誠 総合  >  キーワード一覧  > 

ネットワーク に関する記事 ネットワーク に関する質問

「ネットワーク」最新記事一覧

胎児モニタへのウイルス感染の事例も… 医療機器ニュース:
医療機器にも情報セキュリティの脅威、IPAが調査報告書を公開
IPAが、医療機器に対する情報セキュリティの脅威や医療機器業界関係者の取り組み現状などをまとめた調査報告書「2013年度 医療機器における情報セキュリティに関する調査」を公開した。(2014/4/16)

コスパ抜群:
日本HP、WUXGA表示の10.1型ハイパフォーマンスWindowsタブレット「HP Omni10」
Bay Trail-T世代のWindows 8.1搭載タブレットが日本HPから登場。1200×1920ピクセル表示に対応した高精細な10.1型モデルだ。(2014/4/16)

NTT VS.ソフトバンク+KDDI 光回線の貸出問題などで対立 情報通信審議会
総務省の情報通信審議会で、NTTとNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの各代表が意見。規制緩和をめぐり、NTTグループと、それに強く反対するKDDIとソフトバンクの対立構造が鮮明になった。(2014/4/16)

FAニュース:
XP問題対応の産業用PC向けセキュリティ機能、フェニックス・コンタクトが提供
ネットワークセキュリティ機器「FL MGUARD」シリーズのオプションとして提供。外部ネットワークにつながないPCのファイルもウイルススキャンする。(2014/4/16)

新しいモノづくりの形とは:
墨田区から日本のモノづくりを活性! 新モノづくり拠点「GarageSumida」と「MEW」
墨田区の助成金プロジェクトで採択された新モノづくり拠点「Garage Sumida(ガレージスミダ)」と「MEW(ミュー)」の2拠点が公開された。これら拠点では、さまざまな人たちを巻き込んだ新しいモノづくりの形を模索する。(2014/4/16)

System Center 2012 R2で実現するクラウド的管理法(1):
PR:自社の仮想化基盤をクラウド流に管理する
「System Center 2012 R2」は、8つのコンポーネントから構成される1つの製品です。各コンポーネントが提供する豊富な機能は相互に連携しながら、企業のIT環境の運用管理を改善、効率化し、ITサービスの品質を高めます。例えば、既に多くの企業が導入している仮想化基盤の運用管理は、System Centerに組み込まれたクラウドの技術でもっと楽にすることができます。(2014/4/16)

企業向けモバイルアプリ開発・実行・管理を網羅するIBMの「MobileFirst Platform」:
PR:ユーザー操作/端末情報を“全て記録”し、UX改善、マーケティング、障害分析に生かす「モバイルDevOps」な開発とは
スマートフォン/タブレット端末の普及により利用が増加しているエンタープライズ向けのモバイルアプリケーション。身近で使用頻度が高いが故に要件の変更や品質改善などの需要が増え、よりアジャイルな開発環境が望まれる。これに対するIBMからの回答、「IBM Worklight」を中心とした「モバイルDevOps」な開発とはどんなものなのだろうか。(2014/4/16)

ショッピングと同じくらいに簡単?
本当は簡単なAmazon Web Services(AWS) 3つの活用事例を紹介
Amazonは、「Amazon Web Services」(AWS)を「Amazon.com」と同じくらい簡単に使えるようにすることを目指しているが、多くの企業は依然として「どこから始めたらいいのか」という基本的な問題に頭を悩ませている。(2014/4/16)

System Center 2012 R2で実現するクラウド的管理法(2):
PR:少人数のITスタッフで効率の良い運用管理を行うには
企業のIT基盤がオンプレミスの閉じた環境に収まらず、パブリッククラウドにまで広がろうとしている中、システム全体を把握し、それらをいかに効率良く管理できるかが、IT部門の課題となっています。「System Center 2012 R2」なら、IT環境の全階層を網羅的に監視し、運用管理タスクの自動化を促進することができます。(2014/4/16)

ワークスタイルからセキュリティまでを網羅:
PR:モバイル起点で実現するビジネスの変革と創造に「IBM MobileFirst」が効く理由
顧客獲得による収益拡大から働き方を含めた業務効率の向上まで、モバイルが企業のビジネスに与えるインパクトは無視できない状況だ。モバイルを起点にその活用を考える上ではシステムや働き方など検討すべき項目は実に幅広い。日本IBMでは企業のモバイル活用を包括的にサポートする「IBM MobileFirst」を提唱している。(2014/4/16)

OpenFlow対抗に加えてヴイエムウェアを囲い込み?:
OpFlexで進展するシスコのACIという新たなゲーム
シスコシステムズは4月15日、同社のデータセンター事業について国内で説明した。大きなニュースは、オールフラッシュストレージ「Cisco UCS Invictaシリーズ」の国内提供と、SDN技術「ACI(Application Centric Infrastructure)」に関する新展開の2つ。本記事ではACIについて、補足取材の内容を含めてお届けする。(2014/4/15)

LGエレ、スマホやタブレットとの連携を強化した「LG Smart TV」エントリー機3シリーズを発表
LGエレクトロニクス・ジャパンは「LG Smart TV」のエントリーモデルとして、3シリーズ7機種を4月中旬から順次発売する。(2014/4/15)

「世界でもこんな企業はない」「全くの約束違反」――NTTの規制撤廃に田中氏と孫氏が反対
「情報通信審議会 2020-ICT基盤政策特別部会 基本政策委員会(第4回)」にて、NTT、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのヒアリングを実施。NTTの規制撤廃が論点となり、KDDIの田中社長とソフトバンクの孫社長が“共闘”する形となった。(2014/4/15)

ソニー、85V〜49V型液晶「ブラビア」8機種発表 「4Kテレビの本格的普及目指す」
液晶テレビ「BRAVIA」新製品として、4K表示に対応した85V〜49V型の3シリーズ8機種が発売。「顧客の選択肢を増やし、4Kテレビの本格的な普及を推進する」としている。(2014/4/15)

「ポートのランダム化」などの対策を強く推奨:
キャッシュポイズニング攻撃によるアクセス増加、JPRSが注意喚起
日本レジストリサービスは2014年4月15日、日本の大手ISPにおいて、「カミンスキーアタック」によると思われるアクセスが増加していることを踏まえ、ソースポートのランダム化などのキャッシュポイズニング攻撃対策を取るよう注意を呼び掛けた。(2014/4/15)

日本オラクル、「ガバメント・クラウド」向けソリューションを発表
日本オラクルが、政府・公共機関のクラウド環境構築を支援する取り組みを発表した。(2014/4/15)

富士通研究所、遠隔操作マルウェアを検知する新技術を開発
組織内に潜伏した遠隔操作マルウェアを迅速に検知する技術を富士通研究所が開発。端末2000台規模のネットワーク環境で遠隔操作に関わる全ての通信を検知できたという。(2014/4/15)

日本HP、7種類のセキュリティコンサルティングサービスを展開
セキュリティ担当者の人材不足などによる情報リスク対応の課題解決の支援に向け、「セキュリティコンサルティング」サービスを拡充する。(2014/4/15)

MEDTEC Japan 2014:
IEEE802.11ac Draft2.0対応、サイレックスの無線LANモジュール
サイレックス・テクノロジーは、IEEE802.11ac Draft2.0対応の無線LANモジュール「SX-PCEAC」を展示した。大容量のデータをワイヤレスで高速に伝送することを可能とする。同社は国産メーカーとして、高い品質の無線LANモジュールを供給してきた。生体計測機器分野においても多くの導入事例を持つ。(2014/4/15)

FAニュース:
アズビル、プラント用の高機能版スマート・バルブ・ポジショナを販売開始
従来品の調節弁診断機能、現場操作性や制御システムネットワークとの統合性を強化した。(2014/4/15)

NEWS
IT機器のベンチマークテストを実施する会員制サービス「@benchmark」を提供開始、東陽テクニカ
東陽テクニカとパステル・ネットワークスは2014年4月15日、会員制のIT機器ベンチマークテストサービス「@benchmark」を提供開始した。全会員が検証結果を閲覧・再利用でき、情報交換の場となる会員専用SNSを設置する。(2014/4/15)

リアはワイヤレス:
ソニー、磁性流体スピーカー搭載の5.1chサラウンドシステムにブラックモデルを追加
ソニーは、磁性流体スピーカーを搭載したリアル5.1chホームシアターシステム「BDV-N1B」を5月末に発売する。ヘアライン調の外装に身を包んだ“漆黒モデル”だ。(2014/4/14)

車載半導体:
車載情報機器の映像伝送はSTPから同軸ケーブルへ、マキシムがSerDesで両対応
Maxim Integrated Products(マキシム)は、車載情報機器向けSerDes(シリアライザ/デシリアライザ) ICとして、接続ケーブルにSTPと同軸ケーブルの両方を利用できる「GMSL SerDesチップセットファミリ」を発表した。(2014/4/14)

買収したStonesoftの技術を統合:
マカフィー、検知回避防止機能を持つ次世代ファイアウォール製品を発表
マカフィーは同社のセキュリティフレームワークに基づく、次世代ファイアウォールを発表した。組織を狙う標的型攻撃から防御する機能を搭載し、多数の拠点を持つ企業や地方自治体での導入を狙う。(2014/4/14)

検知回避の攻撃も遮断、マカフィーが次世代ファイアウォール投入
マカフィーが2013年買収のStonesoftをベースとする次世代ファイアウォールを発表。「AET」と呼ばれる高度なセキュリティ対策回避攻撃に対処する。(2014/4/14)

無線通信技術 Bluetooth World:
IoTではZigBeeよりもBluetooth? 注目技術が勢ぞろい
Bluetooth技術のカンファレンス「Bluetooth World」が米国で開催された。BluetoothとZigBeeはよく比較されるが、モノのインターネット(IoT)分野ではBluetoothの勢いの方が強いようだ。(2014/4/14)

Windows Server 2003の脆弱性を仮想パッチで保護、日立ソリューションズが新サービス
日立ソリューションズは、Windows Server 2003向けの脆弱性保護サービスを開始する。個別要件に基づく仮想パッチも提供する。(2014/4/14)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
組織内できちんと仕事をしてきたのに切り捨て対象に……30代社員に迫る危機
企業が行う社員教育として、新人研修以上に費用がかかっていたのが中間管理職の育成「でした」。過去形になってしまった理由はなぜなのか、そして該当する社員が今すぐすべきこととは。(2014/4/14)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Office for iPadだけじゃない――iOSやAndroidでWindows系サービスを賢く使う方法
「Office for iPad」無償公開のニュースを知って、「MicrosoftもついにiPhoneやiPad向けアプリを出してきたか」と思った方は少なくないだろう。しかし、Microsoftは以前からWindows系サービスを便利に使うためのiOS/Androidアプリをいくつも提供している。今回はこうしたアプリを見ていこう。(2014/4/14)

主要なキャパシティープランニングツールも紹介
仮想サーバのキャパシティープランニング、よくある失敗例
サーバ1台に1つのアプリケーションしか稼働していない物理環境と違い、複数のワークロードを実行する仮想環境ではリソースの使用量や性能が安定しにくい。キャパシティープランニングのよくある失敗例をまとめた。(2014/4/14)

津田建二の技術解説コラム【入門編】:
PR:半導体の基礎知識(3)――IoTに見るマイコンとアナログの周辺
最近は、IoT(Internet of Things)という言葉をよく耳にします。IoTは、インターネットにつながるモノを指したり、あるいはその技術やシステム体系を指したりします。要は、モノがインターネットにつながる時代に入ったと認識することがこれからのビジネスや成長を考えるうえで重要なのです。今回は、IoTのセンサー部分を担うモノの基礎技術を紹介します。(2014/4/14)

「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【第5回】
アプリ識別だけじゃない、次世代ファイアウォールの主要機能とは?
次世代ファイアウォールの機能はアプリケーション識別だけではない。本稿は、その他の主要機能を紹介する。(2014/4/14)

ESEC2014 開催直前情報:
「The Internet of Things starts here.」――インテルが描くIoTの世界とは
“End to end”のIoT(Internet of Things)プラットフォームを訴求するインテル。「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」では、インテルが描くIoTの世界を、デバイス、ソフトウェア、サービスといったカテゴリーごとに紹介するとともに、間もなく登場する新製品なども披露する。(2014/4/14)

リモート視聴にも対応:
デザインを選べる4Kビエラ、「AX800シリーズ」登場
パナソニックは液晶テレビ“VIERA”(ビエラ)の新製品として、4Kパネルを搭載する「AX800」シリーズ3機種5モデルを発売する。後方に3度傾斜した「スラントデザイン」を採用したモデルも。(2014/4/11)

NEC、SDN対応の共通基盤向け統合型システムを発売
仮想化環境の統合やクラウド基盤が構築可能な「Cloud Platform Suite」をSDN(Software-Defined Networking)に対応させた。(2014/4/11)

ラティスセミコンダクター ECP5ファミリ:
小型で低コストと低消費電力を達成、量産用途向けミッドレンジFPGA
ラティスセミコンダクター(以下、ラティス)の「ECP5」ファミリは、通信システムなどに搭載されるASICやASSPの機能を補完するコンパニオンチップとして仕様を最適化したFPGAである。競合メーカーの同等機能品に比べて、価格は最大40%安く、消費電力は最大30%の削減を可能とした。(2014/4/11)

アサヒ、東南ア乳飲料を強化 マレーシア大手を240億円で買収
買収金額は約240億円。エチカが持つ各国のネットワークを活用し、これまで拠点がなかったベトナムも含め、東南アジア諸国での飲料事業を強化する。(2014/4/11)

製造マネジメントニュース:
柏から世界へ! 三井不動産がオープンイノベーション拠点を設立
三井不動産は、柏の葉スマートシティ(千葉県柏市)の中核街区において、オープンイノベーション拠点として「KOIL(柏の葉オープンイノベーションラボ)」を開業する。同施設内にはコワーキングスペースなどの他、3Dプリンタやレーザーカッターを備えた「KOILファクトリー」を用意する他、“エンジェル投資家”からベンチャー企業が投資を受けられる仕組み作りなども行うという。(2014/4/11)

基礎から分かるActive Directory再入門(1):
Active Directoryはなぜ必要なのか
本連載では「Active Directoryとは?」「なぜ、Active Directoryを使う必要があるのか?」などをあらためて考察し、より効果的に運用するための方法を探っていく。(2014/4/11)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第18回 Facebook 動画広告始まる――「自分に合う相手を“探す”」から「より相手に合う“伝え方”」へ
マーケティング活動ROI最大化のためには、ソーシャルメディアの活用が必須である。これまでこの連載を通じて、ブランドに対するサイレントマジョリティの声の活性化が現代のマーケターにとっては必須のミッションとなっていることを訴えてきた。今回は、そんなマーケターにとっての新しい“支援ツール”となるであろう「Video Ads」(Facebook)を紹介したい。デジタルマーケティングの世界におけるソーシャルメディア+動画広告の波は、これからさらに活発化するだろう。(2014/4/11)

ふぉーんなハナシ:
1年働いて分かったモバイル業界の“分かりにくさ”
入社後、ガジェット編集記者として働いて1年。振り返ってみて気付いたことは、「モバイル業界って分かりにくいな」ということでした。(2014/4/10)

チェック方法まとめ:
OpenSSLの「Heartbleed」脆弱性は2年前から存在、「最悪のケースを想定して対処を」と専門家
オープンソースのSSL/TLS実装「OpenSSL」に見つかった情報漏えいにつながる脆弱性の影響が拡大。専門家は「最悪のケース、つまり秘密鍵の漏えいを想定して対処すべき」と述べている。(2014/4/10)

組み込み開発ニュース:
ロームとアットマークテクノがEnOcean対応のIoTゲートウェイ向け開発キットを共同開発
ロームとアットマークテクノは、自己発電型の無線通信ネットワーク規格「EnOcean」を活用したIoT(Internet of Things:モノのインターネット)ゲートウェイ向け開発キット「CS-A420W-ENOCEAN」を共同開発し、販売を開始した。(2014/4/10)

Windows 8.1クロスロード:
第10回 Windows 8.1 Updateで改善されたマウス操作
Windows 8.1の機能を若干改善する「Windows 8.1 Update」がリリースされた。スタート画面やWindowsストアアプリにおいて、主にマウスでの操作を行いやすくする機能が追加されている。その内容を紹介する。(2014/4/10)

京セラ、DIGNO Mベースのスマートフォン「IQX KEN」をタイで発売
京セラが、KDDIから発売されている「DIGNO M」をベースとしたスマートフォンをタイで4月から販売する。(2014/4/10)

最適な広告戦略可能に:
アップベイダー、動画広告配信サービスと広告効果測定ソリューションとの連携を開始
動画広告の効果測定で、最適な広告戦略のプランニングへ――。アップベイダーは、同社の提供する動画広告配信サービスで広告効果測定ソリューションツールを使えるようになったことを明らかにした。(2014/4/10)

便利さを少し手放して生きることの大切さ
さまざまな技術によって便利になっている現代の生活。しかし、その技術に頼りすぎることによって起こるさまざまな弊害もあります。今回は、そんな現代社会の弊害を乗り越えるために日々気をつけるべきポイントを紹介します。(2014/4/10)

Google Cloud Platformの機能を拡張
その名も「Andromeda」、GoogleのSDNコントローラーとは?
「Google SDN」が成長を続け、今ではネットワーク、ストレージ、コンピューティングのインフラを「Google Cloud Platform」にオンデマンドで提供できる拡張性を備えるまでになってきた。(2014/4/10)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年3月版:
遠隔操作ウイルス事件でフォレンジックを考えた
2014年3月、注目が集まったのは遠隔操作ウイルス事件。この事件から「フォレンジック」の信頼性が議論されました。(2014/4/9)

1ミリ秒でも早く〜次世代Web技術が支えるこれからのEコマース(4):
アマゾンと楽天――大手Eコマースサイトを裏側で支えるCDN
Eコマースサイトにおいて、コンテンツ配信ネットワークの利用は日常化しています。ブラウザー型解析ツールの「HttpWatch」とオンライン解析ツールの「robtex.com」を使い、その裏側に迫ってみましょう。(2014/4/10)


オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。