誠 総合  >  キーワード一覧  > 

新車販売台数 に関する記事 新車販売台数 に関する質問

「新車販売台数」最新記事一覧

じわり転換:
王者トヨタに焦り? 燃料電池車の早期発表はEVへの“牽制球”
電気自動車(EV)を巡り、「エコカー王者」のトヨタ自動車が思わぬ“誤算”に見舞われた。トヨタはEV普及に懐疑的だったが、販売はここにきて盛り返しており、次世代エコカーを巡る覇権争いに名乗りを上げているのだ。(2014/7/16)

ビジネスニュース 企業動向:
トヨタ、パナソニックなどが採用する音声認識/合成技術のニュアンスが事業説明会
ニュアンス コミュニケーションズ(以下、ニュアンス)は、車載分野に向けた事業戦略について記者説明会を開催した。コアとなる音声認識や音声合成の技術をベースに、アプリケーションや開発環境、サービスまでトータルで提供している。車載システムに最適化された音声インタフェースを採用することで、運転中であってもより安全に、さまざまな情報やサービスを受けることが可能となる。(2014/3/19)

史上最高のハイパーカーも完売:
媚びないフェラーリが教えてくれる「勝ち残る法則」
欧州の債務危機に影響を受けた国で、新車の販売台数が減少している。そんな状況でも史上最高の業績を上げ、注目が集まっている企業がある。イタリアが誇るフェラーリ社だ。注目されるのは業績ではなく……。(2014/1/8)

自動車関連の保険と税制の見直しについて――認知は半数以下
2013年4月から自賠責保険の保険料が見直されたが、このことを知っている人はどのくらいいるのだろうか。20〜60代のプチバン所有者に聞いた。イード調べ。(2013/7/1)

転職したい会社は? 「グーグル」が4年連続でトップ
若いビジネスパーソンはどの会社に転職したいと考えているのだろうか。22〜34歳の働く男女に聞いた。DODA調べ。(2013/6/18)

分野別 転職市場状況:
電気・電子/機械メカトロ分野共に求人情報の裾野が拡大中
2013年5月時点の転職市場状況を紹介。電気・電子分野と機械メカトロ分野では、自動車業界を中心に求人数が増加中だ。製品のバリエーションを増やすため、製品開発職の採用が目立つようになってきた。(2013/5/10)

2月の新車販売はアクアが5カ月連続トップ、日産ノートも好調
日本自動車販売協会連合会などは、2月の新車販売ランキングを発表。トップは5カ月連続でトヨタ自動車の「アクア」だったが、2012年9月に発売された日産自動車「ノート」も好調を維持している。(2013/3/6)

1月の新車販売はアクアが4カ月連続トップ、日産車も好調
日本自動車販売協会連合会などは、1月の新車販売ランキングを発表。トップは4カ月連続でトヨタ自動車の「アクア」だったが、日産自動車の「ノート」や「セレナ」の躍進も目立った。(2013/2/6)

2012年の新車販売、プリウスが4年連続トップ
日本自動車販売協会連合会などが発表した新車販売ランキングによると、12月のトップはアクアだったが、2012年トータルではプリウスとなった。(2013/1/10)

11月の新車販売、アクアが2カ月連続でトップ
日本自動車販売協会連合会などは、11月の新車販売ランキングを発表。9月まで16カ月連続でトップだった「プリウス」を抜いて10月にトップになったアクアが、11月もその座を守った。(2012/12/6)

10月の新車販売、アクアがプリウスを抜き初の1位に
日本自動車販売協会連合会などは、10月の新車販売ランキングを発表。前月まで16カ月連続でトップだった「プリウス」が3位にランクダウンし、アクアが1位となった。(2012/11/6)

9月の新車販売台数、2代目効果で日産「ノート」が4位に
日本自動車販売協会連合会などは、9月の新車販売ランキングを発表。9月に2代目が販売開始した日産自動車「ノート」が4位にランクインした。(2012/10/4)

7月の新車販売台数、アクアの好調さが目立つ
日本自動車販売協会連合会などは、7月の新車販売ランキングを発表。トヨタ自動車の「アクア」が4カ月連続で「プリウス」に次ぐ2位にランクインした。(2012/8/6)

6月の新車販売台数、「プリウス」「アクア」が3カ月連続でワンツーに
日本自動車販売協会連合会などは、6月の新車販売ランキングを発表。3カ月連続で、トヨタ自動車の「プリウス」が1位、「アクア」が2位となった。(2012/7/5)

5月の新車販売台数、11年12月発売の「アクア」が僅差の2位に
日本自動車販売協会連合会などは、5月の新車販売ランキングを発表。2011年12月に発売されたばかりのトヨタ「アクア」が、12カ月連続トップの「プリウス」にわずか698台差にまで迫る2位となった。(2012/6/7)

4月の新車販売台数、11年12月発売の「アクア」「NBOX」が2・3位に
日本自動車販売協会連合会などは、4月の新車販売ランキングを発表。ともに2011年12月に発売されたばかりのトヨタ「アクア」が2位、ホンダ「NBOX」が3位に入り、新しい流れを感じさせるランキングとなった。(2012/5/8)

車載半導体 市場動向:
2020年の車載半導体市場は2011年比2倍の403億ドルに、年平均成長率は7.8%
矢野経済研究所の調査によれば、2020年の車載半導体の世界市場規模は、2011年の約2倍となる403億米ドル(約3兆2700億円)まで成長する見込みだ。(2012/4/19)

2011年度の新車販売台数、トヨタ「プリウス」が3年連続トップ
日本自動車販売協会連合会などは、3月の新車販売ランキングを発表。トヨタ「プリウス」が4万5496台と、初の4万台越えで10カ月連続のトップ。2011年度で見ても、プリウスが31万484台で3年連続トップとなった。(2012/4/5)

復刻してほしいバイク、トップはスズキ「GSX1100Sカタナ」
ここ数年、新車販売台数は減少傾向にあるものの、通勤の足として使われることも多いバイク。バイク乗りに復刻してほしいバイクを聞くと、トップはスズキ「GSX1100Sカタナ」だった。バイク王 バイクライフ研究所調べ。(2012/4/4)

ボルボが再び日本市場で売れ始めた理由とは何か?
1990年代には年間2万台以上を販売していたものの、2009年には約6000台まで落ち込んだボルボ。2011年、前年比51%増という躍進で、新規登録台数がドイツ4メーカーに次ぐまでに回復した理由を日本法人社長に聞いた。(2012/3/16)

2月新車販売台数、トヨタ「アクア」が2万台超えで4位に
日本自動車販売協会連合会などは、2月の新車販売ランキングを発表。トップは9カ月連続でトヨタ「プリウス」だったが、2011年12月に登場したトヨタ「アクア」が4位にランクインした。(2012/3/6)

1月新車販売台数、トヨタ「アクア」とホンダ「N BOX」が好調なスタート
日本自動車販売協会連合会などは、1月の新車販売ランキングを発表。トップは7カ月連続でトヨタ「プリウス」だったが、2011年12月に登場したトヨタ「アクア」とホンダ「N BOX」が上位にランクインした。(2012/2/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
順調な雇用の回復や景況感の好転を受けて大幅高
(2012/2/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
予想を下回る経済指標や欧州金融不安で続き冴えない展開
(2012/2/1)

震災で打撃は受けたけど……2011年の新車販売台数、トップはトヨタ「プリウス」
日本自動車販売協会連合会などは、12月の新車販売ランキングを発表。トップは7カ月連続でトヨタ「プリウス」で、通年でも震災で生産が滞ったハンデをくつがえして1位となった。(2012/1/11)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
好決算発表や商品相場高、欧州金融不安が薄れたことから堅調な展開
(2012/1/11)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
スペイン問題が取りざたされるも個人消費が引き続き好調
(2012/1/5)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
世界的な経済指標の好転で景気鈍化懸念が薄れて大幅高
(2012/1/4)

11月新車販売台数、3か月連続で前年比プラスに
日本自動車販売協会連合会などは、11月の新車販売ランキングを発表。普通車のランキングは上位3車種は6カ月連続で同じだったが、軽自動車では「ミラ e:S(イース)」の発売でダイハツ工業「ミラ」が2か月連続でトップとなった。(2011/12/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
買い先行となるもユーロ圏の政府格付けの引き下げ懸念から上げ幅縮小
(2011/12/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
金融緩和が進み、米雇用機前期待も強まり、大幅高
(2011/12/1)

10月新車販売台数、イースのヒットでダイハツ「ミラ」が軽自動車トップに
日本自動車販売協会連合会などは、10月の新車販売ランキングを発表。普通自動車のランキングは特に変動はなかったが、軽自動車では「ミラ e:S(イース)」が好調なダイハツ工業「ミラ」がトップに立った。(2011/11/7)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
G20への失望感やギリシャ政局の混迷などを嫌気して軟調
(2011/11/7)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
欧州金融不安や米金融機関の破産法適用、ドル高による大幅安
(2011/11/1)

井上久男の「ある視点」(7):
メイド・バイ・ジャパンのクルマが売れなくなった――中国高級車市場でドイツに負ける理由
中国でドイツの高級車メーカーが多大な利益を稼ぎ出している。世界最大の高級ブランド市場に成長しつつある中国で、実は日本車が売れなくなってきているようだ。その理由を探る。(2011/10/25)

9月の新車販売台数、13カ月ぶりに前年同月比でプラスに
日本自動車販売協会連合会などは、9月の新車販売ランキングを発表。1位のトヨタ自動車の「プリウス」の販売台数が14カ月ぶりに3万台を超えるなど好調だったことから、新車販売台数全体でも13カ月ぶりに前年同月比でプラスとなった。(2011/10/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
予想を上回る指標の発表やM&Aのニュースなどを受けて大幅高
(2011/10/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
中国景気鈍化懸念や欧州金融不安も根強く大幅下落
(2011/10/3)

8月の新車販売台数、生産回復でプリウスが3カ月連続トップ
日本自動車販売協会連合会などは、8月の新車販売ランキングを発表。震災の影響が色濃く残る中、トヨタ自動車の「プリウス」が、「プリウスα」の納車が進んでいることもあって、1年ぶりに前年同月比でプラスとなった。(2011/9/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
レーバーデーで休場
(2011/9/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
雇用統計の発表や3連休を控えた手仕舞い売りに押されて大幅下落
(2011/9/2)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
利益確定売りをこなして堅調
(2011/9/1)

神尾寿の時事日想・特別編:
カーシェアリングと自動車販売の意外な関係――MINI + タイムズプラスは、なぜ実現したのか
クルマを所有するのではなく、借りて使う。昨今の「クルマが売れない」風潮の一端として語られることが多いカーシェアリングだが、BMWはパーク24と協力して「MINI」を展開、大きな手応えを得ているという。(2011/8/31)

7月の新車販売台数、生産回復でプリウス・フィットが2万台超え
日本自動車販売協会連合会などは、7月の新車販売ランキングを発表。震災の影響が色濃く残る中、トヨタ自動車「プリウス」と本田技研工業「フィット」の上位2車種の販売台数が2万台を超えた。(2011/8/4)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
景気鈍化懸念が強まり、一難去っても大幅下落
(2011/8/3)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
格下げ懸念や芳しくない景気指標を受けて乱高下
(2011/8/2)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
GDPが予想を下回ったことから売られて軟調
(2011/8/1)

6月の新車販売台数、プリウスが震災前以来のトップに返り咲き
日本自動車販売協会連合会などは、6月の新車販売ランキングを発表。トップはトヨタ自動車の「プリウス」で、震災前の2月以来、4カ月ぶりのトップとなった。(2011/7/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
金融不安から手仕舞い売りに押され冴えない展開
(2011/7/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
月末・期末の買戻しも入り大幅高
(2011/7/1)


いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

9月19日発売の次世代iPhone。より大型の「iPhone 6 Plus」と同時展開となる。iWatchと呼ばれていた腕時計型端末「Apple Watch」も発表されたが、Appleのビジネス的には、Apple Watchも絡めたモバイル決済サービス「Apple Pay」の今後の展開にも注目したい。