誠 総合  >  キーワード一覧  > 

「コンビニ、ヒット商品の理由」最新記事一覧

コンビニ、ヒット商品の理由:
レッドブルが売れているワケ
2005年に日本に上陸して以来、徐々にファンを増やしている『レッドブル エナジードリンク』。日本参入当初、医薬部外品としての認可が取れずに、炭酸飲料として売らざるをえなくなったことが逆にブランドの拡大に貢献したと筆者は主張する。(2011/9/6)

コンビニ、ヒット商品の理由:
今年の夏は炭酸がアツい! 飲料市場に異変
飲料市場では例年、「お茶」「ミネラルウオーター」「スポーツ」「紅茶」の四天王がシェア上位だったが、今年の夏は「紅茶」に代わって「炭酸」がその一角に食い込む勢いだ。その背景にはどんな事情があるのだろうか。(2011/7/26)

コンビニ、ヒット商品の理由:
誕生から27年、「タカラcanチューハイ」はこう生まれた
缶入りチューハイのパイオニアである宝酒造の「タカラcanチューハイ」。1984年に発売され、現在に至るまで根強い人気を誇っているこの商品はどのようにして誕生したのだろうか。(2011/7/5)

コンビニ、ヒット商品の理由:
“朝専用”で缶コーヒー戦争に革命――アサヒ飲料「WONDA モーニングショット」
従来は顧客や味の違いによって、商品が訴求されてきたコーヒー市場。そこに“朝専用”という新たな軸を持ち込み、大成功を収めたのがアサヒ飲料の「WONDA モーニングショット」である。(2011/6/21)

コンビニ、ヒット商品の理由:
目指すは豆乳の“牛乳化”――紀文食品『調製豆乳』
コンビニや量販店で、静かな定番商品となっている紀文食品の『調製豆乳』。どのように商品開発が進められ、どのようなマーケティングが行われているのだろうか。(2011/6/7)

コンビニ、ヒット商品の理由:
消費者ニーズを徹底分析、定番商品化した「じゃがりこ」
スナック菓子の中でポテトチップスに次ぐ人気を誇る、カルビーの「じゃがりこ」。若いメンバーが消費者のニーズを丹念に確かめて開発したことが、定番商品化につながったようだ。(2011/5/10)

コンビニ、ヒット商品の理由:
“魚くさい”イメージを消した、カップゼリー「今日のくだもの」
たらみが覇権を握るゼリー市場に挑んでいるのが、「今日のくだもの」を擁するマルハニチロだ。マルハニチロはどんな差別化要因を提示して、たらみに対抗しているのだろうか。(2011/4/26)

コンビニ、ヒット商品の理由:
“食べ方”という戦場を創造――シェア95%以上、雪印「さけるチーズ」
コンビニのおつまみ売り場に並べられている「さけるチーズ」。このマーケットで雪印は95%以上のシェアを持っている。なぜ、雪印はこの分野で独走できているのだろうか。(2011/4/12)

コンビニ、ヒット商品の理由:
夕方の需要に対応、SOYJOYのシェアを奪った1本満足バー
カロリーメイトに代表される健康食品。ひと昔前は朝食需要が大きかったが、近年では夕方に購入する人も増えている。それにともない売れ筋の商品も変化しているようだ。(2011/3/8)

コンビニ、ヒット商品の理由:
大学生協でのヒットが救った――「ブラックサンダー」成長の裏側
北京オリンピックで、体操個人総合銀メダルに輝いた内村航平さんの好物であるということから消費者の認知度が高まった有楽製菓の「ブラックサンダー」。コンビニを中心に流通し、現在年間4800万個を販売しているブラックサンダー誕生の裏側をご紹介する。(2011/2/22)

コンビニ、ヒット商品の理由:
チロルチョコVS. ブラックサンダー、“ポケ菓子”市場の勝者は?
1個当たりの価格が20〜50円と低単価のお菓子である“ポケ菓子”。この市場で激戦を繰り広げているのが、チロルチョコとブラックサンダーである。両商品の戦略にはどのような違いがあるのだろうか。(2011/2/8)

コンビニ、ヒット商品の理由:
クロレッツがシェアを伸ばしているワケ
あるコンビニチェーンで、お菓子分類の売り上げの12%を占めているガム。小スペースでも陳列できることから、面積当たりの売り上げ効率もトップレベルとなっている。そのガム市場でここ数年で最もシェアを伸ばしているのがクロレッツだ。その躍進の理由とは?(2011/1/25)

コンビニ、ヒット商品の理由:
栄養ドリンクの売れ筋が季節によって違うワケ
日夜働きづめのビジネスパーソンの強い味方となる栄養ドリンク。コンビニでも飲料売り上げの10%を占めているが、その売れ筋は夏と冬で異なっている。その理由は何なのだろうか。(2010/12/22)

コンビニ、ヒット商品の理由:
チルドカップコーヒーの定番、マウントレーニアが強いワケ
コンビニで徐々に人気を拡大させているチルドカップコーヒー。中でもここ数年間、売り上げトップの座を守り続けているのが「マウントレーニア」だ。なぜ、マウントレーニアは強いのだろうか。(2010/12/8)

コンビニ、ヒット商品の理由:
フリスクがミンティアのシェアを奪っている
口臭対策や眠気対策など、ビジネスパーソンの強い味方となる清涼錠菓。その市場の2大ブランドがフリスクとミンティアである。1年前はミンティアが優勢だったが、今年になってフリスクが追い上げている。その背景にはどんな理由があるのだろうか。(2010/11/16)

コンビニ、ヒット商品の理由:
午後の紅茶×リプトン×TEA'S TEA――コンビニ紅茶戦争の勝者は?
消費不況の中でも、売り上げが好調に伸びている紅茶市場。コンビニでは、「午後の紅茶」「リプトン」「TEA'S TEA」が三つどもえで紅茶戦争を繰り広げている。(2010/10/19)

コンビニ、ヒット商品の理由:
コンビニで最も売れたチョコ、ガルボボールの秘密
コンビニのチョコレート部門で、圧倒的な強さを誇る明治製菓のガルボシリーズ。8月末に発売されたガルボボールも、当然のように売り上げランキングトップに躍り出たが、その強さの理由はどこにあるのだろうか。(2010/9/28)

コンビニ、ヒット商品の理由:
売れるための条件がそろっていた「じゃがりこ バーベキュー」
発売後すぐ、箱スナックカテゴリーの売り上げトップとなった「じゃがりこ バーベキュー」。筆者は「じゃがりこ バーベキュー」はヒットするべくしてヒットした商品だと主張する。(2010/9/14)

コンビニ、ヒット商品の理由:
Fit'sと共通点!? なぜStrideは在庫が切れるほど売れたのか
2009年度に「Fit's」が大ヒットした反動で、2010年度には苦戦を強いられていたコンビニのガムカテゴリー。そこで登場して、在庫がなくなるほどのヒットを記録したのが「Stride」だ。筆者は、Fit'sとStrideのヒットには共通点があると主張する。(2010/8/31)

新連載・コンビニ、ヒット商品の理由:
不二家「カントリーマアム 5枚入り」はなぜ売れるのか?
NEWDAYSの平均日販を日本一に押し上げたコンサルタント、笠井清志さんの新連載。第1回のテーマは不二家の看板商品「カントリーマアム」。コンビニでヒット商品となった背景には、パッケージの工夫があったようです。(2010/8/17)


バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。