調査リポート
» 2015年07月22日 15時51分 UPDATE

外国人に聞く、夏の日本でやってみたいこと

もし日本を訪れるなら、どのシーズンに行きたいですか? 米国、フランス、中国などの外国人に聞いたところ……。インバウンド総研調べ。

[ITmedia]
夏の日本でやってみたいこと(出典:インバウンド総研)

 もし日本を訪れるなら、どのシーズンに行きたいですか? 米国、フランス、中国などの外国人に聞いたところ「春」(72%)が最も多く、次いで「秋」(64%)、「冬」(52%)、「夏」(46%)であることが、インバウンド総研の調査で分かった。

 次に、夏の日本でやってみたいことを聞くと、「夏祭り」(79%)や「花火」(67%)といった日本ならではの定番イベントが上位に。それらに付随するように「浴衣を着る」(58%)が続いた。「外国人の目からみると、日本の民族衣装である『浴衣』を着用して、祭りを楽しみたいと考える人が多くいるようだ」(インバウンド総研)

 5位には「流しそうめん」(40%)といった日本独特の魅力を感じさせる夏の風物詩がランクイン。外国人観光客を取り込もうとする動きが活性化しつつある「ローカル鉄道」(34%)がトップ10入りした。

 日本の夏に対する印象を聞いたところ、「自国インドネシアと同じで、日本の夏は高温多湿な印象がある」(インドネシア、25〜29歳)、「とても暑い」(マレーシア、20〜24歳)など東南アジア諸国からも日本の厳しい気候に関する声があった。その一方で「浴衣を着た人や屋台のある夏祭り」(台湾、20〜24歳)や「祭り」(香港、20〜24歳)など、祭りをはじめとした独自の風習なども目立った。

 インターネットを使った調査で、米国、フランス、中国など37カ国の外国人300人が回答した。調査期間は6月12日から16日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集