調査リポート
» 2015年07月27日 13時48分 UPDATE

世界のホテルランキング――日本は? (1/2)

旅行サイトを運営しているエクスペディア・ジャパンは27日、「世界ベストホテルランキング」を発表した。

[ITmedia]

 旅行サイトを運営しているエクスペディア・ジャパンは27日、「世界ベストホテルランキング」を発表した。ホテルを利用したことがある人に、ホテルの質や顧客対応などを評価してもらったところ、1位はバミューダ諸島の「ロイヤル パームズ」であることが分かった。2位はクロアチアの「セレンガ アパートメンツ」、3位はコスタリカの「プミリオ マウンテン & オーシャン ホテル」がランクインした。

 日本のホテルは、5位に「ドーミーイン札幌ANNEX」、9位に「沖縄ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」がランクイン。これまでの最高ランクは2011年に「ホテルモントレ京都」が5位入賞。その後、2013年に「小田急ホテルセンチュリーサザンタワー」が31位、2014年に「インターコンチネンタル大阪」が14位だったが、日本への旅行人気などが影響して、今年は2施設同時にトップ10入りした。

 しかも、選ばれた2つのホテルは、高級チェーンでもなく、東京のホテルでもなく、北海道のビジネスホテルと沖縄のニューオープンホテルという、例年にはない結果となった。

yd_hotel1.jpg 世界ベストホテルランキング(出典:エクスペディア・ジャパン)

日本の大浴場は人気

 5位にランクインした「ドーミーイン札幌ANNEX」は、利用者からどういった点が評価されたのだろうか。低価格ながら、豪華な朝食バイキングに広い部屋、そして温泉も付いているという、コンストパフォーマンの高さが高評価となった。9位にランクインした「沖縄ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」にも大浴場があることから、「海外旅行客からも日本の大浴場は人気のようだ」(エクスペディア・ジャパン)

yd_hotel3.jpg 5位にランクインした「ドーミーイン札幌ANNEX」
yd_hotel4.jpg 9位にランクインした「沖縄ホテルオリオンモトブリゾート&スパ
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ