誠 総合  >  キーワード一覧  > 

コミュニティー に関する記事 コミュニティー に関する質問

「コミュニティー」最新記事一覧

OSC2014 Tokyo/Fall:
組み込みや電子工作もオープンソースに熱視線、「OSC2014 Tokyo Fall」リポート
2014年10月18〜19日の2日間、「オープンソースカンファレンス2014 Tokyo/Fall」が開催された。このイベントはオープンソース系ソフトウェアコミュニティーのイベントのように見られがちであるが、メイカーブームの影響もあり、組み込み系や電子工作系のコミュニティーの参加も目立ってきた。そのなかでもホットな話題を提供していた、団体のセミナーやブース展示を紹介する。(2014/10/23)

ET2014 開催直前情報:
東芝が提案する、スマートコミュニティの構築に最適なソリューション
2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」において、東芝 セミコンダクター&ストレージ社はスマートメーターのリファレンスモデルと監視カメラのソリューションを展示する。(2014/10/23)

「Back」は「戻るで」? それとも「戻ろか」? Facebookの関西弁、翻訳の協力者募集中
Facebookの「翻訳コミュニティ」で、英語から関西弁への翻訳をサポートするボランティアユーザーを募集している。(2014/10/21)

モノづくり×ベンチャー インタビュー(2):
コミュニティーづくりから実戦の場へ――世田谷ものづくり学校が描く新ビジョン
IID 世田谷ものづくり学校(IID)は2014年秋から、個人のクリエイターや中小企業を巻き込んでモノづくりを産業として発展させる体制を整えている。廃校を再活用したモノづくり拠点として2004年から行ってきた取り組みを基に、今後はどのようなビジョンで活動を進めようとしているのだろうか。(2014/10/21)

エネルギー列島2014年版(27)大阪:
電力・熱・水素まで地産地消、大都市のエネルギーを分散型に
革新志向の強い大阪では、電力会社に依存しない分散型のエネルギー供給体制の構築が着々と進んでいる。電力や熱の地産地消を推進する大規模なスマートコミュニティを湾岸の埋立地に展開する計画だ。さらに関西国際空港を中心に水素エネルギーの製造・消費でも日本の先頭を走る。(2014/10/21)

ITPro EXPO 2014:
OpenStackの“中の人”が語る「Juno」の狙い、次期バージョン「Kilo」の方向性とは?
OpenStack Foundationのコミュニティマネージャー、トム・フィフィールド氏がITPro EXPO2014の講演に登場し、オープンなOpenStackコミュニティの性質をあらためて強調。ちょうどその日にリリースされたばかりの「Juno」の情報も飛び出した。(2014/10/20)

今度は「JKコミュ」 個室で女子高生の体臭嗅がせる 容疑の経営者ら逮捕・警視庁
18歳未満の女子高生に個室で男性客に体臭を嗅がせるなどさせていたとして、警視庁少年育成課は、通称「JKコミュニティー」店経営者を逮捕した。(2014/10/16)

OpenStack最前線〜ユーザ会メンバーが持ち回りで語る「OpenStackのリアル」〜(1):
ますます進化・拡大するOpenStackとOpenStackユーザーたち
@IT特集「OpenStack超入門」は日本OpenStackユーザ会とのコラボレーション特集。特集記事と同時に、ユーザ会メンバーが持ち回りでコミュニティの取り組みや、まだどのメディアも取り上げていない超ホットでディープな最新情報をコラムスタイルで紹介していく。第1回は日本OpenStackユーザ会会長 中島倫明氏が語る。(2014/10/15)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
ボストンに学ぶ市民参加型コミュニティの管理と人材の役割
市民主体の「シビックテック(Civic Tech)」を活用する自治体にとって悩みの種は、コミュニティの活性化と安定的な運用管理の両立だろう。米国の古都であると同時に新しい起業家を輩出し続けるボストンの取り組みとはどのようなものだろうか。(2014/10/14)

Redditが5000万ドルを調達 「10%をユーザーコミュニティーに譲渡して」と投資家
ソーシャルニュースサイトのRedditが5000万ドルを調達。投資家は株式の10%をRedditのユーザーコミュニティーに譲渡することを提案しているという。(ロイター)(2014/10/10)

製造IT導入事例:
導入に失敗しないPLM、ジャムコと村田製作所の場合――ACE 2014 Japan
アラスジャパンはユーザーコミュニティイベント「ACE 2014 Japan ―東京」を都内で開催。同社のオープンソースPLMである「Aras Innovator」の今後の方向性を紹介するとともに、ジャムコや村田製作所の導入事例を紹介した。(2014/10/8)

Facebookもヘルスケア市場に参入か 病気のサポートコミュニティー検討 プライバシーに懸念も
Facebookはユーザーの健康状態についても知ることになるかもしれない。同社がヘルスケア市場に参入しようとしており、さまざまな病気に悩むユーザーのためのサポートコミュニティーを立ち上げようとしているという。だがプライバシーを懸念する声も上がっている。(ロイター)(2014/10/6)

Facebook、実名ポリシーめぐりLGBTコミュニティーに謝罪 改善を約束
芸名のアカウントに実名を求めた件について、実名ポリシーの施行方法を変更すると表明した。(2014/10/2)

Facebook、LGBTコミュニティーに謝罪し、実名審査プロセス改善を約束
Facebookが、法的ではないが実生活で使っている名前で登録しているユーザーのアカウントを停止したことに対する抗議運動を受け、アカウント停止までのプロセスを改善すると約束した。実名ポリシーは継続する。(2014/10/2)

音声コミュニティー「こえ部」、サイバーエージェントに譲渡 「ガールフレンド(仮)」との相乗効果期待
カヤックが運営する音声投稿コミュニティーサイト「koebu」(こえ部)の事業をサイバーエージェントが取得。「ガールフレンド(仮)」などとの相乗効果を期待する。(2014/9/30)

目指すのは「本を媒介としたコミュニケーション」――読書メーター・赤星琢哉
さまざまに存在するWeb上の読書コミュニティーサービス。2008年オープンの「読書メーター」は、レビュー登録数が1000万件を突破するなど人気のサービスの1つだが、その軌跡と今後について同サービスを運営する赤星琢哉さんに聞いた。(2014/9/24)

“日曜開発者”にも「mBaaS」の恩恵
「スマホアプリ開発」はここまで簡単に――作業はコピペ、開発期間は数日
開発支援サービスやコミュニティーの充実により、モバイルアプリ開発のハードルが下がっている。その恩恵にあずかるのは、開発を本業としている人だけではない。(2014/9/2)

注目集める最重要キーワード
“中の人”が語る「Docker」、爆発的人気の理由は?
コンテナベースの仮想化ソフト「Docker」の人気が高まっている。Googleなど多くのIT企業が支持を表明。人気の理由や今後の開発方針をDockerコミュニティーのシニアディレクターが説明した。(2014/8/22)

【連載】ブランド戦略としての「学びのコミュニティ」:
第7回 どこでも働ける時代にオフィスビルでつながること、学べること――三井不動産が変える日本橋の今と未来
日本橋再生計画という東京を代表する都市開発プロジェクトを主導する三井不動産が、日本橋エリア内の賃貸オフィスビルの空室を“harappa日本橋”という交流スペースとしてオフィスワーカーに開放している。そこでも学びがコンテンツになり、コミュニティが成立しつつある。その実態を調べた。(2014/8/22)

マヨラー同士のコミュニティーサイト、キユーピーがオープン
マヨネーズ好きな人同士のコミュニティーサイト「キユーピー マヨネーズ ファンクラブ」がオープン。(2014/8/20)

旧イー・モバイル「つながるマップ」の委託業者が利用者情報を記録したPCを紛失
ワイモバイルは、コミュニティサイト「つながるマップ」の利用者情報を記録したPCを運営業者が紛失していたと発表した。(2014/8/18)

「QA@IT」使いこなし術(1):
ITエンジニアのための問題解決コミュニティの8つの特徴と登録の方法
「QA@IT(キューエーアットマークアイティ)」は、ITエンジニアのための問題解決コミュニティです。あなたが抱えている問題を投稿して問題を解決してみませんか。QA@ITのプロダクトオーナーが登録から使いこなし術まで徹底的に解説します。(2014/8/18)

旧イー・モバイルの「つながるマップ」ユーザー1321人分の個人情報を含むPCを紛失
旧イー・モバイルのコミュニティーサイト「つながるマップ」ユーザーの住所、氏名など1321人分の個人情報を含むPCがなくなったという。(2014/8/15)

マンガ・アニメ向けコミュニティーサービス「funnel」にまとめ機能が追加
funnel内の「ルーム」や外部のサイトの情報を活用し、特定のテーマに沿った情報収集が可能となった。(2014/8/15)

TINAMI、全国ご当地キャラの投票イベント「東西対抗 ご当地キャラ&ヒーロー大合戦」に協賛
予選で使われる4つの投票方法のうち、イラスト投稿コミュニティ「TINAMI」と連携したファンアート投票を担当する。(2014/8/13)

“コンテンツ”がコミュニティーを作る――Casa BRUTUS編集長・松原亨とピースオブケイク・加藤貞顕が考える未来の雑誌
8月8日、新宿で「編集のミライを考える」と題したトークイベントが開催。雑誌好きの学生を中心に40人以上が参加した。(2014/8/12)

小型カメラ「GoPro」を頭に装着! マイクロソフトエグゼクティブインタビューに行ってきた
開発者コミュニティ、学生へのアプローチとは?(2014/8/7)

ドコモ、コスト削減や省スペース化を実現したコミュニティサイクル実験を千代田区で開始
NTTドコモは、千代田区とコミュニティサイクル事業実証実験を開始。従来のサイクルポートに比べコストの削減や省スペース化を可能としている。(2014/8/4)

中小製造業ニュース:
東京から新たなモノづくり文化を発信――「TOKYO FABBERS」始動!
東京・渋谷周辺に拠点を置くの6つのモノづくりスペースが共同し、3Dプリンタやレーザーカッターなどを利用した個人でのモノづくりを支援するコミュニティー「TOKYO FABBERS(トーキョー・ファバーズ)」を結成した。(2014/7/30)

Google翻訳に誰でも参加できる品質向上コミュニティー「Translate Community」
GoogleのTranslate Communityは、ユーザーの言語知識をクラウドソースとして役立てるGoogle翻訳の品質向上を目的とした新コミュニティーだ。(2014/7/28)

エンジニア向けQ&Aサイト「teratail」 新技術に積極的なコミュニティー目指す
エンジニア向けQ&Aサイト「teratail」がオープンした。疑問を解決するだけでなく、新たな技術に取り組む人のコミュニティーに育てたいという。(2014/7/16)

有線通信技術 HD-PLC inside:
組込み向け「HD-PLC」規格に準拠、ロームがベースバンドIC開発
ロームは、高速の電力線搬送通信規格で組込み機器向けに規格化された「HD-PLC」insideに準拠したベースバンドIC「BU82204MWV」を開発し、サンプル出荷を始めた。M2M(Machine to Machine)やIoT(Internet of Things)、スマートコミュニティを構成する機器などの用途に向ける。(2014/6/26)

キヤノンITS、大学向け教育支援情報システムを展開
学内情報の発信や学習管理、学内コミュニティの構築機能などを備えた「in Campus」を開発。今後3年間で30校への導入を目指す。(2014/6/26)

レッドハット、「CloudForms」のベース技術をOSS化
レッドハットが自社展開するCloudFormsのベース技術をOSS化。ベーステクノロジをコミュニティに開放して、開発を促進、ユーザー層を拡大しつつ、CloudForms独自の機能開発に注力する。(2014/6/25)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(9):
スタートアップコミュニティを盛り上げるべきは誰なのか
大阪にはスタートアップ向けの立派な仕組みがあるのに、スタートアップコミュニティが盛り上がっていないらしい。原因はどこにあるのだろうか。(2014/6/17)

本当に役立つ自動録画とは?――東芝「レグザ」の「おまかせ録画コミュニティ」
東芝の「おまかせ録画コミュニティ」は、“機能”であり、“サービス”でもある。さらにその名の通りコミュニティとしての可能性も合わせ持つ、クラウド時代の自動録画だ。具体例を挙げて説明していこう。(2014/6/9)

山市良のうぃんどうず日記(7):
セーフモードでもWindows Updateしたい[その1]
コミュニティフォーラムのやりとりで「ソフトのインストールに失敗する」「更新したら正常に動かない」といったトラブルに、「セーフモードで試してみて」というアドバイスはありそうですね。でも、やってみれば分かりますが、それは簡単ではないかもしれませんよ。(2014/6/9)

和田憲一郎が語るエネルギーの近未来(1):
なぜスマートハウスが必要なのか、独自の開発を続けるプロジェクトから学ぶ
スマートハウスプロジェクトといえば、企業の研究所や事業部で進めるもの、そうでなければ国の支援を受けた大規模プロジェクトという形を採ることがほとんどだ。どちらにも制約があり、採用できる手法にも限界がある。複数の企業が技術を持ち寄って自由に研究できるプロジェクトが欲しい。横浜と福岡で進んでいる2つのスマートハウスプロジェクト(横浜スマートコミュニティ、福岡スマートハウスコンソーシアム)がそれだ。国の支援を受けたプロジェクトではない。参加企業が開発機器を持ち寄り、自ら人材を出し合って自主的に運営・活動している。どのような考えでプロジェクトを続けてきたのか、今後の見込みはどうなのか。開始から約3年が経過し、成果を生み出しているプロジェクトについて、関係者にインタビューした。(2014/5/28)

ソーシャルアドの競争熾烈:
Pinterestと電通が業務提携、米専門メディアはどう論じているか
画像共有SNS/コミュニティプラットフォームの「Pinterest」を運営するピンタレスト・ジャパン(以下、ピンタレスト)と、大手広告代理店の電通との業務提携が、2014年5月22日に発表された。(2014/5/26)

市の広報誌を官民協働事業としてリニューアル――miyazaki ebooks
電子書籍や動画を活用した広報紙にリニューアル。官民一体で地域コミュニティーの活性化を志向している。(2014/5/1)

MMRが14年ぶりに単行本を発売――『新世紀黙示録MMR Resurrection』
講談社の創作コミュニティ「プロジェクト・アマテラス」で連載していた「MMR復活編」が、14年ぶりの単行本『新世紀黙示録MMR Resurrection』として発売。2008年の読み切りも100ページ収録している。(2014/4/18)

王者たちの座談会:
PR:IBM Championsが日本の技術者に語る、啓蒙活動、コミュニティ、パートナーシップとは
IBMのパートナープログラムの一環として展開されている社外エバンジェリストプログラム「IBM Champions」。今回、5月13日(火)に六本木アカデミーヒルズで開催される「IBM Software & Cloud Innovation」に登壇する1名を含む、日本の「IBM Champions」5名に、啓蒙活動やその意義、コミュニティ活動、そしてIBMとのパートナーシップなどを語ってもらった。(2014/4/14)

サイボウズ社長の青野氏に聞いた:
開発者コミュニティサイトも開設、kintoneはどこに向かうのか
サイボウズは4月10日、kintoneの機能およびAPIの強化と開発者向けコミュニティの開設を発表した。kintoneはどういう方向に向かおうとしているのか。同社代表取締役社長の青野慶久氏に直接聞いた。(2014/4/11)

画像共有ソーシャルメディア:
Pinterest、食とファッションに注力したネットコミュニティサイト推進
言葉ではなく、画像の共有で仲間とネットコミュニティを図るPinterest。「日本の食文化」と「ファッション」の2つに注力し、行政/企業とコラボレーションしていくと発表した。(2014/4/8)

MozillaアイクCEOが就任10日で辞職 同性婚禁止法案を支持した過去に物議
3月末にMozillaのCEOに就任したブレンダン・アイク氏が、「Mozillaとそのコミュニティーのために」辞職した。同氏が過去に同性婚禁止法案を支持したことが内外で問題になっていた。(2014/4/4)

予算0円で800人規模のイベントを主催するコミュニティ「JANOG」:
自分が本当にやりたいこと
ここ数年で大きな成長を見せている技術者コミュニティ。そんな中、少し変わったイベント運営をしているコミュニティがある――。(2014/3/31)

会員証はおサイフケータイ――ドコモ、レンタル自転車サービス「baybike」を横浜で開始
ドコモは4月から、横浜のみなとみらい21地区などでコミュニティサイクルサービス「baybike」を開始する。(2014/3/28)

@IT Security Live UP! 詳細レポート:
セキュリティの達人が語るこれからの対策と課題
「@IT Security Live UP! 絶対に守らなければならないシステムがそこにはある」の速報レポートではカバーし切れなかった、第一線の専門家による基調講演や特別講演、コミュニティセッションの模様を一挙に紹介する。(2014/3/27)

「みんなをがっかりさせはしない」──Facebookに買収されたOculusの創業者が説明
Facebookと協力することで、より良い「Oculus Rift」を予定よりも早く世に出すことができるし、Oculusの企業文化が変わることはないと共同創業者がコミュニティーと従業員に向けて説明した。(2014/3/27)

和田憲一郎の電動化新時代!(12):
スマートハウスの“すでに起こった未来”――スマートセル的な作り方とは
「スマートセル」。聞きなれない言葉かもしれないが、「横浜スマートコミュニティ」に建設された研究・実験ハウスの名称だ。現在、スマートセルを使って進められている実証試験の手法は、従来のスマートハウスとはやや趣が異なる。では、一体何が異なるのか、果たして将来に向けた実証試験の進め方としてお手本となるのか。関係者に取材しその実像に迫った。(2014/3/27)


Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。