? 「出口」を守る注目技術
「標的型攻撃」が高度化していく中で、企業は社内ネットワークへの「入口」を完璧に守ることが難しくなりつつある。その中で注目されるのが情報を流出させない「出口対策」だ。注目技術を紹介する。(2014/11/19)

エンタープライズのためのOpenStack検討ガイド【第1回】
“オープン”以上の価値がある、OpenStackが企業で歓迎される理由
企業システムへの導入、検討が本格化しつつある「OpenStack」。だが、オープンソースはソースをオープンにしただけでは大きな価値を生まない。今OpenStackがなぜ注目されているのか、最新の動向や他技術との比較を交え解説する。(2014/11/20)

「hi-hoスマホ」第2弾に「ASUS ZenFone 5」――12月1日から提供開始
hi-hoは、SIMロックフリースマートフォン「ASUS ZenFone 5」とSIMカードのセットコース「hi-ho LTE typeD ミニマムスタートwith ZenFone 5 【LTE】」を12月1日から提供する。(2014/11/25)

ファイア・アイCTOに就任した名和氏が解説:
個人情報には見向きもしない、ロシア発のサイバースパイ活動「APT28」
ファイア・アイの最高技術責任者(CTO)に就任した名和利男氏が、ロシア政府から支援を受けた標的型攻撃と思われる「APT28」に関する説明会を開催。機密情報を狙うサイバースパイ活動に対処するため、「潜在的な脅威」を積極的に検知すると陸尉が必要だと述べた。(2014/11/25)

日本IBM、スタートアップ企業にITインフラを支援
創業から2年以内・年間売上1億円未満のスタートアップ企業を対象に、「IBM Cloud」を1年間無償提供する。(2014/11/25)

Weekly Memo:
NECは新ブランドメッセージで勢いを取り戻せるか
NECが社会ソリューション事業の拡大に向け、さまざまな施策を打ち出している。筆者は「C&Cへの原点回帰」と感じている。長らく売上高の減少が続いた同社だが、果たして勢いを取り戻すことができるだろうか。(2014/11/25)

工場ニュース:
昭和電工、マレーシアに海外初のアルミニウム鋳造工場を竣工
マレーシアにグループ初の海外アルミニウム鋳造拠点となる、アルミニウム鋳造工場が竣工した。新工場の建設により、ASEAN地域における鋳造から鍛造までの一貫生産体制が整備された。(2014/11/25)

FAニュース:
三菱電機、韓国にFA製品販売・サービス強化のためのショールームを開設
韓国・ソウルにあるMitsubishi Electric Automation Koreaの社屋内に、新たにFA製品のショールームを開設。韓国におけるFA製品の販売・サービスの強化が狙いで、2015年度にはFAシステム事業の売上高450億円を目指す。(2014/11/25)

4K8K時代に備えて:
放送局に“メディアレス”の流れ――「撮ったら即送信」でコンテンツ作りが加速
国際放送機器展「Inter BEE 2014」では、通信関連の最新技術も数多く展示されるようになっている。データ通信対応の報道用ビデオカメラや、データ転送技術を軸にした放送局用システムなどがあり、今後は記録媒体なしで撮影から放送までのワークフローを構成する放送局も増えてきそうだ。(2014/11/25)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(9):
不具合の数が幾つ以上だと、裁判で瑕疵と判断されるのか
「欠陥の数が多過ぎる」とユーザーから14億円の損害賠償を請求されたベンダー。裁判所の判断は? その根拠は?(2014/11/25)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
欧州にみるIoT活用とリスク管理への挑戦
IoT(モノのインターネット)から生まれるビッグデータを活用したイノベーションが進む一方、プライバシー/個人情報管理、サイバーセキュリティなど、リスク管理上の課題も広がりつつある。厳格なプライバシー保護政策で知られる欧州諸国はどのように対応しているのだろうか。(2014/11/26)


Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。