ニュース
» 2015年04月22日 18時59分 UPDATE

スカイマーク、ANAとインテグラルが共同支援 出資総額180億円

民事再生手続き中のスカイマークを、ANAHDとインテグラルが共同支援する。5年以内の再上場を目指す。

[ITmedia]
スカイマークにANAが支援の手 スカイマークにANAが支援の手

 ANAホールディングスおよび投資ファンドのインテグラルは4月22日、民事再生手続き中のスカイマークを共同で支援すると発表した。同日に3社で基本合意書を締結した。5年以内にスカイマークの再上場を目指す。

 スカイマークの再生計画案では、同社の株式の価値をゼロにする100%減資を規定する。再生計画案の認可決定後に第三者割当増資を行い、インテグラルおよびANAHDなどがこれを引き受けて出資し新たな株主となる計画だ。出資総額は180億円で、出資比率および議決権比率はインテグラルが50.1%、ANAHDが最大19.9%を予定する。残りの出資については、再生計画案提出までに両社で協議して決定する。

 スカイマークの取締役は6人で、会長を含む3人をインテグラル、社長をANAHDが指名する。残りの2人はほかの出資者とともに協議する。

 再生計画案は5月29日に東京地裁に提出予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ