調査リポート
» 2015年06月18日 16時27分 UPDATE

転職希望者の84%が“ブラック面接”を経験

面接を受けて「この会社には入りたくないなあ」と感じたことはありますか? 転職希望者に聞いたところ、84%が「入社したくないと思ったことがある」と回答した。エン・ジャパン調べ。

[ITmedia]

 面接を受けて「この会社には入りたくないなあ」と感じたことはありますか? 転職希望者に聞いたところ、84%が「(面接での悪印象で)入社したくないと思ったことがある」と回答していることが、エン・ジャパンの調査で分かった。

yd_work1.jpg (出典:エン・ジャパン)

 入社したくないと思った理由として最も多かったのは「面接官の人柄・印象が悪かった」(74%)。具体的には「面接官のやる気を感じなかった」「完全にこちらに興味がないことが見て取れた」「威圧的態度」などが挙がった。「どんなに良い会社でも、面接担当者の態度や雰囲気によって採用機会の損失をしている可能性があることがうかがえた」(エン・ジャパン)。

yd_work2.jpg (出典:エン・ジャパン)

 このほか「面接官が株のデイトレードをしながら面接を行なっていた」「結婚して子どもがいるなら、パートで働けばと言われた」「学歴不問の仕事に応募したのに、大卒でないのに面接にきたことをあしらわれた」といった声があった。

 中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」の手塚伸弥編集長は「転職活動中の方の多くは、応募先の企業概要や仕事内容と関係なく、面接時に受けた対応や面接官の態度によって、辞退してしまう。またSNSなどの発達によって、インターネット上に書き込みができる今、わずか1回の面接が世の中に拡散され、炎上や会社のイメージダウンにつながるというリスクも増大している。 面接官の不用意な発言や態度が起こすリスクも認識した上で、これまで以上にしっかりとした面接を行うことが重要だ」とコメントした。

 インターネットを使った調査で、転職を希望する男女3026人が回答した。調査期間は5月9日から16日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ