ニュース
» 2015年04月23日 11時30分 UPDATE

購入者は誰?:「ドーナツ戦争」の行方は? 調査で見えたコンビニ VS.主要チェーンの“勢力図” (1/3)

大手コンビニが相次ぎ参入している「ドーナツ市場」。ミスドなど既存チェーンを含めた勢力図は? 消費者調査の結果から読み取ってみたい。

[JMR生活総合研究所]
JMR生活総合研究所

(このコンテンツはJMR生活総合研究所「食のマンスリー・ニュースレター」2015年3月号からの一部転載です。全文はこちらから ※要無料会員登録)

購入頻度の高いコンビニレジ横ドーナツ

photo 図表1 最近半年以内のドーナツ購入有無とチャネル(以下、単位は全て%)

 昨年11月にセブン-イレブンがドーナツ販売を開始してから、約4ヶ月が経った。コンビニのレジ横ドーナツ参入により、既存のドーナツ市場がどのように変化しているかを明らかにするため、今回の調査を実施した。

 最近半年以内にドーナツを購入した人は63.0%。その中でも、コンビニでレジ横ドーナツ(従来のパンや包装されたものは除く)を購入した人は17.7%であった。購入したチャネルを確認すると、ミスタードーナツが52.1%で1位、セブン-イレブンは15.5%で4位だった(図表1)。

 購入したチャネル別にドーナツの購入頻度をみると、セブン-イレブンのレジ横やローソンのレジ横で月に2〜3日程度の購入が多く、コンビニの方がミスタードーナツと比べて購入頻度が高くなっていた(図表2)。

photo 図表2 ドーナツの購入頻度

 1年前と比較したドーナツの購入頻度の増減をみると、セブン-イレブンやローソンのレジ横での購入頻度が多くなっている。特にミスタードーナツの減った計をみると35.4%と最も高くなっている(図表3)。

photo 図表3 1年前と比べたドーナツの購入頻度の増減

調査方法

調査期間:2015年3月17日〜3月20日

調査対象:20-69歳男女個人1,023s

調査手法:インターネット質問紙調査

調査主体:JMR生活総合研究所


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集