誠 総合  >  キーワード一覧  >  B

Bluetooth に関する記事 Bluetooth に関する質問

「Bluetooth」最新記事一覧

ソニー、防水ウォークマン「WS610」シリーズ発売 Bluetoothでスマホの楽曲も再生可能
ソニーがBluetooth対応の防水ウォークマン「WS610」シリーズを発表した。水泳などのシーンで利用できる。(2014/9/26)

指輪タイプのリモコンが付属:
ソニー、Bluetoothヘッドセットにもなる防水ウォークマン「NW-WS615」
ソニーが5代目となる“ウォークマンW”をリリースした。Bluetooth対応でスマホ連携を可能にしたほか、指輪タイプのリモコンで操作性もアップ。通話も行える。(2014/9/25)

カラオケ大会にも使える大音量!:
パナソニック、キャリーハンドルとキャスターを搭載したBluetoothスピーカー「SC-CMAX5」を発売
パナソニックは、迫力の大音量が楽しめるアクティブスピーカー「SC-CMAX5」を10月下旬に発売する。(2014/9/24)

カーステでスマホの音楽を楽しむ:
加賀ハイテック、Bluetoothと有線に対応したFMワイドバンドトランスミッター「MeoSound transmitter WideBand」
加賀ハイテックは、カーステレオにBluetooth接続や有線接続可能なFMワイドバンドトランスミッター「MeoSound transmitter WideBand」を9月26日に発売する。(2014/9/18)

なぜか[Command]キーもある:
Microsoft、クロスプラットフォーム(iOS/Android/Windows)のキーボードを発売へ
Microsoftが、iOS、Android、Windowsで切り替えて利用できるBluetoothキーボード「Universal Mobile Keyboard」を10月に79.95ドルで発売する。(2014/9/17)

カーオーディオだけにとどまらない:
次なる“キラーアプリ”は自動車、Bluetooth Smart
ハンズフリー通話やカーオーディオなど、自動車内においてBluetoothは既に欠かせない技術となっている。Bluetooth Smartが登場したことで、ビーコンやキーレスエントリを応用した、従来の用途にとどまらない幅広いアプリケーションを実現できる可能性が広がっている。(2014/9/17)

71年発売L100 Centuryがモチーフ:
JBL、NFCやBluetooth 3.0対応のアクティブスピーカー「Authentics」シリーズ2種
ハーマンインターナショナルは9月16日、最大300ワット出力の3ウェイスピーカー「Authentics L16」、最大120ワット出力の2ウェイスピーカー「Authentics L8」を発表、10月10日に発売する。(2014/9/16)

コントロールボックスなし:
軽量&防滴仕様、ソニーからスポーツ向けのBluetoothヘッドセット「MDR-AS800BT」
ソニーは、スポーツ向きのBluetoothステレオヘッドセット「MDR-AS800BT」を10月に発売する。(2014/9/9)

試してみたら便利すぎた:
一度使ったら手放せなくなるボックスレスBluetoothイヤホン5選
わずらわしいイヤホンのケーブルから開放されると、音楽がもっと自由に楽しめます。これから涼しくなるにつれて人口が増えるであろうランニングなどスポーツとの相性もバッチリ。(2014/9/9)

CDも聴けるコンパクトなBluetoothスピーカー:
ソニー、CDやラジオの再生機能を持つBluetoothスピーカー
BGMを流すために、なるべく小さいスピーカーが欲しいという方にうってつけの製品が登場する。(2014/9/5)

お手ごろ価格でBluetooth対応:
ソニー、NFC/Bluetooth対応の小型コンポ「CMT-SBT40」を発売
普段はCDやラジオを聴くが、スマートフォンに入っている楽曲も再生したい。機器の値段もなるべく抑えたい。そういう要望に応える製品が登場する。(2014/9/5)

低音に合わせて青色LEDがチカチカします:
ソニー、450ワット出力の大型Bluetoothスピーカー
「好きな曲はやはり大音量で聴きたい」。こういうユーザーにお薦めのスピーカーがソニーから登場する。(2014/9/5)

NFCでワンタッチペアリング:
JVCケンウッド、Bluetooth対応の小型コンポ「K-505」を発売
「きれいな音でCDを再生できて、普通にラジオが聴ければそれで満足」。こういうユーザーがまだまだ多いのは確かだが、時代は確実に移り変わっている。JVCケンウッドは小型コンポにBluetooth通信機能を搭載した製品を発売する。(2014/9/4)

ロジクール、タブレット用スタンド機能も備えたマルチデバイス対応のBluetoothキーボード
ロジクールは、Bluetooth接続対応のワイヤレスキーボード「Bluetooth マルチデバイス キーボード K480」を発表。最大3台の機器の接続をダイヤルで簡単に切り替えできる。(2014/9/4)

2台の端末スタンドにもなるBluetoothキーボード、Logitechの「K480」が50ドルで発売へ
例えば5インチのスマートフォンと8インチのタブレットを「Bluetooth Multi-Device Keyboard K480」の溝に挿し、PCあるいはMacも接続すれば、3台の画面を見ながら1つのキーボードから入力できる。(2014/9/4)

アプリ操作で針が動く:
カシオ、iPhoneとつながる“メタル×アナログ”のスマートウオッチ「EDIFICE EQB-500」
メタルケース×アナログ針仕様のBluetooth搭載ウオッチ「EDIFICE EQB-500」が登場。スマホと連携できる機能を搭載する。超省電力仕様の新開発LSIで、長時間動作も実現した。【動画を追加】(2014/9/3)

組み込み開発ニュース:
マクニカがメイカーズ向けブランド、第一弾はセンサーシールドとBTモジュール
マクニカが“メイカーズ”向けのソリューションブランド「Mpression for MAKERS」を立ち上げた。第1弾製品としてユカイ工学と共同で開発したIoTセンサーシールド「Uzuki」(ウズキ)、Bluetooth Smartモジュール「Koshian」(コシアン)を発売する。(2014/9/2)

ビートと連動するキラキラ付き:
赤・青・緑のイルミネーションが点灯するBluetoothスピーカー「Party On」
ニュマークジャパンは、ION AudioブランドのBluetoothスピーカー「Party On」を9月下旬に発売する。価格は6980円。(2014/8/28)

4KやBluetoothに対応――トレンドを取り込んだヤマハのシアターラック「ポリフォニー」新製品
ヤマハは、ラックシアターシステム“POLYPHONY”(ポリフォニー)の新製品2機種を発表した。(2014/8/28)

太陽誘電 EYSFFNZXZ/EVSFLNZXX:
Bluetooth Smartモジュールを追加、ヘルスケア機器などの設計自由度を向上
太陽誘電は、「Bluetooth Smart」に対応した無線通信モジュールとして新たに2製品を追加した。ヘルスケア/ヘルスケア機器、ウェアラブルコンピュータ、家電機器、モバイルPC向け周辺機器などの用途に向ける。(2014/8/28)

医療機器ニュース:
消費カロリーをiPhoneや4Kテレビに転送、Bluetooth LE対応の活動量計
タニタは、Bluetooth 4.0(Bluetooth Low Energy)を介してスマートフォンやテレビと連携する活動量計を発売する。現時点では、「iPhone」と、三菱電機が2014年10月に発売する4Kテレビ「REAL LS1シリーズ」に対応する。(2014/8/27)

グレー/イエロー/ブルーの3色:
IPX4の防滴かつ衝撃に強いBluetoothスピーカー「Scosche boomBOTTLE mini」
フォーカルポイントは、耐水/耐衝撃性能に優れたBluetooth対応スピーカー「Scosche boomBOTTLE mini」を発売した。(2014/8/26)

エレコム、一体型タブレット用スタンド付きのBluetoothキーボード
エレコムは、Bluetooth接続対応のワイヤレスキーボード2モデルを発表。折りたたみ式の一体型タブレットスタンドを備えている。(2014/8/26)

Firefox OS搭載の一般向け端末「Cloud FX」、1999ルピー(約3400円)で発売
インド初のFirefox OS搭載スマートフォン「Cloud FX」が約3400円で発売された。2GながらデュアルSIMで、Wi-FiとBluetoothもサポートする。(2014/8/26)

動画で360度チェック:
折り畳めるキーボードカバー付きWindowsタブを丸っとチェック――東芝「dynabook Tab S50/36M」
東芝のタブレット新シリーズとなる10.1型モデルが「dynabook Tab S50」シリーズだ。今回はBluetoothキーボードが付属した最上位モデルを動画で見ていこう。(2014/8/26)

タニタ、iPhoneや4Kテレビと連携する活動量計を発売
タニタはBluetooth 4.0を介してスマートフォンやテレビと連携する活動量計“カロリズム”「AM-160」を発売する。三菱電機が同日発表した4Kテレビ「LS1シリーズ」と連携できる活動量計だ。(2014/8/25)

タニタ、iPhoneとBluetooth通信する活動量計 消費カロリーや歩数を計測 体組成計のデータ利用も
タニタがiPhoneやテレビとBluetoothで通信する活動量計「AM-160」を9月1日に発売する。(2014/8/25)

ベンチャーニュース:
ハードウェアベンチャーを支えるBluetooth通信技術
Bluetooth規格の標準化団体であるBluetooth SIG(Special Interest Group)は、東京都内で会見を開き、「Bluetooth Smart」の活用事例などを紹介。同会見には、Bluetooth SIGのメンバー企業として、LogbarやCerevoといった、Bluetooth通信機能を搭載したIoT関連製品を開発している国内のハードウェアベンチャーも参加した。(2014/8/25)

PCにも:
クリエイティブ、2.1ch仕様の低価格Bluetoothスピーカー
クリエイティブメディアは、2.1ch仕様のBluetoothスピーカー「Creative T3250 Wireless」を発表した。(2014/8/22)

クリエイティブ、3980円のBluetoothスピーカーを発売
クリエイティブメディアは低価格のBluetoothスピーカー「Creative Woof(ウーフ) 2」をオンラインストア限定で発売する。(2014/8/22)

無線通信技術 Bluetooth:
iOSに続き「Android L」もサポート、Bluetooth Smart対応アプリの開拓に弾み
Googleは新たなAndroid OS「L」で、「Bluetooth Smart」および「Bluetoothクラシック」をネイティブでサポートする。Appleの「iOS」に続き、主要なモバイルOSがBluetooth Smartに対応したことで、システム開発が一段と加速する可能性が高まった。(2014/8/22)

Bluetoothの将来は?:
「今後最も成長するのはスマートホーム向け」Bluetooth SIG説明会
最近は運動量を計測するリストバンドなど、小さな機器がスマートフォンと通信してデータをやりとりするようになった。その背景には省電力の無線通信技術「Bluetooth Smart」がある。Bluetooth SIGは都内で説明会を開き、Bluetoothの現状と将来の進む道について語った。(2014/8/22)

NFCにも対応してます:
マクセル、厳しい環境に強いポータブルBluetoothスピーカー
充電池を搭載したポータブルスピーカーは持ち歩くことが多くなるので、多少の厳しい環境には耐えてほしい。そう思う人にお薦めのスピーカーが日立マクセルから登場する。(2014/8/21)

音ズレなし:
エレコム、テレビ用ワイヤレススピーカー「LBT-SPP20TV」
エレコムはBluetooth 4.0接続でテレビの音声をワイヤレス伝送するテレビ用ワイヤレススピーカー「LBT-SPP20TV」を9月上旬に発売すると発表した。(2014/8/19)

医療機器ニュース:
スマホと連携するリストバンド型活動計、2週間は充電が不要
東芝は、スマートフォンと連携するリストバンド型活動計を発表した。歩数や消費カロリーなどの活動量、睡眠、食事をトータルで記録、管理できる。収集したデータはBluetooth 3.0/4.0を介してスマートフォンに送信される。(2014/8/11)

マッドキャッツ、スタイリッシュデザインのBluetoothワイヤレスキーボード「S.T.R.I.K.E.M」
マッドキャッツは、Bluetooth接続対応のワイヤレスキーボード「S.T.R.I.K.E.M」を発表。指先でマウス操作ができる“OFNセンサー”も内蔵している。(2014/8/8)

ソニーモバイル、着信を振動で知らせる首掛けタイプのBluetoothヘッドセット
ソニーモバイルコミュニケーションズから、首掛けタイプのBluetoothヘッドセット「SBH80」が登場。着信時に振動して首元で知らせてくれる。(2014/8/7)

2チャンネル最上位モデル:
クリエイティブ、直販限定でBluetooth/NFC対応スピーカー「T50 Wireless」投入
クリエイティブメディアは、2チャンネルスピーカーの最上位モデル「GigaWorks T40 SeriesII」をベースにNFCやBluetoothを搭載した「Creative T50 Wireless」を発表した。(2014/8/6)

コヴィア、デュアルSIM対応の3Gスマートフォン「FLEAZ F5」を発売
コヴィアは、SIMフリースマートフォン「FLEAZ F5」を発売。スケジュールに合わせて自動切り替えできるデュアルSIM仕様やBluetoothテザリング機能も搭載している。(2014/8/6)

スケルトンボディでオシャレ:
harman/kardon、Bluetooth 3.0/DLNA対応無指向性スピーカー「AURA」
ハーマンインターナショナルは7月30日、harman/kardon製ワイヤレススピーカーシステム「AURA」(オーラ)を8月上旬に発売すると発表した。(2014/7/30)

「遅い使えない」は過去のこと:
LTEモバイルルータ「AtermMR03LN」Bluetoothテザリングの効果を試す
NECプラットフォームズの多機能LTEモバイルルータは、薄型軽量なのにバッテリー駆動時間も長い。それを実現するBluetoothテザリングの“有効度”を検証した。(2014/7/28)

この腕時計をつけて歩こう! 走ろう!:
カシオ、iPhoneのフィットネスアプリと連携する腕時計
LG G WatchやSamsung Gear Liveなど、腕に巻く情報機器が静かなブームを呼び起こしつつある。そこまで多機能ではなくても、スマートフォンと連携して、普通の時計のように使えれば……。という人もいるだろう。カシオ計算機はBluetooth Low Energyを利用してiPhoneと連携する新しい腕時計を発表した。(2014/7/25)

デザインいろいろ、JVCケンウッドから3種類のBluetoothスピーカーが登場
ケンウッドブランドのBluetoothスピーカーが3機種登場する。いずれもバッテリーを搭載したポータブルタイプで、独特のデザインが特徴だ。(2014/7/24)

近づけるだけでBluetoothペアリング:
イメーション、TDKブランドのBluetoothヘッドフォンを発表――NFCで簡単ペアリングにも対応
NFCに対応し、対応機器に近づけるだけでBluetoothのペアリングを済ませることができるヘッドフォンが登場した。(2014/7/22)

選べる6色! ワイモバイルが折りたたみPHS「CRESTIA 402KC」を発表
ワイモバイルの「CRESTIA 402KC」は、豊富な6色カラーバリエーションをそろえる折りたたみ式PHSだ。防水・防じん・耐衝撃性能も備え、スマホとのBluetooth連携も可能だ。(2014/7/17)

NFCも対応:
クリエイティブ、防水・防塵対応Bluetoothスピーカー「Creative MUVO mini」を発表
Creative MUVOスピーカーシリーズの新製品として、NFCに対応するBluetoothワイヤレススピーカー「Creative MUVO mini」が登場する。(2014/7/16)

テレビ、ときどきスマホ――オンキヨーからNFC対応のサウンドバー「SBT-200」
オンキヨーは、2Wayスピーカーを搭載したサウンドバー「SBT-200」を7月下旬に発売する。Bluetooth ver.2.1に加え、新たにNFCをサポート。(2014/7/15)

Wisetech、DIVOOMブランドのカラビナ付き防沫Bluetoothスピーカー「VOOMBOX TRAVEL」
カラビナを備えた防沫対応Bluetoothスピーカー「VOOMBOX TRAVEL」が、DIVOOMブランドで7月16日から発売される。(2014/7/14)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
Bluetooth 4.1が切り開く新しいIoTの世界――統合電子版2014年7月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2014年7月号を発行しました。Cover Storyは、全てのモノが常時つながる“あらゆるモノのインターネット”時代が本格的に到来しつつある中注目を集めているBluetooth 4.1を紹介する「Bluetooth 4.1が切り開く新しいIoTの世界――“あらゆるモノのインターネット”」です。その他、ワイヤレスジャパン 2014の展示会リポート記事なども紹介しています。(2014/7/14)

Jawbone、「MINI JAMBOX」を4062円、「UP」を3343円値下げ
Jawboneが、Bluetoothスピーカー「MINI JAMBOX」とモーションセンサ内蔵のリストバンド型活動量計「UP」を7月7日から値下げする。(2014/7/7)


いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

9月19日発売の次世代iPhone。より大型の「iPhone 6 Plus」と同時展開となる。iWatchと呼ばれていた腕時計型端末「Apple Watch」も発表されたが、Appleのビジネス的には、Apple Watchも絡めたモバイル決済サービス「Apple Pay」の今後の展開にも注目したい。