ニュース
» 2015年06月15日 19時24分 UPDATE

ファーストリテイリングとアクセンチュアが合弁会社 柳井会長「今までにない体験を」

「ユニクロ」などを運営するファーストリテイリングが実店舗とデジタル店舗の融合を推進する。アクセンチュアと組み、顧客に新しい買い物体験を提供していく。

[伏見学,ITmedia]

 「今まで消費者が体験したことのない買い物ができる。世界中の小売業がやったことのないものを作りたい」――。カジュアル衣料品「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長はこう意気込む。

 同社とITコンサルティング会社のアクセンチュアが6月15日に共同開催した事業説明会において、ファーストリテイリングが実店舗とデジタル店舗をシームレスにつなぐ新サービスの構想を明らかにした。これに向けて年内にもアクセンチュアと合弁会社を立ち上げる予定で、高度なIT人材の採用や育成にも力を入れる。

左からファーストリテイリングの玉置氏、柳井氏、アクセンチュア 成長市場担当 グループ・チーフ・エグゼクティブのジャンフランコ・カサーティ氏、同社 取締役副社長 執行役員 製造・流通本部 統括本部長の江川昌史氏 左からファーストリテイリングの玉置氏、柳井氏、アクセンチュア 成長市場担当 グループ・チーフ・エグゼクティブのジャンフランコ・カサーティ氏、同社 取締役副社長 執行役員 製造・流通本部 統括本部長の江川昌史氏

 実店舗とデジタル店舗をシームレスにつなぐとはどういうことか。これまでファーストリテイリングの顧客は、店舗に来る層、あるいはECサイトを利用する層が別々に存在していたという。もちろん顧客の重複はあるだろうが、実店舗では顧客を会員化していないため「顔が見えない状態」(ファーストリテイリング 玉置肇グループ執行役員CIO)だった。

 そこで実店舗とデジタル店舗にかかわるすべてを融合し、いつでもどこでも顧客が望んだ形で買い物ができる仕組みを作るのが目的である。「消費者は店舗で商品を買おうが、スマートフォンやタブレットで買おうが、まったく気にしなくなるだろう」と柳井氏は話す。

 例えば、街中でユニクロの商品を着て歩く人の写真をスマホで撮影すると、そこからすぐにアプリが立ち上がり、同じ商品をオンラインで購入できるようになるという。「これまでにはない買い物体験ができる」と柳井氏は強調する。

 ファーストリテイリングでは、こうした世界を実現すべく、顧客の要望に即座に対応できるような双方向のコミュニケーション基盤を構築するほか、商品開発や計画、生産、物流、マーケティング、店舗、販売といったあらゆる業務プロセスを一気通貫させる計画だ。

2001年からのパートナー関係

 これらの取り組みをアクセンチュアが支援する。両社は2001年にパートナーシップ契約を結び、ファーストリテイリングの基幹システム開発や運用、業務コンサルなどをアクセンチュアが手掛けてきた実績がある。今後、ファーストリテイリングのCRM(顧客情報管理)やSCM(サプライチェーン管理)といった基幹業務システムのクラウド移行や、Eコマースのプラットフォーム構築などを支援するほか、ビッグデータやクラウド、業務プロセス変革に長けたエンジニアの採用や育成にも貢献するという。

 具体的な取り組みとして、まずは2015年の秋冬シーズンから顧客情報データベースの整備や、実店舗およびデジタル店舗での買い物がうまく連携するような仕組みを作っていく予定である。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ