調査リポート
» 2015年06月24日 14時46分 UPDATE

時給5900円:上場企業の時給ランキング、最も高いのは? (1/2)

転職サイトなどを運営しているヴォーカーズは6月24日、「上場企業の時給ランキング」を発表した。それによると……。

[ITmedia]

 就職・転職サイトなどを運営しているヴォーカーズは6月24日、「上場企業の時給ランキング」を発表した。上場企業の有価証券報告書とサイトに投稿されたデータから、残業時間も含めた労働時間から「時給」を集計※。上場企業1196社を対象(純粋持株会社は除く)に調べたところ、「三井物産」が最も高く5900円、次いで「住友商事」(5771円)、「伊藤忠商事」(5702円)、「三菱商事」(5669円)、「丸紅」(5587円)という結果に。5大総合商社が時給ランキングにおいてトップ5を独占し、5社とも時給が5000円台後半だった。

※有価証券報告書による平均年収を、各社の標準労働時間及びサイト「Vorkers」に投稿されている平均残業時間(月間)から算出した年間勤務時間で割った金額。

 残業に関しては、業務量も多く「基本的に24時間、仕事のことを考える風潮があり、その結果高い報酬という意識がある。プライベートを充実させたい社員には冷ややかな気がする」(三菱商事、女性)といった声があった。その一方、「少し前までは夜中まで働くことも多かったが、朝型勤務制度が導入されてからは原則的に20時までに退社できる」(伊藤忠商事、男性)、「とにかくがむしゃらに長時間働くべきだという風潮は近年急速に改善されつつある」(丸紅、男性)と、ワークライフバランスに対する企業努力も高い時給に結びついているようだ。

 商社5社に続き、6位に「三菱地所」(5312円)、7位に「三井不動産」(5132円)がランクイン。財閥系2大不動産会社も5000円台の高時給だが、トップ10の中ではこの2社のみが平均残業時間が20時間台と少なめ。サイトに寄せられたコメントを見ても、就業時間がしっかりと管理されている企業文化がうかがえた。

時給ランキング(1〜15位、出典:ヴォーカーズ)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ