ニュース
» 2015年06月16日 17時08分 UPDATE

西武鉄道、観光電車を来春から運行 秩父をテーマに全席レストラン車両

西武鉄道が2016年春の運行開始を目指し観光電車を開発。秩父をテーマに、全席レストラン車両になるという。

[ITmedia]

 西武鉄道は6月16日、2016年春の運行開始を目指して観光電車の開発に着手したと発表した。西武線の観光地・秩父をテーマに、全席レストラン車両とし、料理を味わいながら車内の時間を楽しめるという。

photo 観光電車のイメージ

 飯能〜西武秩父間を中心に運行している4000系車両をベースに、4両編成(定員52人)。秩父をモチーフとし、外観には荒川の水の流れをイメージしたデザインを採用し、内装の一部には沿線の伝統工芸品や地産木材を使用する。

 全座席で食事が楽しめるのが特徴で、車内演奏会や映画の上映会、車内での結婚式・披露宴などが開催できるスペースも備える。

photo 車両編成

 池袋〜西武秩父、西武新宿〜西武秩父、西武新宿〜本川越などで、臨時電車として土曜・休日を中心に年間100日程度の運行を予定している。貸し切り運行にも対応する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ