ニュース
» 2015年06月08日 17時23分 UPDATE

マクドナルドの5月、既存店売上高22.2%減 16カ月連続マイナス 異物混入問題の影響強く

日本マクドナルドが2015年5月の業績レポートを発表。売上高、客数ともに前年同月比マイナスが続いている。

[ITmedia]
新商品の「ベジタブルチキンバーガー」 新商品の「ベジタブルチキンバーガー」

 日本マクドナルドホールディングスが6月8日に発表した2015年5月の既存店売上高は、前年同月比で22.2%減と、依然厳しい状況だ。マイナスは16カ月連続で、昨年7月からは2けた減の落ち込みが続いている。

 客数は14.2%減と前月から1.1ポイント改善したものの、客単価は2ポイント悪化して9.3%減。同社は「売り上げ、客数ともに徐々に改善の傾向にある」としているが、異物混入をはじめとする一連の問題の影響は先が見えない。

 販売を伸ばすため、同社は5月25日から分かりやすい価格帯と商品メニューの組み合わせを1000通り以上に拡大した「新バリューセット」を開始。併せて、「ベジタブルチキンバーガー」や「ベジタブルチキンマフィン」といった新商品を提供することで客足を取り戻したい考えだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -