ニュース
» 2015年05月01日 17時43分 UPDATE

マクドナルド、特別損失で最終赤字145億円 15年1〜3月期

日本マクドナルドHDの15年12月期 第1四半期決算は厳しい数字が並んだ。当期純利益は145億円を超える赤字となった。

[ITmedia]
今期中に業績立て直しのめどは立つのか 今期中に業績立て直しのめどは立つのか

 日本マクドナルドホールディングスは5月1日、2015年12月期 第1四半期の連結決算を発表。業績回復に向けて打ち出した「ビジネスリカバリープラン」に伴い、一時的な投資および費用を50億円計上したことなどで、経常利益は111億円の赤字となった。

 マクドナルドの低迷が止まらない。全店売上高は前年同期比32.5%減の830億2900万円、営業利益は99億6200万円の赤字(前年比で123億6500万円減)、経常利益は111億2400万円の赤字(同133億1400万円減)、当期純利益は145億9400万円の赤字(同158億5700万円減)と大幅な減収減益になった。既存店売上高は前年比で32.3%減、既存店客数は同23.9%減、全店客数は24.3%減と依然として厳しい。

 フランチャイズ関連の財務施策や店舗投資などビジネスリカバリープランに伴って発生する費用は年間255億円を予定する。

 同社は2015年12月期通期の業績予想について、380億円の最終損失を見込んでいる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ