連載
» 2015年05月12日 08時00分 UPDATE

赤坂8丁目発 スポーツ246:巨人が新外国人選手をなにがなんでも“更生”させたい理由 (1/4)

巨人の新外国人選手、ホアン・フランシスコ内野手が話題を集めている。とはいっても「いい意味」ではない。期待を裏切るプレーとグランド外の寄行によって、球団関係者は頭を悩ませている。

[臼北信行,ITmedia]

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2013年第3回まで全大会)やサッカーW杯(1998年・フランス、2002年・日韓共催、2006年・ドイツ)、五輪(2004年アテネ、2008年北京)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


 日本プロ野球界で今、1人の選手が話題を席巻している。巨人の新外国人選手、ホアン・フランシスコ内野手だ。しかし残念ながら「いい意味」ではない。期待を裏切る数々のドタバタプレーとグラウンド外での奇行によって、その能力にファンや関係者から懐疑的な目を向けられてしまっているのである。

 メジャー通算404試合、48本塁打という触れ込みで巨人と推定年俸1億4000万円の1年契約を結んだフランシスコ。そんな彼が一体、何をやらかしてしまっているのか。まずはお粗末なプレーだ。一軍デビュー戦となった5月2日の阪神戦(東京ドーム)こそ決勝適時打を放ってヒーローになったものの、それ以外はサッパリ。自慢の打撃はこの一軍デビュー戦を含め5月6日までの出場5試合で18打数3安打、11三振、打率1割6分7厘と鳴りを潜め、大ブレーキとなってしまった。

 一塁手としての守備面でも凡ミスを連発した。5月4日の広島戦では9回に平凡な飛球を捕れなかった揚げ句、インフィールドフライにも関わらず三塁走者にタッチしなかったことで本塁生還が認められてしまい、チームは赤っ恥のサヨナラ負け。5月5日の広島戦では初回に一塁後方へのファウルフライに追いつきながらも目測を誤って捕球できず、その後の大量10失点を招く元凶となってしまった。こうした守乱と拙攻によってチームに大きなダメージを与えたフランシスコは原辰徳監督ら首脳陣から5月6日に異例の早さで二軍再調整を命じられたのである。

グランドの内外で問題を起こしているホアン・フランシスコ内野手(出典:読売巨人公式サイト
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ