コラム
» 2015年07月14日 06時00分 UPDATE

「仕事人」か「会社人」:日本人選手に決定力がないと言うあなたに (1/5)

スポーツの世界では「日本は組織力に優れているが、個人の力となるといまひとつぜい弱で、大事なところで勝ちを逃す」といったことがよく言われている。では、自分自身は「個として強い職業人」なのか。考えてみたところ……。

[村山昇,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

村山昇氏のプロフィール:

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

 人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ、管理職研修、キャリア開発研修、思考技術研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。


yd_in.jpg

 FIFA女子ワールドカップ2015を見事、準優勝で終えた日本チーム。佐々木則夫監督は帰国直後の記者会見で、今後の日本代表の最重要の課題について「個の質と個の判断を上げていかないと」と語っていました。

 サッカーに限らず、スポーツの世界では、日本は組織力には優れているが、個人の力となるといまひとつぜい弱で、大事なところで勝ちを逃すというようなことがよく言われます。負けた試合の翌日ともなれば、私たちの少なからずが批評者となり、「なんであそこでシュートせずにパスに逃げたのかね」とか「やっぱり個で突破できる選手がいないんだな」とか、「相変わらず日本は決定力がない」とか……。

 そうコメントすることも場合によっては、日本代表選手への愛余ってのことかもしれませんが、この記事では、ひるがって自分自身がどれだけ「個として強い職業人」であるのかを自問してみたいと思います。自問のポイントは次の4つです。

(1)自分は「仕事人」か「会社人」か

(2)しびれるほどのリスクを背負って何か仕掛けたことがあるか

(3)万年レギュラーポジションのダレは出ていないか

(4)定年が35歳だとしたら……

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright (c) 2016 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ