誠 総合  >  キーワード一覧  > 

比較 に関する記事 比較 に関する質問

「比較」最新記事一覧

料金プラン比較:
3大キャリア・ワイモバイル・格安スマホ 一番安く使えるのはどれ?
ワイモバイルの発表により、キャリア4社の新料金プランが出そろった。端末と音声通話、データ通信をセットで使える“格安スマホ”とも比較しながら各種料金を見ていこう。(2014/7/22)

イード、東京・大阪におけるキャリア最新端末の「RBB TODAY SPEED TEST」分析リポート
イードは、スマートフォン向けスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」の計測データのうち、東京・大阪における各キャリア最新端末の通信環境比較を公開した。(2014/7/22)

Biz.Hacks:
スキャナーの第3勢力「オーバーヘッド型」3機種を徹底比較――設置スペース編
オーバーヘッド型スキャナ3機種を徹底比較する短期連載。今回は各製品の特徴をざっと紹介しつつ、各製品が必要とする設置スペースを比較する。(2014/7/22)

SIM通:
SIMの速度比較動画まとめ
MVNOのSIMではどれだけ速度が出るのでしょうか。150kbpsや200kbpsのSIMで実際にどれだけの速度が出るのかをチェックしてみましょう。(2014/7/18)

「Microsoft Office」といってもいろいろある
徹底比較:iPad vs. Windowsタブレット――“Office信者”にベストな選択は?
タブレットでMicrosoft Officeを使うなら、iPadとWindowsタブレットのどちらが適しているのだろうか。iPad版のOfficeと、Windowsタブレットで動かすクライアントPC版Officeを比較した。その結果を紹介しよう。(2014/7/18)

週間ランキング
「Surface Pro 3」ではなくあえて「2」を買うユーザーに拍手を
大きく違う「Microsoft Surface Pro 3」と前年発売の「2」を比較し、選択のポイントを探ります。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介。(2014/7/18)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
本日発売の「Surface Pro 3」を使って感じたこと――本気でタブレット市場の攻略に乗り出すマイクロソフト
マイクロソフト純正の最新Windowsタブレット「Surface Pro 3」は、歴代モデルの中でも特に大きな進化を遂げた。従来機との比較も交えながら、ファーストインプレッションをお届けしよう。(2014/7/17)

SIM通:
ドコモのカケホーダイプランと格安SIM通話付きプラン、どっちがお得?
最近増えてきた通話プラン付き格安SIM。対して、契約者数が500万を突破(7月7日現在)したドコモの通話定額「カケホーダイプラン」。いったいどちらがお得に使えるのか比較してみました。(2014/7/16)

ホワイトペーパー:
Xeroxが構築した強力なサーバ環境、応答所要時間を劇的に短縮できたわけ
Xeroxがベンダー数社のサーバを比較検討の結果、自社のクラウドサービス基盤として選んだサーバは何だったのか? 選定の経緯と導入効果を詳しく見ていこう。(2014/7/16)

ユーザー絶賛の新旧機種を徹底比較
「Surface Pro 3」 vs. 「Surface Pro 2」はまさかのいい勝負 比較で分かった選ぶコツ
「Microsoft Surface Pro 3」は前年発売の「2」と大きく違う。このため、Microsoftは競合製品として両方の販売を続けると考えられる。ユーザーはどちらのモデルを選ぶべきか。(2014/7/11)

ホワイトペーパー:
比較表:主要なモバイルOS4種のセキュリティ機能
iOSやAndroidなど、主要なモバイルOS4種のセキュリティ機能を比較し、表にまとめた。製品選定の参考にしていただきたい。(2014/7/11)

「Xperia Z2 SO-03F」ロードテスト 第3回:
「POBox Plus」でプラスされたものと失ったもの
「Xperia Z2」の日本語入力システムは、「Xperia SO-01B」から続いていた「POBox Touch」から「POBox Plus」に変更された。使い勝手はどのように変わったのか。Z1の「POBox Touch 6.2」との比較も交えながらレビューした。(2014/7/10)

仕事耕具:
うちの会社の「いいね!」と競合会社のそれを簡単に比較する方法
Facebookのいいね!やコメント、シェアの数が多い企業はどこ?――ユニークビジョンが、Facebookページの投稿ランキングを日々集計し、業種別にランキング形式で公開する「Belugaポータル」をオープンした。(2014/7/10)

ホワイトペーパー:
比較表:VMware環境に最適な「仮想マシン間HAクラスタ」製品
VMware環境に対応した「仮想マシン間HAクラスタ」の主要製品を機能ごとに比較し、表にまとめた。製品選定の参考にしていただきたい。(2014/7/9)

どっちが得か、よーく考えてみよう
Google vs. Amazon――SSDベースの高速クラウドの優劣を比較してみる
米Amazon Web Services(AWS)のユーザーは、 SSD(ソリッドステートドライブ)をベースとした新しいストレージボリューム「Amazon Elastic Block Store」(Amazon EBS)を歓迎しているが、米Googleも2014年6月中旬に同様のクラウドサービスの提供を開始した。(2014/7/9)

FAニュース:
富士電機、トップランナー基準対応の新「低圧三相プレミアム効率モータ」を発売
省エネ法に定められた基準エネルギー消費効率値を上回る製品。同社従来製品と比較してモータ損失を平均30%削減し、消費電力を大幅に減らすことができる。従来製品とはモータ枠番・取り付け寸法を同一にし、置き換えも容易になっている。(2014/7/8)

インテル、アキバで”Devil's Canyon”販売記念イベントを実施――7月19日
インテルは7月19日、最新プロセッサ「Core i7-4790K」の発売記念イベントをアキバで開催する。性能比較デモのほか、プレゼントが当たるスタンプラリーも催される。(2014/7/7)

石野純也のMobile Eye(6月23日〜7月4日):
3社横並びの新料金プラン、何が違う?/BIGLOBEの音声通話サービスにも注目
KDDIが6月25日に新料金プラン「カケホとデジラ」を発表したことで、3キャリアから音声定額+パケット定額の新しい料金プランが出そろった。サービスを開始したauとソフトバンクのプランを中心に比較した。ビッグローブが発表した音声通話SIMにも注目したい。(2014/7/4)

ホワイトペーパー:
比較表:VMware環境に最適な「vSphere HA+アプリ監視」製品
VMware環境に対応した「vSphere HA+アプリ監視」の主要製品を機能ごとに比較し、表にまとめた。製品選定の参考にしていただきたい。(2014/7/4)

Windows Server 2003移行は保守運用見直しのチャンス
主要ハードウェアメーカーのプロアクティブサポートを一挙に比較、選ぶべきサービスとは?
年々、複雑化するITインフラを自社だけで運用管理することにはもはや限界がある。特に、Windows Server 2003の移行を機に新しい機器やIT技術を導入する企業は、保守運用を見直すべきときにあるだろう。(2014/7/4)

1万円切りで8出力:
店頭でのディスプレイ比較に使えるかも――「1入力8出力 HDMI分配器」
上海問屋が、1入力8出力のHDMI分配器を発売した。価格は8999円。(2014/7/2)

Database Watch(2014年6月版):
Azureの「SQLデータベース」とSQL Serverは何が違う?/Pivotal HD 2.0
Microsoft Azureで利用できるサービスの一つ「SQLデータベース」。Azure上でSQL Serverインスタンスを利用する場合と比較して、性能・料金体系はどう違う? SQL on Hadoopを実現するPivotal HDのHAWQとは?(2014/6/30)

お得なのはどのキャリア?――3社から出そろった新料金プランを比較する
NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、KDDIから、通話定額サービスと新しいパケット定額サービスが発表された。スマホ向け通話定額サービスは月額2700円で横並びだが、パケット定額サービスやキャンペーンなどで細かい違いがある。お得なキャリアはどこか?(2014/6/30)

特選プレミアムコンテンツガイド
本格流行の前にサクッと学びたい「DaaS」活用法
VDI(仮想デスクトップインフラ)と比較されることの多いDaaS(Desktop as a Service)。仕組みや特徴にはどのような違いがあるのか。また、DaaSの最適な活用法とは? DaaS導入の成功事例から探る。(2014/6/30)

評価されたのはこのマシン
人気の「MacBook Air」と「Surface Pro 3」を徹底比較、意外な結論に納得できる?
タブレットながらキーボードを付ければノートPC並みの生産性を発揮する「Surface Pro 3」と、長く人気を維持する「MacBook Air」(2014年モデル)はどちらが購入に値するか。気になる点を徹底比較した。(2014/6/27)

【連載】マーケティングオートメーション& SFA時代に問われる「稼ぐ力」:
第1回 稼ぐ力と競争優位性の関係――日本企業の弱点を見極める
企業価値を評価する際に使用されるROE(自己資本利益率)で、日本企業と欧米の主要企業を比較すると、日本企業にはいまだ多くの課題が存在することに気がつく。端的に言って、日本企業には「稼ぐ力」が足らない。本連載第1回では、日本企業を取り巻く外部環境と考察しながら、「稼ぐ力と競争優位性の関係」を考える。(2014/6/27)

ソニーの「外からどこでも視聴」対「SLINGBOX」、リモート視聴の選び方
スマートフォンなどのモバイル機器を使い、自宅で受信したテレビ番組や録画済み番組を視聴する――いわゆるリモート視聴に関して、2種類の機材を比較した。どのような違いがあるのか。(2014/6/26)

モバイルOSのセキュリティ機能比較表をダウンロード可能
iOSとAndroid、どちらが強固? 4大モバイルOSのセキュリティ機能を徹底比較
スマートデバイスの企業利用で重要なセキュリティ対策。OSや端末に備わる標準機能で、どこまで企業ユースに耐えるセキュリティを確保できるのか。比較表で検証する。(2014/6/26)

ソフトウェアの違いより重要な問題
知っておきたい4つのLinuxディストリビューション、ユーザー目線で比較する
全てのエンタープライズサーバに最適なLinuxディストリビューションは存在しない。最適なディストリビューションは企業のニーズによって異なる。(2014/6/26)

au新料金は“横並び”? データは「スーパーお得」、音声は「少し高い気も」 KDDI田中社長
「われわれは3番目なので、他社と比較できる」――auも通話・データ定額を発表。データ定額は一部プランでドコモ、ソフトバンクより割安に抑えた一方、通話定額は2社と全く同じ料金だ。(2014/6/25)

Twitterでどんなことが話題に? コンビニコーヒー3社を比較
2013年1月にサービスを開始したセブンカフェの登場によって、コンビニコーヒーが一気に普及したが、Twitter上ではどんなことが話題になっているのだろうか。ホットリンクコンサルティング調べ。(2014/6/24)

コンシューマITの企業活用:
モバイル・クラウド時代における情報交換手段の一長一短
本連載ではクラウド・モバイル時代における従業員の安全な情報共有・交換手段の在り方について考察してきた。最終回は、従業員の情報交換手段として現在挙げられる具体的なソリューションを一覧にし、利用シーン別にそれぞれの特徴を比較・解説する。(2014/6/24)

仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【第5回】
【徹底比較】VMware対応HAクラスタ製品の機能を「比較表」で大解剖
連載を通して解説してきたVMware環境におけるHAクラスタ製品の選定ポイントを基に、「仮想マシン間HAクラスタ」と「vSphere HA+アプリ監視」を実現する主要製品の機能比較を行う。比較表は無料でダウンロードできる。(2014/6/23)

iOSにもリスクは存在、Androidとの比較報告書が公開
モバイル端末に対してよく使われる14種類の攻撃の手口をiOSとAndroidに対して試したところ、リスクは同程度だったという。(2014/6/19)

「STYLUS 1」「RX10」「FZ1000」 大型センサーの高倍率ズームデジカメ3モデルを比較する
最近、大型センサーと明るい高倍率ズームレンズの双方を備えたオリンパス「STYLUS 1」とソニー「DSC-RX10」、パナソニック「DMC-FZ1000」の3モデルをスペック面から比較してみよう。(2014/6/18)

FAニュース:
日立アプライアンス、ガス吸収冷温水器「2温水回収ジェネリンク」を発売
1台で、温度帯や流量の異なる2種類の排温水を熱源として利用できるようにした。排温水を利用しないナチュラルチラーと比較して、冷房定格運転時に、主熱源の都市ガス消費量を約25%削減できる。(2014/6/18)

ホワイトペーパー:
重複排除バックアップアプライアンス(エントリーモデル)比較表
中堅・中小企業や遠隔サイト用途など、比較的小規模な環境でも導入可能な「重複排除バックアップアプライアンス」(エントリーモデル)。9製品の重複排除機能や導入コストを比較する。(2014/6/18)

スマホで始める名刺管理2014:
スマホで名刺管理、どれが使いやすい? 5つのアプリを徹底比較
名刺管理アプリはそれぞれに一長一短があり、自分に合ったサービスを見つけるのは難しいもの。そこで「OCRの方式」「PCからの編集・閲覧」「地図連携」「パスコード対応」「業務アプリ連携」などのポイントから5種のサービスを比較してみた。(2014/6/17)

なぜか隕石やヘラジカも登場――不正一切なしの「日本一公平な銀行比較サイト」
じぶん銀行が「日本一公平な銀行比較サイト」を公開。ネット銀行と普通の銀行を一切の不正なく比較している。(2014/6/16)

旅行者の財布に優しい都市は「ハノイ」、厳しいのは?
口コミサイトを運営するトリップアドバイザーは、旅行者の出費を比較した「旅行者物価指数」を発表した。それによると、旅行者の財布に最も優しいリーズナブルな都市は「ハノイ」、最も厳しいのは……。(2014/6/13)

au WALLETの“ここ”が知りたい 第3回:
「au WALLET」はどれだけお得? おサイフケータイや他社のポイントサービスと比較してみた
「au WALLET」で気になるのは、つまるところ「どれだけお得なのか」ということ。そこで今回は、おサイフケータイと比べたときの利便性と、他社のポイントサービスよりどれだけお得なのかを検証した。(2014/6/11)

App Town ナビゲーション:
iOS向け地図ナビアプリ「MapFan+」アップデート――音声案内機能の強化や「旅比較ねっと」と連携開始
インクリメントPのiOS向け地図ナビアプリ「MapFan+」がアップデート。カーナビゲーション時に使う音声に新たなモードを追加したほか、ホテル予約アプリ「旅比較ねっと」との連携などといった機能を追加している。(2014/6/9)

津田建二の技術解説コラム【海外編】:
PR:知ってるつもりの外国事情(3)――ジャーナリストから見たエレクトロニクス広報の日米の違い
今回は少し毛色の変わった分野として、エレクトロニクス企業の広報について、日米を比較してみます。長い間、ジャーナリストという仕事をしていますと、広報部門とは長く付き合ってきました。広報は英語ではPublic Relation(PR)と言いますが、日本語でPRといえば、宣伝のことを指すことが多いようです。しかし、広報(PR)は文字通り広く知らしめるという意味で、自分の有利な方向に導く「宣伝」とは違います。米国は広報やジャーナリズムの先進国です。日本とは何がどう違うのでしょうか。(2014/6/9)

「Xperia Z2 SO-03F」ロードテスト 第1回:
Xperia Z2のバッテリーはどれだけ持つ?――Z1と比較してみた
Xperia Z1よりもバッテリー容量が増え、ドコモ計測による「実使用時間」も向上しているXperia Z2。実際のスタミナはどうなのか? Z1と比較しながら計測してみた。(2014/6/7)

周波数伝送技術:
「秒」の再定義へ一歩前進、NICTが光格子時計の大陸間直接比較実験を成功
情報通信研究機構はドイツ物理技術研究所と共同で、時間の基になる「秒」を定義する新たな基準として注目されている光格子時計について、通信衛星を用いた新手法の大陸間直接比較実験を行い、9000km離れた日本とドイツの光格子時計が625兆分の1の精度で一致したと発表した。(2014/6/6)

Office Onlineの互換性を検証する:
オンラインのOfficeサービス「Office Online」はどこまで実用になるのか?
マイクロソフトのクラウドサービス版Office「Office Online」は、Officeの代わりとしてどこまで使えるのか。主な機能などを比較してみた。(2014/6/4)

最新スマートフォン徹底比較(2014年夏モデル編):
スマホ夏モデル丸分かり比較――基本スペック、通信サービス編
2014年夏モデル14機種のスペックをまるっと比較するコーナーの第3回では、基本スペック、通信サービスについてまとめた。どんな機能が搭載されているのか見ていこう。(2014/6/4)

「きのこの山」「たけのこの里」を顕微鏡レベルで比較してみたら、普通なら気付かなそうな重要な事実が分かった
「灯台もと暗し」とはこのことだと思いました。(2014/6/3)

公正で最適な製品評価とは
セキュリティベンダーが猛抗議した製品評価リポートの内容
NSS Labsが公表した製品比較リポートがベンダーの間で物議を醸している。情報セキュリティ製品における公正で最適な製品評価の方法とは。(2014/6/3)

スマホとセットで使う場合:
ドコモのiPadは買いか?――3キャリアのiPadの端末価格と利用料金を比較する
ドコモからiPad AirとiPad mini Retinaディスプレイモデルが発売されることになり、これで3キャリアでiPadが出そろった形になる。ドコモのiPadはauやソフトバンク版と比べて安いのか? スマホとセットで使う場合を想定した料金プランを比較した。(2014/6/1)


バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。