ニュース
» 2015年06月08日 14時19分 UPDATE

国産ジェット「MRJ」、地上走行試験スタート

国産初のジェット旅客機「MRJ」が初飛行を前に、地上で走行(タキシング)試験をスタートした。

[ITmedia]

 三菱航空機が開発する国産初のジェット旅客機「MRJ」が6月8日、今年9〜10月に計画する初飛行を前に、地上で走行(タキシング)試験をスタートした。

photo 離陸するMRJのイメージ=三菱航空機の動画より

 試験は県営名古屋空港(愛知県豊山町)で行われ、飛行試験機の初号機が地上移動を始めた。タキシングは離陸前と着陸後に航空機が自らの動力で地上を移動することで、試験ではタキシング時のブレーキとステアリングによる方向制御をそれぞれ確認する。

 MRJは70〜90席クラスの次世代旅客機で、燃費の向上や騒音・排出ガスの削減が特徴。これまでに全日本空輸や日本航空などから407機を受注(確定223機)している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news059.jpg
心臓、胃、大腸など約25種類:
news058.jpg
高齢者講習は4カ月待ち:
news004.jpg
キャズム理論が進化している:
news021.jpg
杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
news011.jpg
新人記者が行く(特別篇):
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -