ニュース
» 2015年06月10日 11時28分 UPDATE

ワタミの外食事業、既存店売上高10.8%減 客数も減少続く

ワタミが5月の事業実績を発表。居酒屋チェーンを主力とする外食事業は長らくマイナス成長が続いている。

[ITmedia]

 居酒屋チェーン大手のワタミが発表した国内外食事業の2015年5月業績は依然として厳しい数字が並んだ。

3月には約10年ぶりに価格を全体的に引き下げたが……(写真は新メニュー) 3月には約10年ぶりに価格を全体的に引き下げたが……(写真は新メニュー)

 既存店の売上高は前年同期比で10.8%減、客数は同11.2%減、客単価は同0.4%増だった。業態別では「和民」および「坐・和民」で売上高が同13.4%減、「わたみん家」で同6.8%減となった。

 わたみん家では今年3月から、坐・和民や和民では4月からメニュー価格を改定し、割安感をアピールするが、いまだ客足は遠のいたままという苦しい状況だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集