インタビュー
» 2015年06月24日 08時00分 UPDATE

水曜インタビュー劇場(パイロット公演):「言い間違い、聞き違い」をなくすために、パイロットは何をしているのか (1/5)

パイロットは飛行機を操縦し、お客さんを運ばなければいけないので、スタッフとのコミュニケーションにエラーが生じてはいけない。ミスをなくすために、彼らはどんな教育を受けているのか。JALでパイロットの“先生”をしている人に話を聞いたところ……。

[土肥義則,ITmedia]

水曜インタビュー劇場(パイロット公演):

 パイロットになるのはたくさんの試験があって、それをパスしなければいけない。また、視力、聴力、運動機能など身体検査を通過し、副操縦士になるのに平均5年、機長になるには10〜15年かかると言われている。数々の難関をくぐり抜けたパイロットは、コミュニケーション能力が高いのではないだろうか。地上で働くビジネスパーソンにとっても参考になる話を聞けるのではないだろうか。

 そんな興味がわいてきたので、JALに問い合わせてみたところ「数年前にあるプログラムを導入して、パイロットのコミュニケーション能力を高めています」とのこと。パイロットはどんな教育を受け、どんな判断・決断をしているのか。JALの現役パイロット(777機長)でありながら、飛行訓練の教官をされている塚本裕司さんに話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

 →えっ、予定通りに飛んでいない? 機内で何をしているのか、パイロットに聞いてきた(前編)

 →本記事、後編


国会の答弁はダメ

土肥: 前回、パイロットの仕事というのは“状況を判断して決断する”――この連続だという話をうかがいました。コミュニケーションのミスをなくすために、パイロットに言語教育のプログラムを導入されたそうですね。どんなプログラムなのか、詳しく教えていただけますか?

塚本: 「つくば言語技術研究所」というところがあって、そこは論理的な思考力を育てる環境が必要だとして、欧米を中心に展開している“language arts”を取り入れられました。弊社は「パイロットにもより質の高い会話が必要だ」と認識していましたので、2012年に言語教育技術の研修を導入しました。

 どんなことをやっているかというと、例えば「問答ゲーム」によって対話の基本を習得しています。ひとりが質問をして、もうひとりがその質問に答えるだけなのですが、そのときに「結論→理由→まとめ」という順序で話さなければいけないルールがあるんですよ。

土肥: 「なーんだ、簡単じゃないか」と思われた読者も多いかもしれませんが、意外と難しいのでは。ついつい、理由から言ってしまいそうですね。

yd_jal1.jpg (出典:日本航空)

連載が本になりました!:

yd_sasaru.jpg

 本連載「水曜インタビュー劇場」の前身「仕事をしたら○○が見えてきた」が、『ササる戦略』(三才ブックス)というタイトルで書籍化されました。

 「なぜミニストップのソフトクリームは真似されないのか?」「50年以上前に発売された『スーパーカブ』が、いまも売れている理由」など、業界が注目する12社から“ヒットの法則”を紹介しています。

 ビジネス書が苦手……という人でも大丈夫。商品を開発した人はどのような苦労があったのか。その商品を売る人はどのような工夫をしたのか。マーケティングや消費者の行動などを分かりやすく解説していますので、オススメの1冊です!

 →『ササる戦略


       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -