ニュース
» 2015年06月08日 16時13分 UPDATE

「自転車用エアバッグ」って? 自動車用エアバッグメーカー・日本プラストが参入

自動車用エアバッグで実績がある日本プラストが、スウェーデン企業と組んで自転車用エアバッグに参入する。

[ITmedia]

 道路交通法改正で自転車の交通ルール順守に厳しい目が向けられ、自転車の安全性にも関心が高まる昨今だが、自動車部品メーカーの日本プラスト(東証2部)が「自転車用のエアバッグに参入する」と発表した。来年春の生産開始を目指すという。

photo 頭部を守る自転車用エアバッグ=HOVVDINGの公式動画より

 日本プラストは自動車用にエアバッグを製造し、大手自動車メーカーに納入する実績がある。自転車用エアバッグでは、スウェーデン企業HOVDING SVERIGEと提携。同社が製造する現モデルの製造と、次世代モデルの共同開発を進めることになった。

 自転車用エアバッグ「HOVDING」(ホーブディング)は自転車本体に取り付けるのではなく、乗る人がスカーフのように身につける。転倒すると、一般の自転車用ヘルメットの3倍以上という衝撃吸収性能を持つエアバッグが展開し、頭部を保護するという。

photo

 HOVDING社は2011年に発表し、昨年には完売。第2世代となる「HOVDING 2.0」を今年から販売し、日本市場にも進出している。価格は5万4000円(税込)と、一般の自転車用ヘルメットと比べ高価だが、国内メーカーが製造・開発を手がけることで低価格化も期待できそうだ。

 警視庁によると、全国の自転車事故による死者は14年に540人と、前年から60人減った。ただ、今年4月末時点で198人と、前年同期比から71人上回るペースになっている。

 日本プラストは、自転車分野について「大きなマーケットで今後の発展も期待できる」と有望視。“ウェアラブル(身につける)なエアバッグ”という先進性も今後の応用への足掛かりになると期待している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -